10
:
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

動物好きさん、集まれ。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

息子を念願の
こんな場所に連れて行きましたよん。

IMG_9106.jpg 

60mの岩山がそびえ立つこちらは

パリの12区
ヴァンセンヌの森にある動物園

"Parc Zoologiquede Paris"
でございます。

(HPはこちら



IMG_9139_20170606051826888.jpg 

1934年にOPENしたこちらの動物園は
老朽化が進んだと言う理由で2008年に1度閉鎖

その後、240億を費やして大改修を行い
2014年に再オープンしたのです。



でも
大改修したにもかかわらず
以前に比べて動物の種類は半減。

なぜならこの新しい動物園は
”動物達の自然の姿”
にこだわっておりまして

狭い場所には適していないとされる動物は
飼育しない事にしたのです。

IMG_9117_2017060605182452d.jpg 

なので、動物園と言えば!なゾウやクマも
生態的に動物園に適していないと言う理由で

こちらにはいないのです。

IMG_9096.jpg 

でも、種類は少なくても

小さな檻の中で見世物になっている
なんとなく可哀想な姿ではなく

本来の姿でのびのび活き活きとした動物が見れるので

こちらとしても
なんだかとってもほっこり出来る
そんな動物園でした。

IMG_9040_201706060518151d3.jpg 

息子にとっては何よりも
大好きなライオンがいたのでそれだけで大満足。

IMG_9095_201706060518171c6.jpg 

ライオン相手に
”だっこしたい〜 なでたい〜”
を連発。

オオカミは怖がって近づかないくせに
ライオンはOKなのかい。



子連れ親の極意
”子供が嫌がったら迷いなく退散”
をいつも心に決め

息子を連れ回しているけれど

今回の動物園に関しては
先にママがギブアップ。

IMG_9033.jpg 

広い敷地をひたすら歩き回るのも疲れるし

息子や旦那につきあって
爬虫類の館的な所に入るのも

これまたなかなかの重労働だったわ。

IMG_9110_20170606051822b0b.jpg 

でも

息子が喜んでいる姿を見ると
母ちゃん、頑張れてしまうんですよね。

笑顔で息子に
”ヘビさんだよ〜。大きいね〜”
なんて言ってましたからね。

大嫌いなくせにね。

母はどんな時も強いのですよ。

IMG_9051_20170606051815aef.jpg 

こんな感じで
動物園をたっぷりと堪能した私達。

息子も大満足してくれた様で
それがママとパパにとっては何よりも嬉しい。

また連れて来てあげたいな。



こちらの入場料は22ユーロで
上野動物園の4倍くらいするけれど

でも、そのお金が
この施設の動物の為に使われていると思うなら

それもしょうがないと思える
そんな素敵な動物園。

そして

動物が好きでもないのに
入場料も安いからとりあえず動物園でも行くか!

って使い方もされないだろうから
そんな点でもいいのかもね。

なんて思ったりもした
私だったのです。

皆様、今日も訪問ありがとうございます。
お手数ですが応援のクリックを頂けると嬉しいです。

押すだけでランキングに点数が入ります。
皆様のぽちぽちだけが頼りです。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR