FC2ブログ
   
09
:
27
28
29
30
   

パリ自然史博物館にて。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




今週から
2週間の冬休みに入っている息子くん。

あれ?
年末年始も休んでいたよね?と
そんな声が聞こえてきそうですが

あれはあれ。
これはこれ。

あれはクリスマスバカンス。
これは冬休み。

全くの別物なんでございます。

こんな感じで
年のうち5ヶ月は休みの

フランスの子供達なんでございます。



前半は
旦那君が出張の振替休日でパリにいるので
せっかくならパリを楽しもう!と意気込んでいる私達。

やっとこ晴れた日を狙って
いざ!

息子が大好きな恐竜、、改め
恐竜の骨を見に行きましたよ。

image7_2018022123322330e.jpeg 

こちら
パリ植物園の中にある
国立自然史博物館の1つである

La galerie de Paléontologie et d'Anatomie comparée
古生物学・比較解剖学陳列館
(HPはこちら

image3_2018022123322935c.jpeg 

建築家フレデリック・デュテールによるデザインで
1900年の万国博覧会の為に造られたんだとか。

あのエッフェル塔と同じ
万国博覧会の為だったのですね〜。

その内部には
全長80mにも及ぶ巨大なギャラリーがあり

IMG_1338.jpg 

”自然科学”を意識した彫刻などで
美しくデコレーションされております。

IMG_1326_201802220034532bf.jpg 

これがパリの美術館や博物館がすごい所だな〜と
いつも感じる点。

展示物が素晴らしいのはもちろんだけど
それにも負けないレベルで建物が素晴らしいのよね。

ルーブル美術館なんて典型的。
だって、あれ、元は”宮殿”ですからね。

そんなのが普通にごろごろあるのが
このパリの街なのさー。

IMG_1319_20180222003454d74.jpg 

この日は平日の水曜日だったので
余裕で朝の10時半位に到着してみたら

行ってびっくり

いつもガラガラのイメージだったのに
長蛇の列が〜

image1_2018022123323218c.jpeg 

あんれま〜っ!?
image2_201802212332322d5.jpeg 

さすが子供のバカンス週間。
親の考える事は皆同じなんだわ。

なめてたわ。私。



こりゃ、中も相当混み合っているのかな?
ゆっくりと見学なんて出来る状況じゃないのかもね。

なーんて思ったら

なんて事はない。

これだけの人が並んでいたのは
受付が1人だけで、しかものんびりと働いていて

それでつまっているだけだったわ。



内部はけっこうガラガラ〜。

image5_2018022123322695e.jpeg 

なんともパリらしい行列の出来方よね。



受付の隣にあるスタチューからして
かなり刺激的なこちらの博物館なのですが

image4_20180221233227b2f.jpeg 

その受付を抜けた正面にある
巨大な展示ルームは

現代人の肉体を先頭に
皆がこっちを向いて並んでいて

かなり圧巻。

image13_20180221233214a78.jpeg 

でも私達は
息子のお目当てである恐竜の骨格標本の為に
すぐに2階のフロアへGO。

これまた
相当な数の標本達が所狭しと並べられていて

ほえ〜っとなりますよ。

image9_201802212332206a2.jpeg 

恐竜の名前を網羅している息子は
写真を見ながら

ステゴザウルスだディプロドクスだ
ママに色々と教えてくれます。

image10_20180221233218507.jpeg 

ただ
大好きなティラノサウルスが
顔しかなかったのには

ちょいと落胆した模様。

これは東京に行ったら
上野の国立科学博物館に連れて行ってあげないとな。

そこには
ティラノサウルスVSトリケラトプスで
展示してあるらしいからね。

image8_20180221233221d34.jpeg 

骨だらけの世界。
息子は楽しんでくれるのだろうかと
ちょっと心配だったけれど

どの展示物にも絵がちゃんと飾られてあって
それはそれで楽しんでくれた模様。

image6_20180221233224c4f.jpeg 

ただ
行列で寒空の下1時間待ちだったのもあり

2階のスペースを見終わった時は
すでにお疲れモード。

しかも既にお昼を大幅に回っており
お腹もすいて来て

しょうがないので
1階のスペースは足早に通り過ぎる事に〜。

image11_20180221233217fbc.jpeg 

ここの1階のスペースは
色々な動物達の骨格標本が。

そして奥の方には
ホルマリン漬けにされた
臓器や奇形動物などの標本も並んでいて

3歳児連れの私たちにはむしろ
足早に終わらせて良かったかな。

なかなかどうしてグロテスクよー。

image12_20180221233216a74.jpeg 

 こんな感じで
息子と一緒に博物館を楽しんだ私達。

うん。
思った以上に楽しかったな。

もっと専門の知識があれば
もっともっと楽しかったんだろうなと

美術館や博物館に行った後は
必ず同じ感想を持つ私。

じゃあ、勉強してから行けよと
いつも反省する

進歩のない女なのです。



でも
そんなに興味がなくても
それなりに楽しむ事が出来る

そんな場所ですよ。

パリにいらした際には
行ってみるのも面白いかと思います。

と言う

ちょっとマニアックな博物館の紹介ブログですが
今日の応援クリックを頂けると嬉しいです。

皆様の応援ぽちぽちがあると
ランキングアップも夢じゃありません!

ご協力お願い致します。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR