06
:
24
25
26
27
28
29
30
   

フランス人と暖炉。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




レンヌの実家には
大きな大きな暖炉がある。

P1170780.jpg  

もちのろんで現役で

冬はいつも火が灯され
パチパチと燃えている。

IMG_1191.jpg 

暖かいのはもちろんだけれども

なんかね。やっぱりね
火の赤い色って見ていて心地良いんですよね。

落ち着くの〜。

赤って攻撃色とか言われたりするけれど

暖炉の前に座っていると
ゆったりとのんびりした気分になれます。

 

パリの我が家にも
さりげなく暖炉があるのだけれども

IMG_6115_20161204180920ed9.jpg 

残念ながらパリでは
暖炉の使用が禁止されてしまいまして
使う事が出来ません。

なので田舎の家の特権なんですよね。
この空間って。



でも私

実際に暖炉の使い方なんて
さっぱりわからない。

薪を入れて燃やすくらいはわかるけど

薪ってどこで手に入れるの?
まさか森に行ってとってくる?

そんな初歩から謎ばかりなので
暖炉を扱う事なんでできるはずがないのよね。

IMG_1197_20170104184037e5d.jpg 

そんな薪ですが
ホームセンターなどで簡単に手に入るらしい。

でもって

ちゃんと準備された木なので
すぐに使えるんだって。

と言うのは

ネットで色々と調べてみたら

自分で薪を用意する場合は
広葉樹を選んで2年乾燥させるのがベストとか

けっこう面倒な決まりがあるらしい。

ふーん。
そうなんだね。

まあ
私がその知識を使う事は一生ないけどね。



そんな実家の暖炉を見ていたら

薪のバスケットの他に
こんなバスケットを発見。

IMG_1193_201701041840331f7.jpg 

見慣れたケースとコルクは

カマンベールチーズの空箱と
ワインの栓ではないですか。

なに、これ?と聞いてみたら

”最初に火をつけるときに使うんだよ〜”
だって。



最初の点火に使うのがこれって

わかりやすいくらい
”ザ フランス”
だねぇ。

それくらい大量に
毎日出てくるって事だもんね。

ふふふ。

IMG_1194_20170104184034587.jpg 

こんな些細な所からも
ああ、フランスに嫁に来たんだなぁと感じる私。

そう思っている時点で
もしかしてまだフランスに馴染めてないのかもね。

暖炉に火をおこすのは

カマンベールのケースとワインのコルクがベストなんて
常識も常識よ!

なんて思えるようになる日は
なかなか遠い未来な気がするわ。

IMG_1196.jpg  

なーんて

暖炉ひとつからでも色々と思ってしまうのが
異国から来た嫁の癖なのです。

ふふふ。


海外に住んでいると
30過ぎているのに日々これ発見。

こんな感じで楽しんでいる私に
今日の応援クリックお願い致します。

皆様のぽちぽちだけがランキングを決めております。
ぜひ、援護射撃お願い致します。


ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR