08
:
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

王妃の最期。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとクリックして下さると
大変大変大変嬉しいデス

お手数かと思いますが
よろしくお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入ります


今日はまた
出産前に書き溜めてたブログの1つを。



今年の夏は
べべちゃん事情でバカンスに行けないので

せっかくならパリを楽しむか。

となった私達。

住んでいるからいつでも行けると思い込み
結局行かずにいた観光名所へ

時間があれば、お散歩Go Go

先日向かったその1つがコチラ

じゃじゃんっ
IMG_1747.jpg

セーヌ川の前にそびえたつとんがり屋根の建物。

中世の城?
とも思えるこちらは

現在”元・牢獄”として
観光地になっている”コンシェルジュリー”

元々は14世紀始めに王宮として建てられたけど
フランス革命時には牢獄として利用され

述べ4000人もの囚人が収容されたと言う

そんな悲しい歴史のある建物。

中に入ると
がらーんとしたサロンがありまして
Salle_des_gens_darmes_conciergerie.jpg
wikipediaより

ここを抜けて行きますと
当時の牢獄が再現されております



いくら牢獄であろうとも
その部屋は”お金持ち度”で分けられていて

どんだけ払えるかによって

わらの部屋から個室まで
ランクがあったそうな。

P1180920.jpg

さてさて

この牢獄

パリの観光名所として
ここまで有名になったのは

何と言っても

彼女っ
marie.jpg

ベルバラ世代のヒロイン

マリーアントワネット

彼女が最後に収容され
ここからギロチン台に送られた牢獄

だからなんです

その時の絵や
彼女が使っていた備品も展示され
P1180930.jpg

当時の牢獄の様子も再現
P1180932.jpg

彼女は
何度も脱走を企てたとかなんとかで

常に監視の目が光っていたんだとか。
P1180933.jpg

ちょっと前まで
こんなダンス会場があるお家

versaille.jpg

スナハチ

ベルサイユ宮殿

に住んでいたのに

急にこんな牢獄で生きる事になって
さぞかし辛かったろうに、と

冷静に思ってしまう
そんな空間だけど

それでも彼女の独房は
他の囚人に比べたらかなり豪華なもので

中庭の散歩なんかも許されていたらしい。
P1180929.jpg

でもこの中庭から馬車、、、と言うか

肥桶の荷車にのって
コンコルド広場のギロチン台に向かったと言うから

それはそれで
複雑な場所でもあるよね。

P1180926.jpg

このマリーアントワネット

色々と悪いイメージが先行してしまい
処刑台送りとなってしまったけど

実はその大半が
でっちあげの話であり

例えば
”パンが無いならお菓子を食べればいい”
と言った発言も

彼女ではなかったと言うのは
今ではちゃんと証明されていて

彼女自身はとても気高い王妃であり
出来た女性であったと

そんなことがわかったのは
処刑から30年後。

P1180921.jpg

旦那であったルイ16世だって

愛人はべらせる事なく
最後の最後までアントワネットの身を案じてたと言う

実はとても愛妻家の
素敵な旦那様だったとも言われてて

決して彼ら夫婦が
派手に遊んだからフランス財政が崩壊したワケでは無く

それ以外の要因が
とにかく酷かったのが理由ともされてるので

ある意味彼らは
革命の被害者だったのかも

ね。

なんて

フランスの歴史を
色々と考えてしまったりなんかして。

P1180931.jpg

ちなみに生前最期の彼女の言葉は

処刑台に上がった時に
足を踏んでしまった死刑執行人に対して

”ごめんなさいね。わざとではありませんのよ。
でも靴が汚れなくて良かったわ”

だったそうな。

うーん

こんな台詞

本当に性格の悪い性悪女

しかも牢獄に入れられて
ずっと過ごしてた人から出る言葉とは
到底思えません。

とっても彼女の性格が出ている
最期の言葉だと思いますが

どーかな?

私ならむしろ
わざと踏んづけてやりたいくらいだわ。

お育ちの違いだわね。

おほほほほ。

P1180928.jpg

それほど見る物がたくさんあるわけではないし
フランスの”陰”な感じの場所ではあるけれど

マリーアントワネットと
フランス革命に興味がある人は

訪れる価値はあるのではないでしょーか。


皆様お手数ですが
お帰りの前に下のボタンをポチポチクリック
お願い致します

押すだけでランキングに点数が入ります!


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

07/07/2014

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック



食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン


関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR