08
:
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

シャンゼリゼの進化。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





先日

通りすがりに
何気なく目に飛び込んできた

とある広告。。。。。!?

 wifichamps.jpg

え!?

本当!?

やるじゃんパリ!!!!



思わず声に出してしまったこちらは

シャンゼリゼ通りで6月9日から
WIFIが使える様になるよ!

と言うもの。

ええ

あの、世界中で有名な
お〜 シャンゼリゼ。

パリに来たら誰もが必ず1度は歩くだろう

パリのシンボル

シャンゼリゼ。

これからはそこに行けば
誰もが無料でWIFIに接続できると言うのです。

wifigratuit.png
画像はお借りしました。

スマホで何か調べ物がしたいけど
どこのカフェならつながるかしら?
うろうろうろ。

とか

パケット代高くつくけど
しょうがないからえーい!つないじゃえ!

とか

そんなちっぽけな悩みは
シャンゼリゼ通りではいらなくなると言う事です。

道を歩いてるだけで
日本と同じ感覚でスマホが使えてしまうのです。



こんな粋なことをしてくれるのは
パリ市と通信会社に違いない。

と思いきや

そのスポンサーはJCDecauxと言う
フランスの広告代理店なんだって。

なるほどー。

wifiはタダで繋がせてあげるけど
その分、おいら達の広告を見てね!と言う仕組みなのか?

使った事が無いからまだわからないけど
そんなビジネス的な香りがぷんぷんするね。

まあ、でも、日本でも
どんなサイトを見ても広告が出てくるのが普通の世の中。

そんなのを気にしていたら
21世紀のネット社会

生きて行けません。

しかも
フランスの広告が入ってくるのなら
日本では見れないわけだし

旅行者の方は
それも1つのエンターテインメントとして
楽しんじゃえばいいもんね。


他にも中国の銀行がスポンサーになってるっぽいけど
これは中国人観光客の多さを見ると納得だわ。



現時点でとりあえず
5000人が一気に繋げるらしい。

これはかなり
大規模なんじゃないでしょうか?

さりげなくシャンゼリゼ通りから遠く無い我が家。

そのWIFI
我が家の方まで飛んできたりするのかしら?

そしたら
毎月払っている我が家のwifi料っていらなくない?

と、ちょっとセコい事を思って
携帯で思わず本気でwifiを探してしまった私。

やっぱり無かったよ。

そりゃ、そうか。



とにもかくにも
これからパリにいらっしゃる皆さん

WIFIの契約をしないで
パリにいらっしゃる場合は

いざと言う時
シャンゼリゼに行くのが手っ取り早い事になりそうですよ。

まあ、パリは

ほとんどのカフェらレストランでWIFIが使えるのは
数年前からすでに常識だったけど

WIFIがあった場合でも
お店の人に聞かないとならなかったり

フランス語のパスワートとかをサラリと言われたりして

WIFIをつなぐ前に断念。

なんて事もあったと思うので

やっぱり道で繋がるのは
とっても便利なのではないでしょうか?



シャンゼリゼ通りは先月より

CO2削減のために
毎月第一日曜日を歩行者天国にしたばかり。

なんだか2016年
シャンゼリゼ通りが慌ただしい感じです。

と言う

地元パリのプチニュースでございますが
今日の応援のクリックをいただけると嬉しいです。

下のボタンをぽちぽちお願い致します

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン


関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR