10
:
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

強烈な思い出。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





約1週間ほど続いた猛暑が
ようやく落ち着き出しまして

ほっと一息の私。

本当に、本当に
大変な日々でございました。

paris10.jpg

1週間だけで
そんな弱音を吐くなと

日本の皆様からすると
お叱りの声も聞こえてきそうなもんですが

日本の猛暑も
もちろん経験のある私から言わせて頂くと

パリの猛暑
約1週間だけでも

半端ない!

つらすぎる!

生きて行く自信すらなくなる!

ですよ。



しかも私

パリに住んで初めて
それをちゃんと学んだ気がします。



このブログでも何度も書いている様に

パリは湿気が少なくて
しかも石造りの建物なので

基本

朝のうちに冷たい空気を入れておき
日差しか強くなってから閉めておけば
部屋は涼しいし

昼間も日陰を歩く様にすれば
それなりに大丈夫。

と言うのが

パリジャン達の常識で
当たり前の様に言われていたんだけれども

今回の猛暑で
そんな常識が通用しない事をつくづく痛感。

なんせ、ね

湿気が少ない分
ウルトラマンビームの様な日差しが
もろに降り注ぎ

しかも8月なので
朝の6時から夜の9時過ぎまでは
太陽が出ていて

長時間油断できない。

それでも
猛暑が始まったばかりの最初の1〜2日は
どうにか大丈夫だったのだけれども

2、3日と経つにつれ

その光線が

街中のアスファルトはもちろん
石造りの建物自体を温めてしまったようで

太陽が落ちた後も
全く気温が下がらなくなったのです。

石造りの家の壁が熱をためこんで熱々になり
日が落ちた後も熱を発し続けまして

夜になっても

例えば
私のiPhonさんによると

8月24日 22時
37.png

8月25日 22時
38.png

まさかのこの気温。
熱帯夜どころの騒ぎではございません。

ありえないーっ!



もちろん
冷房が無いのが普通のパリ。

しかも
熱された建物の中に住んでいるので

夜通し

とにかく、あつーーーーい!!!

のです。



そんな猛暑日でも
朝になると25度以下には下がるので

あわてて窓をあけ
外の空気を入れるけど

熱された建物に
そんな空気を入れたって

一時的な対処法。

窓をしめると
またたくまに部屋の温度は上昇。

もう、うだうだです。

それでも
私一人ならどうにかなるけれど

うちには2歳になったばかりの息子がいる。

とにかくこの子が熱中症にならないようにと
こまめに水分補給。

暑さのせいで
夜の眠りが浅くなってしまい
夜中に目を覚ましてしまい

その度にお水を飲ませ
冷たいタオルで体をふいてあげるの繰り返し。

ただ
ラッキーな事に

息子の保育園にはちゃんと冷房があるので

そこでしっかりとお昼寝をしてきてくれるので
体調を崩してしまう事がなかったのが救い。

でも私はこの1週間

炎天下の中の送り迎え。
暑い室内での家事。
ほぼ不眠状態な夜が続き

かなり体に限界を感じたわ〜

まあ、私がもうちょい若いママだったら
簡単に乗り越えられていたのかも〜。

あとはやっぱり
旦那様が出張中だったので
気が抜けなかったのも

これまた辛かったのよね。



2003年の夏

500年に1度とも言われる
熱波がヨーロッパを襲った年

パリでは35〜45度が
3週間以上続き

その結果

2万人以上が亡くなると言う
大惨事が起きてしまったのだけれども

このパリで
いったいどうしてそんな事が起きたのだろうと
ちょっと実感がなかった私。

今回の1週間で
その理由がわかった気がしたわ。


ペットボトルに水を入れ
数本を凍らせておき

それを抱っこしながら過ごした日々。

送り迎え中に倒れない様に
袋に氷を入れたものを何個も用意して

サウナ状態のバスで
ひたすら息子を冷やしてあげた日々。

2016年の夏
色々とあったけれど

こんな強烈な思い出まで増えてしまった

なんともエキサイティングな年

だったのでした。


でも、母は強いのです。
そんな辛い日々だったのに1kg太ってたよ〜。

不思議だね。

きっとアイス食べ過ぎだね。

のポチポチお願い致します。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン


関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR