06
:
29
30
   

ぼく、知ってた。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。



1区7区2つのアパート
ただいま6月まで受付中。

パリでお待ちしております。


春のアパートOPENに向けて
お部屋の家具などをどんどんと買っている私達。

と言っても

まだまだ工事真っ只中なので
アパートに届けられても困るし

我が家に運ばれても
置いとくスペースなんて無いわけだから
もっと困る。

なので注文する時は
ちゃんとお店に確認の連絡をし

”3月の第1週に届けて下さい”と
なんどもなんども念を押す。

日本なら
全く持って問題がなさそうなこの作業だけれども

フランスではなかなかどうして
けっこう大変でして

平気で

”それは無理”

と言われたりする。



特にインターネットで買ったりする場合
そのパターンが多くて

そもそも電話対応の人の中には
お店の利益なんてどうでも良いわい

なんて思っている人がいるらしく

そんなタイプ人は面倒くさがって

”ネットで書いている日でしか
お届けは出来ません”と

それだけ言ってくるのです。

いや、こんな言い方ならまだいいけど

”ネットに書いてあるんだから
無理に決まってるでしょ!”と

面倒臭い事言ってくるなよ!的に
怒ってくる人すらいる。



そんな言葉にへこたれていたら
この国では生きて行けないので

ダメだと言われたら購入を諦め
また新たに違うお店で理想の家具を探すと言う

なんとも効率の悪い
フランスでのショッピングでございます。

IMG_7198.jpg 

そんな私達の買物の中で
1番の大物を先日買いました。

それは

”ベッド”

でございます。

lit7eme.jpg 

しかも2台で
マットも一緒に購入したので

けっこうな大きさです。



有名なフランスのサイトで買った
こちらのベッド

ちゃんとした有名会社のサイトなので
大丈夫だろうと思いつつ

購入後すぐに連絡を致しまして

”買ってから5〜6週間後に届くと買いてあったので

ちょうど6週間後の
3月6日の週にして下さい”

と言って見た。

”了解しました。そうさせて頂きます”と
お返事を頂いた翌日

それでもネットで確認する限り
配送の日程が決まっていなかったので

念のためまた連絡をして
”3月6日〜にして下さい”

とダブルでお願い。

”了解致しました”と

またまた返事を頂いたそのほんの5日後

突然とある配送業者から
”ベッドの配送を承っております。

明日お届けにあがるので
〇〇の住所でよろしいでしょうか?”とメールが来た。



もう、ツッコミどころがありすぎる内容に
私も旦那くんも唖然です。

そもそも

5〜6週間かかると書いてあるのに
1週間で届いてしまうのが謎だし

あれだけ電話で確認したはずなのに
完全にスルーされてるのが意味不明だし

しかも提示されていた住所は我が家の住所。

7区のアパートの直接持って行って欲しいために
配送先と請求書郵送先を変えて買いていたのに

わざわざ請求書郵送先にベッドが届くことになっていたのも
本当に納得がいきません。



とにもかくにも
それは困る。

慌てて注文を入れたお店に電話をすると

”すでに配送業者に渡ってますので
在庫を期日までお預かりするのは配送業者の仕事です。

なので配送業者に直接連絡して下さい”と

まさかの責任転嫁です。



しょうがないので言われた通り
配送業者に電話をしてみたけれど

”うちは配送するだけで
在庫を置いておくなんて事はしないから

そんな風に言われても困る”と

完全にたらい回しです。



そんな感じで
色々と電話しまくっていた旦那君

彼らの対応の酷さに対して
怒るでも無く一言

”僕、知ってた、こうなるの”

とつぶやいた。



さすがフランス人。

もともと期待してなかったわけね!



でも
そんなのは関係ない。

とにかくベッドが明日届くのを阻止しなくては
どうしょうもないではないか!?

これはもう
クレーマーとなって

買ったお店に文句を言うしかない。

貴方みたいな優しい口調だと
相手も調子にのるし

そもそも相手が悪いんだから
もっと強気で出てもいいのよ!

いざとなったら私が
意味不明のフランス語でどなりつけるから!と

旦那君の背中を押してまた電話をさせる事に。

その結果
私のジャパニーズフレンチヤジが届いたようで

オペレーターの人が
責任者に私達の対応を丸投げ。

その場でその偉い人が
私達の注文をいったん全部キャンセルをし

新たに買い直す事で

どうにかこうにか決着。

やれば出来るじゃんか!



まだまだ
サービス業が未熟な国フランス。

こんな事が起きるのは日常茶飯事。

この国で生きてゆくためには

日本で当たり前の事はフランスでは当たり前でないと
ちゃんと自覚を持ち

何か悪い事が起きるのを前提で
その時どうするかを考えて行動しないといけないんだわと

改めて感じさせられた

そんな出来事だったのでした。

旦那君の様に
”僕、知ってた”
と思えるくらいになれたら

パリジャンなんだわ〜。

なんだか納得いかないけどね!

のぽちぽちクリックお願い致します。

ランキングが下がり気味なので
皆様の援護射撃をお願い致します。


ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR