06
:
29
30
   

Wの悲劇、その一。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





実は今年

新年早々

私を2つの悲劇が襲った。

これぞまさに
”Wの悲劇”

ですよ。

ふ。



そのうちの1つがこれ。

IMG_1544.jpg 

わかるかしら?

真ん中らへんにうっすらと
なにやら透明な液体があるのが。

IMG_1541.jpg 

ええ

見事に”水漏れ”勃発です。



年末にレンヌの実家に行き
1月1日に1人でパリに戻って来た私。

4日に旦那くんが
出張から戻る予定だったので

それまで気ままな
パリで独身生活さ〜

なんて思っていたのに

帰ったとたん起きた悲劇、その1、です。



IMG_1548.jpg 

愛さん確か
夏にも水漏れ発生させてなかった?



このブログを以前から読んで下さっている方なら
つっこんでくれそうな感じなのですが
(その時のブログはこちら

そう

あれは2016年の9月
シチリアに2週間行った時

水を使ってなかったため
水道管がパンパンになってしまい

派手に水漏れさせてしまったのですね。

でもあの時の敗因は
完全に自分達。

なんせ2週間も部屋をあけるのに
水道の元栓を閉めずにいたわけだから

古いアパートの水道管が
それに耐えれるはずがなかったのさ。

パリのバカンス
あるあるなお話です。



あらあら愛さんてば
学ばない女ね!

そんな事があったのに
また同じ過ちを!

と思ったら
これは大間違いでして

今回はね

しっかりがっちり
水道の元栓を閉じて不在にしたんですよ。

それにもかかわらず
元栓をひらいたとたん

突然水漏れが開始したのです。

IMG_1536_20170110211145069.jpg 

私になんの落ち度もございません。

強いて言うなら
この水道管の古さとパリの寒さが原因じゃー!



前回は旦那くんがすぐに直してくれたので
生活にはそれほど支障がなかったけれど

彼が帰ってくるまであと3日。

一人でこの水漏れと
どうやって戦おうと頭を悩ませた私。

夜の22時をまわっていた
1月1日

こんな時頼める相手は1人しかおりません。

”助けて〜!管理人さーん!!!”



もちのろんで
すぐに部屋にかけつけてくれた管理人さん。

そんな彼女がこう言った

”あらあら、また水漏れ!?

この部屋の水道管は古すぎるから
全部とりかえないとダメだと思ってたのよね。

そもそもこんな古いのを使っているの
ここの部屋しかないわよー”

と。

な、

な!?

なぜそれなら
昨年の2月に前の住人が出て言った時に
取り替えなかったんだー!

知ってて私たちを住まわせたのか!?
ぶーぶーぶー。

なんて文句は言えないのがパリ。

なんせ水漏れは
ある意味パリの風物詩でもあるからね。

これくらいで文句言ってちゃ
この町には住めません。

こんな感じになっても普通にお湯も水も使えるから
それだけでも感謝しないとね。



さてさて
肝心の水漏れなのですが

とてもじゃないけど
管理人さんに直せるはずも無く

これはすぐにでも専門業者を呼んで
直してもらうしかないわね、と言う結論に。

その旨を
出張中の旦那くんを叩き起こして伝えると

”えーっ、きっと僕、直せるから
4日までそのままで頑張って。

使わない時は元栓を閉めておけば
水漏れは防げるから大丈夫だよ”

と。



うーん

本来ならば”いやだ!”と言う私だけれども

すぐに直してもらうためには
修理屋さんに来てもらうだけでなく

水道メーターがついている場所だけに
水道やさんにも連絡しないといけないし

オーナーに連絡して
負担金額の相談もしないといけないし

色々と大変だよ〜
愛、面倒臭いでしょ〜

と言われ

”うん。待ってる”

と素直に返事をした私だったのでした。



なので新年早々

元栓は閉めた状態で

開けた!となった時に
トイレ行って、シャワーして
洗濯機回して、食洗機ONして

マッハで全水仕事。

いや〜

なかなか面倒な2017年の始まりとなりました。

なんか今年は
水難の相でも見えてるのかな?

ちょっと不安にすらなった
私だったのです。

新年早々の悲劇その②や
水漏れのその後については

また改めて〜。

新年早々悲劇ネタがつきない私に
今日の応援クリックを頂けると嬉しいです。

皆様のお力がランキングに反映されます
よろしくお願い致します。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR