FC2ブログ
   
10
:
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

もやっと。もやっと。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




なぜか
アメリカにいるのに

フランスネタでもアメリカネタでもなく
息子ネタが続いて恐縮なのですが

もう少しお付き合いを〜。

と言うのは

きたのよ!きたのよ!

息子を押して怪我をさせた子の親から
連絡が!

しかも直接電話で!



事件が起きたのは
火曜日の昼でして

その夜には

他の親達から
謝罪の連絡が来たけれど
(前回のブログ参照)

一緒にいて
全てを目撃していたレオ君談によると

その子達は息子に直接は何もしてないとの事。

ただ一人の女の子が
やっただけとの事。

と言っても
グループでの行動なので
これは完全に連帯責任。

逆に言えば

息子にだって

襲いかかって来た時に
反撃したはずみで相手が!

なんて可能性もあったわけだから

個別に”誰が悪い”とは
絶対に言えない事件。

その場の雰囲気とかノリもありますからね。



でも
どんな場合でも

やっぱり相手に怪我をさせてしまい

さらには担任からこっぴどく叱られて
謝罪を促されたら

相手側に謝罪の連絡を入れるのは
普通ですよね。

私だったら間違いなく
土下座レベルでぺこぺこ謝ります。

綾瀬はるかばりに謝ります!
(儀母と娘のブルース参照)

それなのに

1番やんちゃで

直接息子に突進して怪我をさせた女の子の親だけ
なんのリアクションも無かったわけです。



でも
翌日の水曜日

息子がお休みだったことが
彼らを不安にさせたらしい。

その女の子のママから
直接私に電話がかかってきました。

と言っても
アメリカ時間で朝4時とかだったので

留守電が残っていただけなのですが。

その留守電を聞いて
ちょっとね

なんかね

もやっと。

なぜならそのメッセージは
謝罪とかではなく

〇〇くん、今日来てなかったから
心配になって電話しました。

大丈夫かしら?

学校に来れないくらい
大変な怪我なのかしらと思って電話をしてみたわ。

子供達のやることは怖いわよね。

激しい遊びはさせないよう
子供には言わないとね”

な感じで

なんかねー
なんと言うかねー

まるで他人事の様な感じだったのですよ。



いや
確かにね

誰にでも起きうることだから
その子を責める気はさらさらない。

もちろん彼女の親に文句を言う気も
さらさらない。

そんな気持ちすら
まったくない。

でも

この

ちょー、他人事
的な留守電を聞いた時に

なんか
もやっとしてしまったのよね、私。

まあ、他の親御さん達からの連絡が
あまりにも丁寧だったから

その差も感じてしまったのかもしれません。

そんな気持ちを
旦那君に伝え

なんだか嫌な感じだなー
と言ったら

”うん、確かに。
なんだかこう言う事に慣れてる感じだね”

と。

お〜っ!
そう言う事か。
確かに!

だから大した事に感じないのか!?
と納得。



でも
その軽ーい対応はあまり良く無いのではと
それなりに伝えたいと思い

あえて旦那君が彼女に電話をし

留守電だったので

ものすごーーーーい、丁寧な言葉で

”連絡をしてくれてありがとうございます。

忙しい時間をさいて
息子の心配をしてくださる事に感謝致します。

今日は形成外科専門の先生に傷をみてもらったため
お休みさせました。

明日からは学校に行きますので
今後ともお付き合いをよろしくお願い致します”



たんたんと丁寧に
述べさせてもらいました。

image5_20190909210303c69.jpeg 

多分

軽い電話をした彼女は
それにちょっと驚いたのでしょう。

その1時間後に
今度は旦那さんと一緒に電話が。

改めて直接お話したいのかしら?
もう、これで終わりにしていいのにー。

と思いつつも電話に出てみたら

夫婦そろって
ただただ言い訳の連発ー!!!!!!!

子供の怪我はよくある事、とか
傷は子供のうちは残りにくい、とか
子供の遊びは激しくなる、とか

ただただ一方的に話されましたよ。



しまいには

”うちの娘も9月に怪我をして帰って来た。

クラスに危ない子がいる!”

みたいな事まで言い出したー!!!!

おいおい
こちら

オタクのお嬢さんに怪我させられたの
これで2回目!

手首に今でも7〜8cmの傷が残っているのよ!と
言いたい気持ちすら超え

すっかり呆れてしまったわ。



もう、なんだか
この人達と話してもしょうがないなと察した私達は

そそくさと電話を切りましたよ。

まあ、28人も子供がいれば
それぞれの親がいるもんですな。

愛さん、1つ
お勉強させていただきました。



今回の件で
アメリカ滞在中にもかかわらず

かなりバタバタしてしまったけれど

息子の傷がなるべく目立たない様
回復してくれるのと

息子の学校での立場が
以前とはかわりなく

今までと同じ様に
仲良くみんなと遊べるよう

トラウマが
残っていない様

ただ、それを願うのみの母に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

これで息子ネタは終わりにして
アメリカかフランスブログに戻りまーす!

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

関連記事
スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


電子書籍が
Amazonや楽天などで
好評発売中
こちらをクリック

著者:マダム愛
出版元:翔泳社
販売価格:495円

インスタ開始しました。


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR