FC2ブログ
   
01
:
28
29
30
31
   

こちらも是非な、観光名所。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




今回のブルゴーニュ旅行。

一緒に行ったT君は
何気に初ブルゴーニュと言う事で

それなりに観光もしましょうと
向かった先が

Patriarche Pere & Fils
(HPはこちら

image_5_20200108010550bb4.jpg 

こちらのワインは
日本でも簡単に手に入るくらい

超がつくほど有名なのですが

ブルゴーニュに行ったからこそ
楽しめるのが

こちらのCAVE!

image_3_202001080105539d2.jpg 

こちら
ボーヌの街の中にあるにもかかわらず

最大のCAVEがある事で有名で

なんとその大きさ
全長で5kmもあるのです〜。

image_2_2020010801055538a.jpg 

あまりにも巨大すぎて
案内掲示板がないと間違いなく迷います。

それくらい巨大なんですよ。

image_20200108010558654.jpg  

でもって

そんなCAVEがそのまま
観光名所になっておりまして

入場料(18ユーロ)を払うと
見学出来てしまうのです。



もちろん
そこに置いてあるワインは全て本物で

出荷を待っているものも多々。

そんな中
こんな場所もありまして

image_4_202001080105525e1.jpg 

こちらに置かれているワインは
1994年のものなのですが

これをまずは2020年に(今年!)に開け
次は2050年に
そして2094年に



開ける日が決められているのです。



1994年に生まれたものが
100年の時を待って眠っているなんて

なんともロマンチックではないか!

ワインのオーロラ姫〜



飲兵衛視線で
うっとり〜

image_1_20200108010556870.jpg 

そんな巨大CAVEを散歩した後は
もちのろんでありますとも!

ワインの試飲。

image_6_20200108010549887.jpg  

入場するときに
この様な伝統的な試飲グラスを頂き

ソムリエの待っている
タルのテーブルで試飲をするのです。

image_8_20200108010546798.jpg 

は、嘘です。

これはうちの息子です。

ソムリエ気分で
待っている

飲兵衛の血を間違いなくついでいるであろう
我が家のチビです。

実際はただ単に
テーブルには開いたワインが置いてあって

自由に試飲が出来るようになっております。

image_7_202001080105475c1.jpg 

でも
我が家の場合は

プチソムリエが
全部サーブしてくれましたよ。

image_9_2020010801054480e.jpg 

これぞワインの英才教育?
だわね。



こんな感じで
CAVEの中では10種類くらいのワインが飲み放題!

ではなくて

試飲し放題!

だし

この試飲カップは
お土産にもらえるので

18ユーロの入場料は
全然お高くなく

むしろお安いくらいだと思います。



ボーヌの街に行くと
どうしてもホスピスを訪問しがちですが

いや、ホスピスも素敵なのですが

hospices.jpeg 
画像はお借りしました

ワイン好きさんなら
こちらの訪問も楽しいではないのでしょうか?

所要時間は全部で1時間半ほどなので
なんなら両方回ってください〜

と言う
ボーヌの観光情報で恐縮ですが
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

フランスであえてブルゴーニュに行く人は
飲兵衛に違いないと思ってしまうのさー。

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

関連記事
スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR