07
:
27
28
29
30
31
   

フランボワーズ事件簿。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

バスに乗っていた時の事。

年配の女性が乗って来たので
席を譲った私。

パリでは当たり前の光景で
我先に!と
皆が席を譲るのだけれども

この日は私が勝利。
見事、マダムに席を譲れました。



そんな私の行動に
にっこりと微笑み喜んでくれたマダム。

もう、それだけで
なんだかこちらも良い気分になるし

こんな些細な事だけれども
この日1日はるんるんで過ごせたりするんですよね。



そんな感じでマダムに席をゆずり
近くに立っていた私。

特に何をするでもなく
ぼけ〜っと立っていただけだけれども

そんな私に
席を譲ったマダムが声をかけてきた。

ん?と思って振り向くと

自分のカバンをごぞごぞしだした彼女。

んん?なんだなんだ?
と思っていると

突然タッパーを取り出し
その蓋を取り

「フランボワーズをどうぞ?」

と、差し出して来たのです。

paris217.jpg 

おーーーー!
その気持ちはすごく嬉しい!!!
そんなに感謝されたのね、私!!!!

なーんーだーけーどーっ

混み混みのバスで突然タッパーを向けられ
フランボワーズを出されて
ちょいと困った私。

実は私

フランボワーズが好きでないのです。

あの、口に残る
硬いプチプチがどうも苦手で

自分では絶対に食べないフルーツの1つなんですよ。



一応

「当たり前の事をしただけですので
おかまいなく」

的な事を言ったけれど

「このフランボワーズは
そんじょそこらのとはちょっと違うのよ!

すっごく美味しいんだから
食べないとだめよ」

とかなり推して来るマダム。

”うーん、困ったな。
そもそもフランボワーズが好きではないし

でもって何より

バスの中を触ったこの手で
フランボワーズを食べるのはもっと嫌だ”

そんな風に思いながらも

あまりにも笑顔で
食べろ食べろと勧めてくるマダムに
NOと言えない私。

しょうがないので
1粒頂きました。



こんな時
皆さまならどうします?

パリにはこうやって
物をくれる人ってけっこういるんですよね。

特に息子を連れていると
飴やらチョコやらくれる人がいるし

先日は食べ途中のスナック菓子を
息子に差し出して食べろってムッシュが言ってきて

息子もちゃっかり
ムッシュの隣に座って食べ続けてしまった事もあり。

でも
フランスでは
比較的小さい時から甘いものを食べさせるし

特別は特別と
わりきって子育てしているので

こう言う時に
”いえ、けっこうです”
みたいに言わないんですよね〜。

でもってだからこそ
周りも平気であげてしまうんだろうね。

あ、でも、日本でも同じなのかな?
どうなんでしょう。

フランボワーズを下さったマダムの人柄と
そして感謝の気持ちは

本当によく伝わったので
悪い気分ではないんですがね。

難しいところだわ。と
そんな事を考えた私だったのでした。

皆様、今日もご訪問ありがとうございます。
お手数ですがおかえり前に応援のクリックを頂けると
大変嬉しいです。

押すだけでランキングに点数がは入ります。
いつも本当にありがとうございます。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR