FC2ブログ
   
07
:
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

正直な理由。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




グランゼコール出身で
エンジニアだった義妹が

突然
”私は幼稚園の先生になる!”

と宣言したのが
2016年の事。

その後
2017年、2018年
大学に通い

しかも
2018年の8月に
次男が生まれてからは

その子を連れて
大学に通学。

そして晴れて
2019年の9月から

幼稚園の先生となりました。



彼女の決断を
最初に聞いた時は

本当に驚いたけれど

完璧主義者の彼女は
教育者としても完璧なんだろうな

なんて思うと

保護者目線で
なんだか頼もしいのです。

 

そんなんで
9月から

4才の長男と1才の次男を
保育ママに預けて

仕事をしている彼女。

ライフスタイルが
一気に変わったのは言うまでもありませんが

そんな忙しい状況にもかかわらず
先日家に遊びに言ったら

以前よりも家が
綺麗さっぱり片付けられていて

関心!

image2_20190812165346600.jpeg  
これは7月に撮った写真。

と思ったら

義妹がこんな事を言った。

”綺麗でしょ!

実は先月から
掃除の人を頼んでいるのよ”

と。



これはフランスでは
全然珍しい事ではなく

我が家も週に1回
プロの人に頼んでいる。

共働きの友人達も

掃除どころか
洗濯、アイロン、食事の用意まで頼んでいる人が
少なくない。

なので
別に驚きもしなかったし

むしろ今まで頼んでなかったのは
ある意味偉いな、と思った程。

なので

”お互い仕事が忙しくて
家の事まで構ってられないよね。

私もまわりの共働きカップルも
みんな頼んでるよ。

人の手が必要な時って
あるよね〜”

なんて言ったら

”あ、違うの、違うの。

私達2人とも
掃除とか片付けが嫌いなの。

やりたくないの。

ただ、それだけ!

だから
得意なプロに頼んだ。

それだけよ〜。”

はっは。

ですって。



なんだか
彼女の言葉を聞いて

いろいろとハッとした私。

多分、この感覚こそが
”最近のフランス人”
なんだろうな〜、と。

我が家の場合

掃除を頼んではいるけれど

やっぱり
専業主婦の家で育った私は
ちょっとね、罪悪感もあり

色々と忙しいし
ワンオペでそんな時間ないし。

なんて

それっぽい理由と言うか

言い訳を考えて
自分を納得させていたけれど

でも多分

まわりのフランス人達は
義妹の言ったこの発言

”嫌いだから・苦手だから”

と言う感覚で頼んでるんだろうな。

でもって

子供の教育の仕方がわからないから
学校に入れるのと同等の感覚で

苦手な事は
プロに任せてしまおう。

って思いが
あるんでしょうね。



私のまわりの人たちで
”嫌いだから、苦手だから”
と言う

直球の言葉を使う人はいなかったけれど

きっと彼らも
同じ感覚に違いない。

むしろ
”それくらい忙しいのね”

なんて思ってしまう私こそが
この国では古典的な考え方なのかもしれないわ。



変に気取ってなく
思ったことをはっきりと言う義妹。

実は私の10才近く
年下なのだけれど

彼女からは
現代の働くフランス女性について学ぶことが多いなと


そんな風に思った私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

関連記事
スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


電子書籍が
Amazonや楽天などで
好評発売中
こちらをクリック

著者:マダム愛
出版元:翔泳社
販売価格:495円

インスタ開始しました。


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR