08
:
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

祝⭐︎2軒目来たる。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


12月宿泊料
20%offキャンペーン実施中。


わーーーーーいっ



歓喜の声で始まったこのブログ。

それにはもちろん
ちゃんとした理由がございまして

なぜなら

とうとう

とうとうとうとう

2軒目の貸しアパートが
私達の元にやってきたのです〜。



探し始めてから約2年。
予想以上に難航した2軒目探し。

その間、人間不信になりそうな出来事も
多々、多々、ございまして

何度もくじけそうになったけど

それを全て乗り切った上での
2軒目。

そりゃ、もう、嬉しくて
発狂したくもなるもんです。

いつのまにか口角が上がってしまうもんです。

目がキラキラ輝いてしまうもんです。

むふふ。



アパートの引渡しは
先週行われまして

不動産のプロであるパピー&マミーも
一緒に参戦。

こんな大人数で参加して
相手側に引かれないかな?と
ちょいと心配したけれど

なんと相手は7人でやってきたー。
こっち以上の大所帯にビックリよ。

でもって
何よりも1番ビックリしてたのは
不動産屋と公証人達ね。

なんせ小さな公証人の部屋が
ぱんぱんになって窒息しそうになったもの。

しかも相手側のファミリーは
皆さん体積が私の約3倍程。

相対的に
私が21人いる感じの容積を占めておりました。



この日はかなり寒かったけど
室内は熱気でむんむん。

そんな中

最後の調印、受け渡しは
滞りなく行われ、、、

と言いたい所だけれども

いやはや思った通り
ちょっとクセのある展開に。

と言いますのは

前にもチラリと書いたけど

今回購入したこちらのアパートは
2人の年配姉妹での共同名義の物でして

遡ること約50年前の
1968年に

彼女たちの両親が買った物件。

それを2人で相続して
そのまま持ち続けていたと言う訳です。

しかもその時のアパート購入金額は
今回売った値段の100分の1だったとか。

なんていう
パリドリーム!

彼女たちの両親
不動産を見る目があったんだわね。



ご両親が亡くなって
その不動産を譲り受けたこの姉妹

一人はパリ在、一人はバルセロナ在で
現在はバラバラに。

でもって

どちらかと言うと
バルセロナ在の御年82歳の姉が
こちらの物件を売るのを希望しており

パリ在の妹は
あまり乗り気ではなかったそうな。

なので

今回の受け渡しの日も
見るからに嬉しくなさそうだった妹さん。

それだけならともかく
挙げ句の果てには途中で泣き出す始末。



資金があったら
彼女が姉から買い取りたかったみたいだけれども

それが叶わず
まさに”泣く泣く”手放す事になったらしい。

でも

本番で泣かれても困るわー。
なんだかこちらが罪悪感じゃんか!



そんな感じで

あまり良い気分ではなく
進んでいった受け渡し。

公証人が一通り説明をし

さあ、

いよいよ調印!

これで全てが終わるんだわ〜
と、うきうきしていると

泣いていた妹はトイレに駆け込んで
立てこもってしまったよ。



うーん

78歳のマダムを泣かせる気なんて
さらさらなかったんだけどな。

なんだかやっぱり
激しく罪悪感だわー。


そんな彼女を
見て見ぬ振りの相手側。

無かったように事を進める
公証人と不動産屋さん。

そして
公証人がこう言った

”最後に何か質問はありませんか?”と。

そんな、ちょいと異様な空気の中

突然、真面目な顔で
今まで沈黙を保ち続けていたオーナーの姉が
手を挙げた。



おい、こら

ここまで来て、何か問題が!?

泣いてる妹を見るに見かねて
やっぱり売らないとか

そんなの勘弁してよねー!



ドキドキしながら
彼女の事を見ていたら

彼女が一言

”、、、で。

なんでもいいけど
とにかく、お金はいつ入金されるの?”

と。

その日彼女が発したセリフは
この一言のみですよ。



どうやら彼女の頭の中には
お金の事しかなかった様です。

何て対照的な姉妹なんだー。


こんな感じで
なんだか完璧では無かったけれど

とりあえず無事?に
引渡しが終了致しましたよん

なのでいよいよ
内装工事の準備開始です。


こちらのアパートも1軒目の様に
日本の方の事を考えた造りにしたいと思っているので

色々と要求を出しまくる予定。

日本のコンセントを取り付けたりするのはもちろん
できれば日本式のお風呂を造りたいのよね。

バスタブとシャワーの場所がちゃんと別れていて

身体を外で洗った後に
湯船にのんびり浸かれる様にしたいのです。

フランスではまず見ないスタイルだけど

自分達で内装デザインを全部するんだから
自由自在だもんね〜。

そんなのをうちの旦那君に言ってみたら

”アパートにお客さんがいない時は
きっと愛はお風呂に入りに行くでしょ?”

と鋭い指摘。

なんと!

それは良いアイデアだわ!

うふふのふ


そんなんで
今の私の頭の中は

妄想特急がビュンビュンと走っておりますよ。

とりあえずイメージ図をいくつか見つけたので
工事の責任者である義父に見せて相談する予定です。

全体的にグレーを基調にした
シックな感じにしたくて

サロンはこんな感じにして
バータイプのテーブルを置きたい。
cuisine.jpeg
イメージ図

でもって洗面所は
こんな風にバスタブとシャワーブースを分けて
bainetdouche.jpeg
イメージ図

壁のイメージは
こんな感じにしたいのよね〜
douche.jpg
イメージ図

って

これらの画像は全部
プロの建築デザインのページからお借りしてるので

こんな風に素敵な空間をデザインするのは
なかなか難しいかもだけど

イメージはなんとなくこんな風に!と固まったので

あとは義父がどこまでOKゴーサインを出してくれるか
それにかかってるわね〜。

とりあえず義父と一緒に
アパートに行って

しっかりと構想を決めないとね。


とにもかくにも

私達の夢、第2弾が
いよいよ発動でございます。

2軒目の物件探しを
見守り続けてくれていた皆様

ありがとうございました。

こんな感じで2017年

どうにか皆様に2軒目の貸しアパートを
ご用意できる運びとなりそうです。

1LDKのタイプなので

ぜひご夫婦、ご家族、お友達etc
でご利用いただけたら嬉しいです。

2017年
このアパートがきっかけとなる新しい出会いが
たくさんあるといいな。

そう考えるだけで
ウキウキが止まらない私なのです。

とにもかくにも良かったね!の
ぽちぽちクリック頂けると嬉しいです。

押すだけでランキングに点数が入り
私はスーパーハッピーになる仕組みです。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR