07
:
27
28
29
30
31
   

ママの知識。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





先日

家族でぷらぷらと散歩をしていたら

何やら不思議な建物発見っ

IMG_2677.jpg

パリには有名な歴史的建造物が
その辺にぽこぽこあって

ある意味、慣れっこな私達。

凄そうな建物があっても
何の感動も無くスルーで

単なる景色のひとつになってしまってる
なんとも不感症ファミリーですよ。

IMG_8222.jpg

でも

今回こちらの建物に食いついたのは
これが普通の住居用のアパートだったって事。

普通に生活するアパートにも
突然こんなのがあるんだねぇと


IMG_2679.jpg

改めてパリの建造物の奥深さを感じたのですね。

と言っても

残念な事に私
芸術以上に建築に弱い。

なので

200%素人目線で
ほほぅ、これは面白いねぇ。
綺麗だねぇ。

なんて

幼稚な感想は言えるけど

じゃあ、何がどうすごいのか?と
ウンチクを聞かれると

さっぱり全く解りません。



この建物も

きっとアールヌーヴォー全盛期とかの物だろうなと
それくらはわかるけど

それ以上の事は何もわからず
写真を数枚撮ってスルー。

後々気になったので
ネットであれはナニモノだったんだと
検索してみたら

けっこう有名な建物で

しかも入り口のドアのデザインが
女性の大事な部位を意識してるとか

そんな面白い小ネタまで書いてあって

ああっ!しまった!
その小ネタの張本人

入り口のドアの写真を撮るのを忘れてしまった!と
ちょいと後悔。

しかし

そんなドアを毎日通り抜けて生活している人達って
微妙な気分になったりしないのかな?と

余計なお世話な事は考える

やっぱり”建築”や”芸術”とは
無縁な私。

ふふ。

IMG_2677.jpg

うちのダーリンさんはもちろん
そのファミリー達と旅行なんかをし

色々な建造物を見たりすると

これはゴシックでうんぬんぬん、と
建築様式で歴史を語らっている。

そんな彼らの横で

ほえ〜、と
ただただ感情の赴くまま
建物を巡回する私。

芸術は頭で考える物ではなくて
心で感じるものなのよ!と

いっちょまえに正当な理由をつけて
今までは通して来たけれど

でも最近

やっぱりこういった物を見るには
それなりに歴史や芸術などの背景を知っている方が
数倍楽しめるなと

そんな風に思い始めた私。

特に、子供がいるので

母さん、恥じかかない様にしないとね。と
危機感もちょっぴり感じております。

そんなんで

ヨーロッパの代表的な建築様式なんかを
勉強しようと思ってます。

ええ

"思って"ます。

って事は
まだ勉強して無いって事です。

はは。

だってあまりに知識が無さ過ぎて
何から手をつけたら良いのかわからないんですもの。



きっと

息子と一緒に学んで行くのがいいのかもね。

彼の歴史の教科書を
一緒に読んだりしてね。

そして母ちゃん

日本の歴史や文化をしっかり勉強して
息子に教えてあげないといけないかなぁ。

うーん

フランスに住みながら
日本の事をゼロから勉強しなおさなくては。

ママになった以上

”理系オンナなもんで”

な言い訳は通用しないもんね。



そんな事をふと考えながら
今日ものらりくらりと楽な方へ向かって生きている
私なのです。

そんな私に応援のクリックを〜
ポチポチとお願い致します。

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン


関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR