08
:
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

8月10日(日)午前5時32分

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらのボタンを2つ
クリックして下さると嬉しいです。

押すだけでランキングにポイントが入る仕組みです
ぜひぜひお願い致します。



(前回の続きデス)

緊急帝王切開になった私の出産。

30分位でオペは終ると言われてたのに
かなりの延長戦に突入してまして

不安だらけの私とダーリン

何が起きてるのか
聞いても誰も答えてくれず

ダーリンも
ただただ”大丈夫、心配しないで”と
私を励ますのみ。

でも

”心配しないで”
とか言いながら

明らかにものすごい心配そうな顔してるのを
私は見過ごさなかったよー。



そんな感じで
時が過ぎるのをひたすら待っていた愛さん。

途中から
激しい頭痛と吐き気に襲われ

麻酔科の先生にタスケテ〜と訴えてみたら
点滴にお薬を投入。

すーっと体調が改善するとともに
なんとなく意識もぼ〜っと。

そこからどれだけの時間がたったのか
自分では良くわからなかったけど

突然

お腹の方から元気な赤ちゃんの産声が。

2014年8月10日(日)
午前5時32分

我が家の宝物。

プチシェリ君が誕生です。



産まれた直後は

先生がべべちゃんを
私の顔元に近づけてくれたので

朦朧とした意識の中で
彼の頬にキスをして

”私達の元に産まれて来てくれてありがとう”



感激の涙を流しながら
何度も何度も言いました。

でもすぐに
べべちゃんは他の部屋に連れて行かれてしまい
それについて行ったダーリン

私はそのまま手術室で縫合等の処置をされ
用意された部屋で1人で休む事に。

べべはどうなってるのか?
ダーリンは何してるのか?

さっぱりわからないまま
不安な状態でひとりぼっち。

時たま現れる看護婦や助産婦さん達に
べべは?主人は?

と聞いてみるも

”大丈夫” ”処置が終ったらここに来るよ”

しか言ってもらえず
不安マックス。

こんな時に放置プレイは
笑うに笑えません。



そんな感じで1〜2時間が過ぎた時
やっとこダーリンが登場。

心配そうな私の表情をさっして一言

”べべは元気だよ”

と。

そして
携帯で撮った写真を見せてくれました。



実は

後から聞いた話なのですが

帝王切開に切り替えた理由は
べべちゃんが弱ってきていて

これは何かおかしいぞっと
先生がとっさに判断したからだそう。

そして

実際にお腹をあけてみましたら

へその緒がお腹から足にかけてからまっていて

なので

どんだけ陣痛が起きてても
下りるに下りれない状況だったみたい。

ダーリンは
先生から説明を受けてたみたいだけど

私を不安にさせまいと

ただ”大丈夫だよ”と
励まし続けてくれまして

でも

本当は恐くて恐くて仕方がなかったと
後から何度も言っておりました。



べべちゃんは?と言いますと

そんな状況下で産まれたので

すぐに小児科医の先生の元に連れてゆかれ
異常が無いかをチェック

その後は
様子を見る為に特別室で寝かされ

パパであるダーリンが
その姿を見守っていたそうな。



うちのプチシェリ君

へその緒からの栄養が
十分に行かない状態が続いたにもかかわらず

元気に産まれてくれたのは

お腹の中にいる時から
かなりビッグ&元気なべべちゃんで

普通のべべよりも体力があったのが良かったらしい。

こんな難産で産まれても

体重は3700g
身長は53cm。

病院にいたべべの中で
1番のビッグベィビィちゃん。

小児科医の先生も
これなら大丈夫とおっしゃってくれまして

出産して数時間後の午前10時には
私の元へやってきましたよ

P1180976.jpg

出産後直後は許されなかった抱っこ。

ここぞとばかりに
満喫デス
P1180968.jpg

べべちゃんとの対面を果たし
一緒の時間をじゅーにぶんに味わい

すべての不安が消えて落ちついた愛さん。

そーいやこの2〜3日
陣痛でろくなもの食べてなかったし

病院に来てからは
水分すら取るのを禁止されてたから

とーにーかーく

ハラヘリヘリハラ。
お腹がすいた。

そんでもって
脱水状態に近い位の喉の乾きっぷり。

そんな私の元にやってきた
12時のランチは

え?



何、コレ?

IMG_1828.jpg

ほぼ、湯?な感じのうっすーいスープと
ヨーグルトのみ。

もちろん、まだ
水を飲むのは禁止です。



そう

帝王切開と言うものは

産んだ後がかなりつらいよ〜って事実を
この日から身を以て知る事になったのデス



そんな私の目の前で

ルームサービスの美味しそうな料理を
むしゃむしゃ食べるダーリン君。

IMG_1831.jpg

しかも
ペットボトルの水を2本もキープ!

うらやましっ

でも

何をされてもこの日は
人生でMAXハッピーな日だから

笑顔で許すわ


自然分娩で行けるかも!
とドクターに言われ

色々頑張ってみたものの

結局

激しい陣痛を味わい
無痛分娩の有り難みを知り

さらには陣痛促進剤を使ったり
ついには帝王切開にと

思いがけず
出産のフルコースを味わってしまった私。

でも

何よりも

うちのプチシェリ君が
私達の元に無事に産まれて来てくれて

もうそれだけで
出産方法なんてどうでも良くなる位

とってもハッピーな私なのです。

IMG_1829.jpg

皆様

私の長編出産日記におつきあい下さいまして
ありがとうございました。

”ママ”ダム愛

これからもパリで頑張りますので
応援をよろしくお願い致します。

下のボタンをポチポチと2つ
クリックして下さると
大変大変嬉しいです


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック



食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR