04
:    

BAR ヘミングウェイ in Ritz

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。






前回の続き、なのですが

友人を連れて

ホテル・リッツの
ヘミングウェイバーに行った私。

IMG_9350.jpg

ヘミングウェイが実際に通っていたBARで

その内装は
彼と所縁のあるもので溢れております。



とっても格式高そうな
オーセンティックなBARだけれども

入った瞬間
なんだかとってもあったかい。

こんな一般人の私でも
アットホームな気持ちに包まれる
そんな空間でした。

IMG_9349_20160829200932394.jpg

それは多分
お店の人たちの人柄の良さ。

RitzのBARなんて言うと

それだけで格式が高すぎて
接客もスマートすぎて

なんだか緊張してしまいそうだけれども

こちらは良い意味で
とってもくだけた感じがあるんです。

バーテンダーの方や
サービスの方

みなさんが笑顔でフレンドリーで
居心地が良いのです。

IMG_9351.jpg  

席に案内されるとすぐに

温かいナッツやオリーブのおつまみと
胡瓜の入った水がサーヴされ

メニューをもらえるんだけれども

IMG_9360_201608292010004cd.jpg

そのメニューがなんともオシャレでかわいらしい。

なんかね
昔の新聞みたいになっているのです。

IMG_9362_20160829201042f51.jpg

でもそこで
まったくもって可愛くないのを発見!

1500euros.jpg

それが

The RITZ SIDE CAR
と言うカクテル

なんとなんとそのお値段

1杯

1500ユーロ!



お値段、ぜんぜん
かわいくなーーーーーいっ!

IMG_9361_2016082920095931e.jpg

これはもしかするともしかして
とんでも無いところに来ちゃったのではと

めまいクラクラ
ちょっとびびってしまったけれど

他のカクテルはだいたい
30ユーロ位。

そうなると

いったいぜんたい
このTHE RITZ SIDE CARには
何が入ってるのさ。

本来の
ブランデー+ホワイトキュラソー+レモンジュース以外に
金箔やらの光物がまざりまくってるのかしら?



その詳細を見てみたら

”19世紀のコニャックを使用している
世界で1番高いカクテル”

と堂々と書いてありました。

お店の人、曰く

その配合

1865年のコニャックが50%
コワントローが30%
レモンジュースが20%

となっていて

ちなみに
今まで注文されたお客は、、、

「0人」

らしいです。



それもちょっと意外よね。

何万、何十万もするワインが
ぽんぽんと出て行く高級ホテルで

1500ユーロのカクテルなんて
あっという間に売れちゃいそうなもんだけど。

でもそれはきっと

このヘミングウェイバーは少し庶民向けで
観光地の1つにもなっていて

本当の富豪たちは
Ritzの他ののBARに行くからなのかもねぇ。

IMG_9355.jpg

こちらのBARでは
様々なカクテルが生み出されておりまして

その中の1つがこちら

ブラッディー・メアリー

IMG_9356.jpg

ウォッカとトマトジュースで作る
ちょいと不思議なカクテル、ですね。

トマトに色々な調味料を足すことができるし
ウォッカの量も調節出来ることから

お店によって
だいぶ味の違うこのカクテル。

ブラッディーメアリー好きの友人が
さっそく頼んでみましたら

こちらは
トマトジュースと言うよりも
ガスパッチョ?を使っている様な

なんとも刺激的でスパイシーなお味でしたよん。

IMG_9354.jpg

私はこの日は
食後のデザートが欲しい気分だったので

アレキサンダーを。

IMG_9353_20160829200926e0c.jpg

と言っても

これまたやはり
Ritzスペシャルな作り方で

夏用の飲みやすいすっきりバージョンで
大変美味しくいただきました。



番長がいた夏の6日間。

最後の夜は
こんな感じで過ごした私たち。

でも
私たちのBARでの会話は

この年齢になった今でも
”老人と海”の良さがイマイチわからない、と言う

なんとも情けない内容。

ヘミングウェイをどっぷりと感じる空間にいても

ヘミングウェイの文学のレベルを感じるのは
やっぱり無理〜と

ヘミングウェイが近くて飲んでいたら
叱責されそうな

そんな時間

だったのでした。

私は理系だから許してね。
友人は専攻、、、文学だったらしいけど。

それでも社会人として
問題なくバリバリやっていけてるので

全然ありさ!のポチッと応援お願いします。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン


関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR