06
:
29
30
   

不機嫌過ぎる運転手。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

とあるバスに乗った時の出来事。

平日の昼だったにもかかわらず

観光地を通るせいか
けっこう乗り降りが激しい路線で

止まるバス停バス停で
毎回5〜6人の入れ替わりがある

そんなバス。

そのせいなのか何なのかわからないけれど
なんなく運転手が不機嫌そう。

なんせね

ドアが閉まった後にバス停に駆け込んで来る人を
完全に乗車拒否するのです。



パリのバスって

お客がバス停に向けて走っている姿を見つけると
たいていが待っていてくれてるし

乗り損ねたバスが
赤信号で止まっている時とかにドアを叩くと

運転手がドアを開けて乗せてくれるのが
むしろ普通の光景。

今日なんて

乗りたいな〜と思っているバスが
たまたま通りかかったので

バス停じゃないけど手を挙げてみたら
普通に停まってくれまして

”君はラッキーだね

なんて
運転手が微笑んでくれました。

とにかくそう言うのが普通に起きるのが
パリのバス事情なのです。


それにもかかわらずこの日の運転手は

まだバス停にいるにもかかわらず
1度閉めたドアは決して開けようとしない。

もちのろんで
走ってきてる人を待つ事もしない。

さらには

降りている人がいるにもかかわらず
さっさと降口の扉を閉めてしまい

”ドアを開けて”と何度も叫ばれる始末。



とある女性が運転手からチケットを買おうとして
お財布の小銭を2ユーロ分集めていたら

どうやら小銭じゃらじゃらが気に食わなかった様で
完全に無視。

困っておろおろする彼女は
たまたま近くいた私に

チケットって運転手から直接買うのよね?
2ユーロでいいのよね?



わざわざ確認して来ましたよ。


その彼女

最後にもう1度、手に握った2ユーロで
チケットを下さいとお願いしたけれど

やっぱり無視する運転手。

だめだこりゃ、的な顔を私にして
さっさと奥へ行ってしまいました。



あー、やだやだ。

なにがあったか知らないけれど
お客に八つ当たりしないでよね。

それとも何かい?
これが君のアベレージの性格で

普段からそんなに性悪なのかい?

とにもかくにも
さっさと目的地に着いて降りたいわ。


そんな事を考えていた時

今までは全く流れていなかったアナウンスが
突然バスの中に響き渡った。

”このバスの終点は⚫︎⚫︎です”

って。



その⚫︎⚫︎は
そこからほんの2つ先のバス停で

本来行くはずの終点よりも
10つ位前のバス停の名前だったのです。



あまりにも意味不明過ぎて
状況をイマイチ把握出来ない乗客達。

なんせこのバスの行き先には
思い切り終点の名前が書いてあったし

バス停で表示されていた行き先も
もちのろんで終点の名前。

それが突然の予定変更で

特に地下鉄があるわけでもない
他のバスが通るわけでもない

そんな場所を終点にすると

突然宣言したのです。

運転手を見守っていた私には
”こやつ、不機嫌過ぎて、ついに仕事放棄か!?”

位にしか思わなかったけど

運転手の状況を見ていなった普通の乗客にとっては
全くもって意味不明の話ですよ。



突然終点となったバス停で
バスから皆降りろとアナウンスが入った時は
かなり騒ついて

運転手に問いただす人もいたけれど

それに対しても一切なんの説明もしてくれない運転手。

こりゃ、どうにもならんと
皆さん静々と降りて行きました。



納得いかない乗客達。
次のバスが来るまで18分。

待つしかない。

IMG_9644_2016100417280410e.jpg

でも、何より大変なのは
観光客達。

自分達は今、どこにいるんだろうと
皆さん、地図を広げて食い入る様に見て
おろおろおろ。

IMG_9645_20161004172802b37.jpg

パリのバスでは
思いがけない事が起きることがけっこうあり

途中で止まるとか、道が変更になるとか
そんなのは日常茶飯事ではあるけれど

今回のパターンはお初だわ。



私の中でバスの運転手さんって
けっこう良いイメージで

日本に比べるといいかげんな面もあるけれど

こちらの心にも余裕をくれる様な感じの
心地よい具合のいいかげんさなので

それがとっても好きだったのです。

それが今回の件で
すっかりイメージダウン。

一人の態度が
全体のイメージダウンになってしまうのって
本当に残念だわ〜。

パリジャンは意地悪って言う風に
世界で言われたりするのって

こういう1部の激しい人のせいなのよね。

バス会社さん。
パリの観光産業の未来の為にも
対策強化を願います〜。

そんな事をしみじみ思った

とある日のバスでの出来事
だったのでした。

そんな街で

今日も生きてる私に
応援のクリック御願い致します。

押すだけでランキングに点数が
そして私にハッピーが!

届くという仕組みです。

御願いします。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン


関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR