10
:
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

無力な私。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





前回の続き、なのですが

保育園の帰り道に
シャンゼリゼ通りが閉鎖されていた話。

IMG_8463.jpg  

とりあえず

シャンゼリゼを越えないと
家に帰れない私たち。

封鎖されても困るし
いったいどうすりゃいいんじゃいと

ポリスに声をかけてみた。

おにーーーさーーーーんっ
IMG_8464.jpg 

そうしましたらそこで
思った以上に残酷な返事が。

シャンゼリゼの閉鎖命令は
何人たりとも通す事は出来ない。

と。

 

え?

それってどういうこと?

封鎖が終わるまで待てって事?

ちょいとお待ちよお兄さん。

今、かなり寒いですぜ。
しかも雨まで降ってきてますぜ。

しかもしかも
こちら1歳児の幼児連れですぜ。

それでも待てって言うの!?

さすがに納得がいかない私。

もちろん私だけでなく
他にも納得いかない人がわしゃわしゃ名乗り出てきて

私の家は目の前のあの建物だ!
なのに渡れないとはどういう事だ!と

怒りを震わせるムッシュやマダムも多数。

そりゃそうよ。

数分前までは普通に使っていた通りが
突然予告もなしに閉鎖され

通行禁止なんて言われても

そりゃー、納得できません。

IMG_8472.jpg 

いや、もしね
納得できる理由を教えてくれれば
それはそれでいいんだけど

ポリス達は理由をいっさい教えてくれないのです。


そうなると
パリジャン達に不安が走る。

もしやシャンゼリゼにテロ予告?

パニックにならないように
極秘に行われてる?

でもいや、待てよ

シャンゼリゼの下を通っている地下鉄は
普通に利用が可能なわけだから

それもなんかおかしいぞ。

そして閉鎖してるのは
本当にシャンゼリゼの通りのみで
隣接する建物は普通に営業してる

テロではなさそうだな〜。

でもこちら
そんな風に思いながらも
一刻を争う状況。

なんせ極寒で雨の中、1歳児連れ。
息子を連れて帰らないとならない。

なのでポリスに
じゃあ、どうやったら向こうにいけるのか?
凱旋門までのぼってまわれば帰れる?

と聞いてみたけれど

凱旋門の先まで全部閉鎖されている。

という返事。

じゃあ、コンコルド広場まで下れば帰れる?

と聞いてみたけれど

こちらもその先まで全部閉鎖されている。

という返事。

要するにそれは

パリのど真ん中を横切って

パリジャンが越えられない
巨大な壁が出現した様なものじゃないですか。

IMG_8474.jpg 

少なくともこの閉鎖
あと1時間は続くと言われ

じゃあ、息子と一緒に1時間
ここで待ちぼうけするしかないのかと思うと

目の前が真っ暗
めまいクラクラです。

一緒にポリスに問いただしていた
ムッシュやマダム達も

さすがに怒り心頭で

これが今のフランスだわ!

昔はこんな国ではなかった!

国民の権利を権力でコントロールするような国は
もうフランスでは無い!

何が国家だ!

などなどなど

いかにも革命の子孫達な感じで
ポリスに暴言を吐き、地下鉄に向かっていきました。


でも

そこで残された私。

誰かの助けを借りてベビーカーを運んでもらい
地下鉄に乗るのもありだけど

一駅だけのためにそれもな〜

でもって

こんな状況だから
地下鉄すごい混んでるだろうしな〜。

あまりに突然やってきた不運な状況に
どう対処して良いかわからない。

ダーリンは出張中でフランスにいないし
いったいどうしよう。

魂が抜けたみたいに
呆然としていた事、15分程。

そんな中
一人のポリスが声をかけてきた。

”コンコルド広場から
渡れるようになりました”

と。

IMG_8468.jpg 

あああああっ

権力の壁、破れたり!

そもそも
フランス革命の舞台であるコンコルド広場を
完全に閉鎖するなんて

パリジャンが許すはずが無いのさ!

ママ、そこまで頑張るわ!と
コンコルド広場の方まで歩いて行き

ついでに
車が無い非常に珍しい状況のシャンゼリゼ通りを
ちゃっかり写真に収める余裕っぷりまで見せ

IMG_8471.jpg  

おおまわりして帰りましたよー



いつもは15分で帰る道のりを

極寒の雨の中
1時間半かけて帰ってきた私

あいかわらず閉鎖の理由はわかって無いけれど

なにやらすごい警備体制の車が
シャンゼリゼを通って行ったのをみかけたから

きっと
すごい人物がお通りになったからに違い無い。

IMG_8469.jpg 

でも
そんなの庶民の私たちは知ったこっちゃないわいっ


なんだかフランスの国家権力に
無力を感じた

フランス市民の

私だったのでした。

それでも今日もこの街で頑張って生きてる私に
応援のポチッとクリックお願いします。

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR