07
:
27
28
29
30
31
   

鶏の丸焼き。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





義両親がパリに来る時

必ずと言っていい程
山ほどのお土産と一緒にやって来る。

その中身は様々だけれども

毎回必ず持って来てくれるのが

超が何個も付くぐらい新鮮な
鶏さんでございます〜

IMG_8851.jpg 
グロいのであえて小さく〜

なんせ

直接養鶏農家に連絡をして
取りに行く直前に用意をしてもらうので

絶対にパリでは手に入らないレベルの
新鮮で美味しい鶏さんなのですよ。



大都会、東京から嫁いだ嫁は
これを初めて渡された時

おいおいおいおい

これをどうしろちゅーねん。と

嬉しいよりも何よりも
”困るー!”の一言だったし

時には頭とか足がそのままついていて
羽も残っていたりして

やめてくれー!と
発狂して逃げ出すレベルだった事もあったけど

食べてみるとね

やはしね

その美味しさに感動して
また食べたくなるんですよね〜

IMG_8860_20170528175036949.jpg  

と言っても

未だにこの鶏を料理するのは
旦那くんのお仕事

私はまだ
手をつけた事がございません。

簡単なので
やろうと思えば出来そうだけど

こうやって鶏が手に入ると
旦那くんが気合を入れて

”よーし!今日は鶏を焼くぞ〜!”と
と言ってくれるので

彼の気合と気持ちを尊重し

あえて嫁は都会っ子で
鶏さんを扱えない女に徹するのです。

ふふふ。

IMG_8852.jpg 

この鶏の丸焼き
"プレロッティ"は
フランス各地で作られているお料理。

いや、それどころか
ヨーロッパ全土で作られている

いやいやむしろ
世界中で作られている

そんな有名なお料理ではあるけれど

旦那くんの実家であるブルターニュでは
プルーンを入れるのが伝統。

ちょっと珍しいですよね。

IMG_8862.jpg 

でもってもちろん鶏さんの表面につける調味料は

塩にコショーに
”バター”

これ、鉄則でございます。

なんせバターの地方ですからね〜。



パリと言う都会に住みながら

こうして定期的に
美味しくて新鮮な食材が食べれる我が家は

きっと幸せなんだわ〜。

まあ、毎回
こういった新鮮食材達と一緒に
ワインを2ケース程持って来てくれて

義両親が滞在中は
飲めや食べろやの大宴会が続くので

健康なんだか不健康なんだか
いまいち分からない

そんなフランス生活ではあるんですけどね。



ちなみにこのプレロッティ

マルシェはもちろん、お肉屋さんで
調理したものが気軽に買えるんですよ。

機械の中でくるくる焼かれているので
すぐにわかるかと。

お値段はぴんきりだけれども
そこまでお高くないので

パリに滞在している方は
ぜひ試してみて下さいね〜。

鶏の油がたっぷりとしみこんだ
ジャガイモのソテーも一緒に買えるので

かなりなご馳走になりますよん。

我が家はイエナのマルシェで
たまに買います

と言う

最後はパリの小ネタで締めたこのブログ。

今日も皆様から応援のクリックを頂けると
大変大変嬉しいです。

皆様のポチがこのブログのランキングを決めております。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR