FC2ブログ
   
10
:
28
29
30
31
   

ママ友とカフェを。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



先日

他の学校に転校してしまった
息子のお友達のママさんから

”息子くん、明日ランチに来ない〜?”と
お誘いいただきまして

もちのろんで!と
連れて行きましたよ。



彼らは引っ越したわけではないのだけれど

もともと
その子のお兄さんとお姉さんが
違う小学校に通っていたので

小学校入学となる今年
そちらの学校に転校したのです。

そちらの学校は
小学校から高校まである私立なのですが
幼稚園が無いため

こうして
小学校で移動すると言うのが
彼らファミリーのいつものパターンらしい。

parisparis6.jpeg 

なぜわざわざ高校まであるうちの学校を
あえて小学校で変更させるかと言いますと

実はこちらのママさんが
その学校出身なのですよ。

なので
彼女にとっては
幼稚園はどうでもよく

小学校からは絶対にここ!と
こだわりがあったのですね。



歩いて10分程の所に住んでいるので
会おうと思えばいつでも会えるけれど

でも
違う学校に通うとなると

あえてそう言う場を儲けようと
親としてはちょっとした努力をしないと
あっという間に消滅してしまう

ちびっこ同士の関係。

なのでこうして
ランチに誘ってくれて

本当に感激だったわ。



15時にお迎えに行ったとき

せっかくだからと
ママさん同士

2人でバルコニーで
カフェタイム。



彼女には

息子の同級生の他に
上に2人、下に1人
合計4人の子供がおりまして

また1番下の子が小さい事もあり

現在は完全に専業主婦。

と言っても

9才〜1才の子供4人ですよ。

専業主婦と言っても
毎日肉体労働の大仕事なのは間違いない。



ロックダウンの間は
ずっとノルマンディーにある別荘で過ごしていた彼ら。

5月11日にロックダウンが解除された日
旦那さんは一人でパリに戻ったけれど

彼女は子供4人とそのまま別荘に残る事に。
 

まあね
子供4人

いくらロックダウンが解除されたからって

学校も無い状態で
パリのアパートに詰め込むのは

そりゃー、無理な話よね。

でも
だからと言って

旦那さんの助けなしに
4人の子供の世話。

これまた激しく大変そうー!



なんて思い
そんな事を伝えてみたら

私はまだラッキーよ。

田舎の家にいることが出来たし
子供同士が遊んでくれたりする時間もあったからね。

愛はパリにいて
一人息子の相手をしないとならないから

ある意味もっと大変だったと思うわ。



さらりと大人な返事。

そう

彼女はいつもこう言う感じで

自分の事を主張しすぎず
相手を常に立ててくれる。

そして何より、強い。

でも
そんな彼女もちらりと弱音。

それは
久しぶりにパリに戻ってきたら

今の狭いアパートでの生活が
嫌になっちゃったんだって。

parisparis2.jpeg 

もともと彼女は
パリの7区生まれ7区育ちのお嬢。

このエリアしか知らずに育ち
ここにいるのが当たり前と思っていたので

セカンドハウスはセカンドハウス
生活はパリ。

と言うのに
疑いが無かったのだけれど

今回のロックダウンで
あまりにも田舎の家がここちよく
その当たり前に疑問を持ち始めたんだとか。

なので実は今
引っ越しを考え始めてるのよね〜。

と。

って

やはり出たー!
出た出た出たー!

今回のロックダウンで
こう言う風な価値観になるパリジャンが
ものすごい増えるとは聞いていたけれど

こんな身近に
まず第一号候補者が出たー!



でもね
彼女のアパートね

4LDKあるんですよ!
150平米くらいあるんですよ。
しかも広いバルコニーまであるんですよ。

確かに4LDKだと寝室が4つなので
子供1人1人に1部屋は難しいけれど

8才と6才の男の子なんて
同じ部屋でも大丈夫でしょ!?

なんて贅沢なーっ!



思わず言ってしまった私。

それに対して

うーん、私ってほら
ズボラなのよね。

なので
部屋とかすぐに散らかっちゃうの。

そして
アパートだとそれがどうしても目に入るから
落ち着けないのよ。

でもね
田舎の大きな家だとね開放感があって
散らかっていても気にならないから

私が楽なのよ〜。

あと
うちの子供たち、落ち着きがないでしょ。

なので常に我が家は
子供たちの大声が溢れているの。

でも田舎だと
サッカーボール渡して
お庭に出せば

あっという間に家の中に
静かな空間が確保出来るのよ。

やはり田舎の広い家では
パリでは絶対に得られないリラックスした空間を
得ることが出来るのよ。

とウインク。

おおおっ
なるほどね〜。

そして
決して嫌味の無い彼女の表現方法に
ちょっとうっとり〜。

私もこうやってサラリと言葉を返せる
余裕のある女性になりたいもんだわ。

parisparis3.jpeg 

生まれも育ちもパリの彼女ですら
そんな風に価値観が変わるきっかけとなった

今回のロックダウン生活。

そして

話を聞いているとそれも一理あるなと
妙に納得した自分がいたわ。



でも、旦那さん
パリで会社経営してるんだよね。

そこんとこ
どうするんだろう。

まあ、ご主人は財閥出身の方なので
私の心配には及ばないですけどね。

余計なお世話ってやつですな。



いや、しかし
ロックダウン後、始めてお茶したママ友から
こんな発言が飛び出して

今回のこの半年間は
本当にパリジャン達の価値観を変えてしまったんだなと
再認識。

我が家はそこまで
変わってないですけどね。

これがロックダウン中
パリに残った組と田舎に疎開組の差、なのかな。

なんて
改めて思った私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

2ランクダウンしたランキング。
復活の為のお力をお貸し下さい!

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

翔泳社さんより
電子書籍が発売中!

関連記事
スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


電子書籍が
Amazonや楽天などで
好評発売中
こちらをクリック

著者:マダム愛
出版元:翔泳社
販売価格:495円

インスタ開始しました。


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR