08
:
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

Bristolでアフタヌーンティー。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




平日の午後に
大人女子が集まれば

いつもとは違う空間に
足を踏み入れたくなるものです



なので

夏に遊びに来ていた友人と
この日はちょっと優雅な午後を過ごしましょうと

向かった先は

ル・ブリストル・パリ
Le Bristol Paris

IMG_9451_201608292007321d5.jpg

”パラス”の称号を持つ
パリの中の高級ホテルの1つ、ですね。
(HPはコチラ

そして伺ったのは
この中にある

”Le Jardin Francais"
と言うレストラン。

IMG_9456.jpg

こちらでは

15時から
"アフタヌーンティー”が出来るのですよ〜

夜遅くまで遊んでお寝坊な私達にはぴったりの
遅めのランチスポットです。

IMG_9463.jpg  

メニューは2種類ありまして

Classic High Teaが
1人なら55ユーロ、2人で80ユーロ

それにグラスシャンパンがついた
High Tea " Le Bristol"が
1人で75ユーロ、2人で115ユーロ。

2人になると
とってもお得なんです。

実は今回

フォーシーズンズ・ジョルジュサンクの
アフタヌーンティーとどっちにしようか迷ったけれど

2名になると断然お得だったので
ブリストルを選んだ私。

せっかく友達がいるんだもの。
その存在をとことん満喫しないとね。

ふだんひとりぼっちの私流の選び方ですよ。

ふ。



前日飲みすぎて寝坊。
しかもこの日の夜も飲みの予定がある私達は

おとなしくシャンパン無しをチョイス。

メニューから好きな紅茶を選んだ後に

どかんとやってくる
小菓子達。

IMG_9472_20160829200727290.jpg

お楽しみのその内容は〜、と言いますと

まずはおきまりの
サンドイッチ系がこちら

IMG_9470_20160829200732b35.jpg

ミニサンドイッチ2種(計6個)
サーモン入りプチクロワッサン(3個)
スパイスのきいたフィナンシエ(3個)

ちなみにこれ

1人分ですよ。

2人なので2皿やってきました〜。

うーん
二日酔い気味なのに

ついつい”シャンパン”を
と言いたくなる美味しさでございます。

IMG_9474_2016082920080369d.jpg

さて

これらをやっつけた後は
甘いのに進みましょう。

IMG_9476_201608292008001f5.jpg

マフィンやらマドレーヌやらが
てんこもり〜(2人分)

ここが本場イギリスのアフタヌーンティーとは
ちょいと違う点でして

スコーンじゃなかったのよね。

でも

ふわふわで熱々のマフィンは甘すぎず
レモンがきいたマドレーヌはさっぱりとしており

とまらない〜。

紅茶にぴったりでしたよ。

IMG_9473_201608292008046c5.jpg

この辺まで食べると
もう、かなりお腹いっぱいなのですが

こんなのが目に入っている以上
食べずにはいられない。

IMG_9475_20160829200801207.jpg

左から
シュークリーム、イチゴのタルト、ラズベリーのマカロン
レモンタルト、ヘーゼルナッツのフィナンシエ
(写真で2名分)

美味しい、うん、美味しい。
確かに美味しい、、

の、だけれども

お腹がいっぱいすぎて
美味しいと言う感動がちょっと薄れ気味だった私達。

あー、サンドイッチ完食するんじゃなかった。
マフィン完食するんじゃなかった。

ここに来て、若干後悔です。

でもね
ここは天下のブリストル

食べきれないのを察知したのか
お持ち帰りを提案して下さり

きちんと箱に詰めて下さいました

IMG_9316_20160823200856fca.jpg

でもって
もちのろんで

お腹がすいた時に
全部完食致しました。

いやー、美味しかったわ〜。

全体的に甘すぎず、私好みでございました。



私の初・本格アフタヌーンティーは
去年行ったイギリスのマンダリンホテルでだったけど

IMG_9779.jpg

もちろん、そちらもすっごく美味しくて大満足で

だからこそこうしてパリでも
アフタヌーンティーをしたくなったのだけれど

そちらでは2人で
190ユーロ(シャンパン付き)だったから

そう思うと115ユーロのブリストルは
格安だよね。

IMG_9772.jpg

まあ
アフタヌーンティーはイギリスの文化だから
イギリスでしてこそ意味がある!

と言われたら

それもごもっともだけれど

パリのアフタヌーンティーでも
とっても素敵な時間が過ごせるし

パレスホテルで出てくる小菓子は
文句なく美味しいので

パリにいらっしゃる方にも
とってもお勧めな

パリのホテルの活用方法の1つなのは
間違い無いかと。



またすぐにでも行きたいと思っている私。

次回はやっぱりジョルジュサンクだわね。

1人アフタヌーンティーも
きっと楽しいに違いないからね。

なんだかアフタヌーンティーに
ちょいとはまりだしている

私なのです。


友人が帰ってしまった今
思い出を振り返りながらブログを書いている私に
応援のクリック御願い致します。

押すだけでランキングに点数が入る仕組みです。

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR