06
:
24
25
26
27
28
29
30
   

臨時更新。シャンゼリゼの銃撃戦について。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





2時間ほど前に

”喜びの春”

なんてタイトルで
ブログを更新したけれど

あまりにも今日と言う日に
似つかわしく無いと思い、一旦保留に。

そして慌ててこの記事を書いております。



なぜなら数分前

さて、寝るか〜と
ベッドに横たわり

日課ともなっている
Yahoo japan ニュースをチェックしていたら

”パリのシャンゼリゼで銃撃戦。
警官が1人死亡”

なんて言う記事が目に飛び込んできまして

そこには物々しい感じで
警察がシャンゼリぜを封鎖している写真が載っていたのです。

champeslysee.jpg 
Le parisienよりお借りしました。

シャンゼリゼ通りと言えば
我が家からも徒歩10分程で

息子の保育園の送り迎えのために
最低でも日に2往復。4回は通る場所。

今朝も息子を送り届け

帰りは小児科医に連れて言ったため
21時ちょっと前に
ここを突っ切った私達。

どうやらその直後に
この事件はおきたんですね。



3日後に
大統領選挙の最初の投票があるため

これに関しては

そのためのストラテジーなんではないかなんて
色々と憶測が飛び交っているみたいです。

まあ、実際は
テロが濃厚なようですが

でも
こんな風に大統領選の直前に騒動を起こすと

アンチテロ!な候補者が当選しやすくなるから
彼らにとっては良くないのでは?

なんて思ったりもします。



警察官が一人亡くなり
2人が負傷したこの事件。

とっても悍ましい事件ではあるけれど

でも、私としては

あれだけたくさんの人がいるシャンゼリゼ通りで
被害がそれだけだったのがむしろビックリ。

しかも
容疑者はその場で射殺されたみたいで

この国の警察は本当に強く
命を張って国民を守ってくれているんだな。

なんて痛感致しました。

同じ事が日本で起きたら
きっとこんな風な対応は出来ないと思います。



日本では

かなり物々しい雰囲気で
ニュースが伝わっているみたいだけれども

パリ在の私から言わせると

このブログでも何度も書いている通り

シャンゼリゼ閉鎖なんて
しょっちゅうある事だし

普段からこの近辺はエリゼ宮があるせいか
警察官はうじゃうじゃしております。

なので
日本の報道だけで

”パリは大変だ!とんでも無い状況だ!
閉鎖だ、警官だ、わーわーわーっ”

なんて思わないで頂けると嬉しいです。

日本の皆様にとっては
GWの直前に飛び込んできたこのニュース

このブログの読者様の中には
パリにいらっしゃる予定の方もいるでしょうし

実はこのGWには

私の1番の親友が
旦那さんと2歳の息子を連れてやってくる予定でして

そんな方達が少しでも安心出来る様に
タイムリーにパリの状況をお伝えできればと思っております。

明日もシャンゼリゼをつっきる予定なので
どの様な状況か報告致しますね。



と言う内容の
臨時更新ブログではありますが

皆様から応援のクリックを頂けると
大変嬉しいです。
日々の生活の励みになっております。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

見かけと人。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




さてさて

前回の続き、なのですが

朝っぱらから
酔っ払いの浮浪者に遭遇した時のお話を1つ。


それは

アヴェニューモンテーニュと言うブランド街の一画で
バスを待っていた時のお話。

plaza.jpg

この辺りは治安が良く
ホームレスはほとんどいないのだけれども

前回のブログでちょいと説明した通り

”理性失っている”系の浮浪者は
どこにでも突如現れたりする。

なんせ彼らは、自由人。

自分の縄張りと言うか
座ってお金をお願いしたりする場所が無く

アルコールやタバコを求め
ふらふらしている人が多いのです。

どこで出会うかなんて
さっぱりわからないのですね。

bonmarchepres.jpg

先日もボンマルシェの前で

行き交うマダムの前に立ちはだかっては
罵声を浴びせ続ける浮浪者に会いまして

その時は一緒にいた友人と
大人しく迂回したけれど

この日はバスを待っている状態で
しかも私は息子と2人。

そんな時に道の先の方から

右にふらふら、左にふらふら
手にはよくわからない物を持ち
何やらぶつぶつ言いながら

バス停に向かって来た人がいたのです。

逃げたら怒りを買って
すごい勢いで迫ってきそうだし

でも
近づいて来たら怖いしどうしよう。と

とにかく冷静に

彼の進行方向を邪魔しない位置に移動して
動向を見守っていた私。

私の他にも数人
バスを待っている人がいたけれど

とりあえず皆
私と同じ感じで現状維持です。



その浮浪者はどんどんと近づいて来て
バス停の近くのゴミ箱の前に立ち止まったと思ったら

中の物色を開始。

そして
ウイスキーの瓶を発見した模様です。

でもどうやら
それが空っぽだったのが気に食わなかったらしく

突然、その瓶を
バス停の前の道路に投げつけた。



rue.jpg

ええ
私たちの目の前です。

もちのろんで
大きな音を立てて割れるウイスキーの瓶。

しかも1本では無く

そこにある瓶やボトルを
次々に道路に投げ出した彼。

もう、その暴走
誰にも止められません。



数メートル先にいる
怒り狂った酔っ払いの浮浪者。

ああ!いったいどうしよう!怖いよー!と
内心ドギマギしている私の心配をよそに

”C'est pas bien!  Monsieur!"
(いけませんよ!ムッシュ!)

と言い放った息子。



なっ なんと!

火に油!!!



これはやばいぞ。どうしよう。
さすがに挙動不審になる私。

そんな時

身なりの整った40代は半ばの
素敵なムッシュがやってきて

"他の車が通ってガラスの破片が飛ぶかもしれないから
子供たちを反対に向けてこちらで待機して"



私と
もう1組の親子を誘導。

さらに
酔っ払いの浮浪者が去るのを
一緒に待ってくれ

その後はすぐに

”マダム、私のカバンを見ていて下さい。

あちらにいるガードマンの人に
すぐに清掃の人を呼ぶように言ってきますから”

と、ちゃっちゃとスマートすぎる対応。

そして

バスに乗るまで
一緒にいて下さいました。

私にとって彼は
完全にこの日のヒーローです。



人は見た目で判断できないとは言うけれど

さすがにこの日は
”やっぱり見た目も大事だわ”と思った私。

そういえばアメリカのヒーロー系も
実は超お金持ちできちんとした身なりの人が多いもの。

うんうん。

って

極端か。

でも、もう
見た目からして

対照的な2人、だったんですもの。



さすがにこんな事件は
パリにいてもなかなか起きないけれど

いつどこで
何が起きるかわからないこの現在

今回はこのムッシュがいたのは
たまたま運が良かっただけで

母として

一人でもちゃんと対応できるよう
もっと強くならないといけないな、と

拳をぎゅっと握りしめた

私だったのでした。

こんな街で
今日も頑張って母ちゃんやってる私に

応援のクリックお願い致します。

ぽちぽちしていただくと
ランキングにポイントが入る仕組みです。

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン


theme : フランスの生活
genre : 海外情報

ホームレスとパリジャン。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





パリに来た事がある方は
ご存知だと思いますが

パリの街には
浮浪者がたくさんおります。

paris217.jpg

パリに住み始めた当初は
なんとなく怖くって

正直ドキドキしながら
近くを通ったりしたけれど

そんなんではパリでは生きて行けないと悟った今
気にしない様になりました。

なんせパリの浮浪者は1万人以上。

日本は全国でも6500人位と言うから
その密集度がわかっていただけるかと。

出かけると見かけない日はないのです。

治安が良かろうが悪かろうが
ブランド街だろうがスラム街だろうが
観光地だろうが住宅街だろうが

多さやタイプは違うにせよ
どこにでもいるのです。

P1010417.jpg

そんな浮浪者の中でも
様々な方達がおりまして

かなりの率で多いのが
犯罪集団”ロマ人”の浮浪者もどき。

お金を稼ぐために

ハンディキャンプを持っていたり
小さな子供がいたりする人を使っているパターン。

女性の率がかなり高いです。

自国ルーマニアでは
豪邸に住んでいたりする人もいるらしく

パリへ出稼ぎのために来て
浮浪者している人達なのですね。

彼らは観光地や人が集まる所に多いです。

 opera1.jpg

そして次に多いのは
失業者パターン。

オフィス街や地下鉄などにいる事が多い彼らは
移民が中心。

夢を持ってパリに来てみたものの
実際には仕事が無く

食べる事が出来ず
浮浪者でなんとか生活をしている人達。

座ってるだけの人もいれば
歌っている人もいる

地下鉄では楽器を演奏したり
パフォーマンスをしたりする人もいる。

カフェなんかに座っていると
突然やってきてお金をくださいと言ってきたり

とにかく色々なパターンがある。

でも

そんな感じで

犯罪に走る事よりも
浮浪者として生きる事を選んでいる彼らは

けっこう優しい方達が多く

いつもだいたい同じ場所に座っているせいか

毎日顔を合わせるパリジャンたちと
普通に話をしたりしております。

時には楽しそうに談笑してたり
まるで仲良しの親友の様に見えたりもして。

浮浪者に見え無い方も多いです。

初めてこの光景を見た時は
正直びっくりした私。

日本で浮浪者の方と一般の人が仲良く話している姿を
今まで見た事が無かったので

違和感すら感じたのかも。


でも、パリではこれ、案外、普通の事。

相手がホームレスであろうとも

話しかけられると
パリジャン達はちゃんと会話をするのです。

Tour_Saint-Jacques.jpg

うちのダーさんに
その話をちょこっとしてみたら

そのリアクション

”彼らは浮浪者でも
彼らなりの仕事をしてるんだよ。

人にお金を頼むのも
ちゃんとした彼らの仕事の1つ。

なので、話すのは当たり前でしょ?”

と。

ましてやきちんと話しかけてきてくれている人を
ないがしろにする方がおかしい。

お金をあげるあげないは別にして
きちんと話しかけられたら話を返すのがマナーだと。

確かにこれ
とってもフランス人な考え。

見た目による差別的な事はしないけど

相手の態度によって
とことん対応をかえる国民なのよね。



ほら、よく
パリに旅行した方で

”パリジャンが冷たかった”

なんて言う人がいるけれど

浮浪者にも
きちんと対応するパリジャン達なのに

旅行者に冷たいなんて
ありえない話なのですよ。

たいていそういう場合は
なんらかの”フランスルール”をやぶっていて

相手の方の気分を害してしまっている可能性大。

きちんとお店に入ったら
”ボンジュール”や”これ見てもいいですか?”
等の言葉を言わないとか

サービスされるのが当たり前と思っていて
”メルシー”を言わないとか

担当のサーバーじゃない人を呼び止めて
オーダーしようとしたり

道を聞くにも挨拶なしで
突然聞いてくるとか

etc etc

必ずや理由があるんですよね。

そう、フランス人達

とにかく、挨拶やマナー等にうるさいのですよ。

でも

それをしっかり守りさえすれば
とっても優しい国民なのです。

面倒でしょ〜?
でも、わかりやすいでしょ〜?

pariscafe3.jpg

と、話はずれてしまったけれど

さてさて

そんな浮浪者の中でも
やっぱり要注意の人がいるのも確か。

それはね

断然

”お酒や薬で理性を失っている人”

彼らは本当に危険です。
近づいてはいけません。

そんな人はだいたい
見た目は完全に浮浪者だけれども
けっこう身軽で

ふらふらと彷徨っている事が多いです。

理性がないので突然奇声を発したり
誰かを脅かしたり罵倒したり

そんな事があります。

さすがにこのレベルのホームレスになると
繁華街や治安の悪い場所での出没頻度が高いけれど

先日



出会ってしまったんですね。私。
しかも息子と一緒の時に。

場所はブランド街の
アヴェニューモンテーニュ。

まさかと思っていた場所なので
すっかり気を抜いていた私。

さあ!どうする愛ママよ!

その時の話は、またあらためて〜。


さすがにパリに長く住んでいると

ロマの犯罪集団は
見分けがついてくるけれど

突然あらわれる
理性の無い浮浪者の対応は無理ーっ



この街で暮らすには
まだまだ苦労が絶えない私に

今日も応援クリックを頂けると
大変嬉しいです。

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン


theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR