FC2ブログ
   
12
:
9
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

旦那君が出してきた条件。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




私は今

どうしても買いたい物がある。

年齢を重ねるに連れ
物欲と言う物が衰退し

パリに来てからは

何も欲しく無い〜
物が増えるのがむしろ嫌だ〜

な性格になったのに

久しぶりに物を欲している。
激しく欲している。

その私の心をうずかせているのがこれ。

電子ピアノ〜
piano1.jpeg 

自分の為ではなく

息子くんの為のものなんですけどね。



自分の子供には
絶対にピアノを習わせたいと思っていた私。

ラッキーな事に

息子のシッターさんが
パリの音大に通う方と言う事で

2才の時から

リズムとか音符とか
そういった勉強はさせてもらっていたけれど

いよいよ4才。

そろそろ本格的に
ピアノの”演奏”と言うものを習い始めても
良いのでは〜

なんて思い

それならばまずは
ピアノを買わなくちゃね。

となったわけなんでございます。



音符すら読めるのか謎の旦那と
ピアノを数年で挫折した嫁。

こんな2人の息子なので

ピアニストになって欲しいだ
音楽プロデューサーになって欲しいだ

そんな無謀なプレッシャーは
息子にはこれっぽっちもかける気はない。

絶対音感なんて私にすら意味不明なので
ある程度音階がわかるようになればそれでOK。

何よりもピアノって

指先を動かすのがとても良く

さらには左右違った風に指先を動かすので
脳のトレーニングにもなる聞いたので

そんな意味でもぜひ

習って欲しいと思っているのです。



そんな思いを
出張中の旦那くんにぶつけ

やっぱり日本製かな?

シッターのお嬢さんはヤマハを勧めていたよ!
ローランドも捨てがたいよね。

でもフランスでは
けっこうドイツのメーカーも主流だね。

なーんて
一人盛り上がって

色々なピアノのリンクをつけて
メールをした所

旦那君から冷静にこんな返事がきた。

”ピアノの件は了解。

僕は音楽にはうといので

愛が色々とリサーチして
1番良いと思ったピアノを買っていいよ。

ただ1つだけ
どうしても譲れない条件がある。

それは

もし息子にピアノをやらせてみて

彼がどうしてもピアノを好きになれず
自分の意思で、本気で止めたいと言って来た時は

必ず彼の意見を尊重してあげて欲しい。

そして、そうなった場合

少しでも未練が残らないように
僕はピアノは直ぐに売ってしまうと思う。

その時は何も言わないと
約束して欲しい。”

と。


親として子供に可能性を与える事は
何でもしてあげたいけれど

それが好きかどうかは
子供本人が1番わかっているし

続けたいかどうかは子供が決める事だと言うのは

私と旦那君がいつも言っている事なので
この意見にはもちろん賛成。

今習わせている
英語、柔道、水泳
全て息子がやめたいと言って来たら

すぐに受け入れてあげる覚悟はある。

まあ、それによって
忍耐力が培われなくなる!

なんて言う考えもあるとは思うけれど

他にも忍耐力をつける方法は
いくらでもありますからね。

でもって
こんな風に育ててきているけれど

かなり忍耐力がある男に育っているから
自分達がやってきた方法は間違いなかったなと

けっこう自負してたりするけどね。

ただ
”ピアノはすぐ売る”
って言うのには

ちょっとハッとさせられたわ。

だってきっと私

息子がピアノをやめる!ってなった時も

せっかく買ったんだし
少し置いておこうよ〜と

絶対に言ってしまうもの。

でもきっと

ピアノを持ち続ける事は
常に目に入る事になるわけで

それを見るたびに
息子は息子で、ちょっと申し訳なく思ったり

私は私で
もったいないな〜なんて思ってしまったり

マイナスな事になる可能性の方が高いんですよね。

なので
旦那くんはそう言う条件を買う前に言ってきたんだわ。

私の事がよくおわかりで。



もちのろんで

旦那くんの条件に200%賛成で
ピアノを買うことを決意した私。

でも、もしかすると
始めて3ヶ月で

音符の読むの面倒臭い〜
もうみたくもない〜

なんて言われるかもしれない。

いやいや、もしかするともしかして

私が挫折したショパンの別れの曲とかも
軽くクリアして

英雄ボロネーズとかも格好よく弾いちゃうかも。

さらには電子ピアノじゃ物足りないから
グランドピアノが欲しいとか言われて

それならば!と
持ちアパートの一つを防音の部屋に改造して
ピアノ部屋にしちゃうかも。

なんて

幅広い妄想が頭の中でもんもんと広がり

そうなるともう

いったいどのレベルの電子ピアノを買ったら良いのか
さっぱりわかりません。



私としてはやっぱり
日本製のピアノにしたいけれど

フランスで買うと
日本よりもかなり高いから

なんだかちょっと悔しいな〜なんて
妙な日本人プライドも出て来てしまったりして。

フランスではドイツ製の電子ピアノが
けっこう人気だけれども

どうなんだろう〜。

誰かドイツ製の電子ピアノに詳しい方
いないかしら。



こうして今日も音楽にうとい母さんは

ネットとにらめっこをしながら
ひたすら電子ピアノのチェックをしているのです。

理系女の母さんは
数学の参考書とからなら簡単に選べるんですけどね。

完全にアウェーだーーーーっ

がーーーーっ!



思わず発狂したくなっている私に
今日の応援クリックをお願い致します。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR