10
:
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

続・Wの悲劇。その二。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


4月まで予約受付中。
皆様のお越しをパリでお待ちしております

今年早々
2つの悲劇が私を襲った。

なんてブログを書き

その1つがパリのあるある”水漏れ”の話だったのですが
(その時のブログはこちら

実はもう1つ
かなり衝撃的な悲劇は

1月初旬に届いた
息子の保育園からの手紙。

そこにはなんと
こんな内容が書かれていたのです。

”この1月から子供の人数が増える事になり
どうしても人数調整が必要になりました。

なので〇〇君との契約は
あと1ヶ月で終了とさせて頂きます。

と。



これには完全に血の気が引いた私。

まさに恐れていたことが起きてしまったと
目の前が真っ暗、くらくらです。

creche4.jpg 

なぜこんな事が起きてしまったのかと言うと

息子君は
私立の保育園に通っておりまして

しかもこの保育園

その入園に対して
ちょいと厳しい条件がついている。

それは
”親の会社による推薦状と補助金が必要”

と言うものなのです。



公立の保育園に落ちまくり
藁をもすがる思いで私立にも問い合わせまくった我が家。

そんな中

唯一空きがあったのが
今の保育園。

でも

うちの旦那君の会社は
保育園の為の補助金制度が無いため

こりゃ無理だねと1度は諦めたのですが

突然こちらの園から

”今年は数枠空いていますので

会社の補助金と推薦状が無くても
指定の金額をちゃんとお支払い頂けるのであれば

入園を例外的に許可します”

と連絡が来たのです。



公立の保育園に比べると
バカ高い保育料ではあったけど

フランスでは10ヶ月を過ぎたら

社交性、社会性、独立心を学ばせる為に
親元から離して保育園に行かせるのがベストだと言われており

息子を”預ける”のでは無く
”成長させてもらう”ために

背に腹はかえられん!と
入園させたのですね。

でも
その時に言われたのが

”もし、条件に合ったお子さんが入園を望まれた時
再審査によって退園して頂く事が起こり得ます”

と。

creche5.jpg 

他の選択肢がなかった我が家にとっては
こんな条件つきでも保育園に入れてもらえる事が嬉しくて

2015年の8月に無事に入園。

ずっと問題なく通い続け
園の方達にもとてもよくして頂き
たくさんのお友達が出来たけど

入園から約1年半経った
2017年の1月

私達ですらその条件を忘れかかっていた時に
その日が突然やってきてしまったのです。



保育園のある場所は
エリゼ宮の近くでして

周りには政府の機関はもちろん
大使館やら外資の企業やらが多い。

なので保育園のお友達ももちのろんで
そういった家のご子息達が中心。

半分近い家が
海外赴任中の身で

保育園では当たり前の様に
多国籍語が飛び交っている。

でもってね
そんなファミリー達の勤務先はね

強いんですよ、コネクションに。

保育園としても
お断り出来ない様な相手なのですよ。

そんな人達にかかってこられたら
単なる1ファミリーの我が家は太刀打ち出来ないのですよ。

ああ、これがコネクション世界の
フランスの実情です。



この手紙を受け取り
すぐに園の責任者の方に連絡。

旦那君が出張から戻り
レンヌから息子を連れて帰って来た週

保育園で責任者の方と話し合い。

彼女としても
息子君にはずっといてもらいたいし

園で働く先生達も息子が去る事に対して
すごくショックを受けている。

でも

うちの園は大きな企業が運営するうちの1つに過ぎず
上からの命令は絶対で自分たちに権限が無い。

出来る限り息子が残れる様に
現在全力で動いている最中で

去らないといけない1ヶ月以内に
どうにか再契約にこぎつけれるようにしております。

最悪
同系列の保育園に移れる様に
手配はするつもりですので

保育園難民にさせる事はありませんので
安心して下さい。

とおっしゃって下さいました。



こうなると
我が家に出来る事はただ1つ。

彼らを信じて
待つしかないのよね。


保育園難民にならないだけでも
かなりな配慮で大感謝だけれども

1年半通い続けてすっかり園に慣れ

たくさんのお友達ができ
彼女すら2人も出来たらしい息子君。

nanpacreche.jpg 

今更ここの園を去らせるのは
かわいそうでならない。

この1月が過ぎれば
子供の入れ替わりが落ち着くので

きっと最後まで
園にいれるんだけどな。

当分
ドキドキな日が続きそうな

我が家なのです。

こんな感じで

新年早々から頭を悩ませまくっている私に
皆様からの応援クリックお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入り
私はかなりハッピーになれる仕組みです。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR