08
:
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

女性の社会進出と保育園。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


8月まで予約受付開始しました。


私があえてここで改めて触れる様な
そんな話題では無いかもですが

1歳児の母として
気になった日本のニュースが1つ。

もう、だいぶ前の話題だけど

それはネット上に

”保育園落ちた、日本死ね”

と書き込んだ
とある匿名ママのコメント。


女性が活躍出来る様な社会
そして子供を産める社会

そこの矛盾を突っ込んだ
そんなコメントだったらしいけど

保育園戦争に連敗し
結局私立に入れた我が家は

これは対岸の火事では無い。

落選通知がガンガン届いて来たときは
ほんとーーーにもうパリ、ふざけるな!!!と
怒り浸透してましたよ。



でもね

私がパリに住んで知ったのは

保育園が足りないからイコール
子供が産めない、育てられない、女性が社会に出れない
ってわけじゃないんだよね、って。事。

だってだって

フランスの女性は9割近く働いているけれど
実際に保育園の数は不足しまくりですよ。

パリのとある区では300人枠に1800人の応募が来た
って言うくらいなんだから

これって単純に
”1500人待ち”って事ですよ。

目黒区の友人が
300人待ちって言われた〜
なんて言っていたけれど

それを遥かに超える待機児童。

しかもフランスの保育園は3才まで。

それでいて1つの区で1500人の待機児童って
すんごい数だと思いません?

さすがにこの状況はやばいと
パリ市は現在保育園を新たに増設中だけど
ぜんぜん追いついてないのが現状。

そう

日本とまったくかわらないのですよ。
パリの保育園争奪戦のすざまじさは。

妊娠発覚してすぐに申込み
区役所の人とのコネを一生懸命探し

保育園に通い詰めて
園の方とどうにかお知り合いになろうと頑張る。

それでもひっかからないのがパリの現状。

ある意味、日本以上に
保育園戦争は凄まじいのかもしれないとも思われる。

bebecreche.jpg

でもでも
それでも9割の女性が社会で働いているパリ。

これってとっても不思議よね。

なので先ほど書いた様に

”保育園が足りない事が
少子化や女性の社会進出の妨げになっている”

と直結するわけじゃ無いって事なんだな〜と
思うのです。

もしそうなら今頃フランスは
ほとんどの女性が働けてないですよ。


じゃあ、日本とフランス
いったい何が違うのかって

そこにはいくつか理由があるけれど

まずフランスには
保育園以外の選択肢が多数ある。

って言うのが大きいかな。

保育園がダメなら一時託児所。
保育ママやヌヌー、そしてベビーシッター。

色々な人に子供をたくす事が出来る。

たーだーね

じゃあ、日本もそうすればいいんだ!
とは言い難い。

だって実際
これらのお仕事をしている人に中には
移民の不法労働者もたくさん含まれていて

免許を持っていないのはもちろん
フランス語を話せない人もたくさん。

それでも

そんな彼らに子供を預け
女性達は社会に出て行ってるのです。

この感覚
日本に浸透するかと言ったら
やっぱり難しいかと。

きっと日本の方達は
”そこまでして自分は社会に出たいのかな?”
って考え躊躇してしまう。

そこがね
完全に日本とフランスは違うなと思う点なのです。

子供を預けるのであれば
それなりに良い環境に預けたいと思うのは
親なら誰しもが思う事。

でも
それが達成で来なかった時

じゃあ、どうする?

ってなると

やはり日本の人は
変な所に預けるくらいなら自分で育てる。
いざとなったら親を頼る。

って思ってしまうと思う。

フランス人は
それでも社会復帰するために

免許が無い移民のシッターなどに
子供を預け社会に出て行くのです。

この”感覚”こそが
フランス女性の社会進出の源なんじゃないでしょうか?

そして
それを当たり前として普通に受け入れる
社会の風潮があるからなんでしょうね。


そもそも日本と言う国は
移民すらほんどいないので

そういった感覚すらよくわからないのが普通。

でも
フランスは色々な人種がいて
出稼ぎの移民もたくさんいる国。

そんな人達を安く雇い
社会が回っているフランスなので

そこんところに抵抗が少ないのよね、きっと。


先進国で出生率no1のフランス。
それでいて女性の就業率が9割近い

ある意味
上手くいっている様に思える国。

でも実際は
保育園なんて全然たりていないのが現状なんですよね。

日本のニュースを見て
そんな事をふと思った私だったのでした。

さてさてこんなつぶやきをした私に
今日も応援のクリックお願い致します。

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR