08
:
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ブルジョワ専用。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





先日

シャンゼリゼ通りから
モンテーニュ通りへ入ってすぐの所にある

とある物件のお部屋を見に行った私達。

IMG_7889_20160226205401b84.jpg

皆様にお貸しするための
ワンルームのアパートを求めての
見学だったんだけれども

こんなパリ随一の一等地の高級エリアには
"普通"のワンルームなんて存在しない。

でも

どんな豪華なアパートにも

屋根裏や地下に
使用人用に作られた部屋がありまして

そんな文化が無くなった現在は

それらが小さな部屋として
一般の人に売られているんですね。

でもって

もちのろんで
我が家はそちらの物件の見学です。

IMG_7890_20160226205401521.jpg

どっからどうみても
オフィスしか無さそうな

あまりにもゴージャスすぎるこのエリア。

IMG_7892_20160226205356b4d.jpg

もしかするとこのビルは
普通のお部屋はオフィスとして貸していて

小さな地下と最上階の部屋のみ
一般用になっているのかな?

なんて

見学の後
素朴な疑問が浮かんだ私達。

そんな話をダーリンとしていると

ちょうど1人のマダム

イメージするならマドンナとレディーガガの中間?
みたいなド派手な女性が現れ

こちらのアパートに入って行こうとしている。

あの派手さ
もしかするとここの住人?

それか
この辺のブランド街で働いている
モード系の人???

そんな風にコソコソ私が言っていると

突然うちのダーリンさんが
彼女に話かけたではないか!



こんなアパートに出入りするマダムに
普通に話かけるなんて

なんて頭が高い!


とビクビクしながら見ている私をよそに

彼が放った一言

”失礼ですが、マダム
こちらの住人でいらっしゃいますか?”

と。


その言葉に振り向いたマダムは
もしかすると60代?

ちょいと人工的な雰囲気があるので
実年齢はわからなかったけど

とにもかくにも
凄そうなお方。

そして一言

「なぜ?』



海老蔵もびっくりの睨みで返してきた。



そりゃそーよ。

ワケノワカラナイ
アジアな嫁とベビーカーを連れた若造が
突然声をかけてきたんだもの。

そりゃ、不審がるにきまってる。


でもここでくじけないのが
うちのダーさん。

そのままづけづけと
会話を続け

”実は私達
今この物件を見学しまして

このアパートの状況が
どんな感じか知りたいのです”

と正直に言い放った。

その言葉を聞いたマダム
私達全員をジロジロと見て来て

「何?ここの空き物件に興味があるの?」

と驚いた顔で言って来た。

IMG_7891_20160226205359729.jpg  

まあ、あなたみたいなマダムからすると

20平米のちっぽけな使用人部屋を購入なんて
驚きかもしれないけれど

こういう私達みたいなのがいるから
経済だって回ってるのさーっ



心で叫ぶジャポネーズの嫁。

もちのろんで
そんな気持ちは彼女には届きません。



そんな彼女の言葉にも
まったくひるまないうちのダーリンさんは

”ええ、良い物件ならどこでも買いますよ”と
どうどうとお返事。

IMG_7707_20160218173619954.jpg

そんな彼の言葉に
今までに無い位大きく反応した彼女

本気で?本当に欲しいの?
貴方達どんな物件探してるの?
モンテーニュ通りがいいの?



なんだか今度は突然、彼女の方から質問攻め。

こりゃ〜、間違い無く
声をかける相手を間違えたよ

行こうよ〜 帰ろうよ〜
これ以上睨まれると石になっちゃうよ〜

と目配せしてダーリンに訴えるけど

全く気付かない彼は
そんな彼女の質問にも正直に答えて行く。

この辺りは便利でいいですよね。
良い物件があれば買いたい。と。

そんな風に堂々と答えるダーリンに
ますます興味を示すマダム

買いたいって簡単に言うけど

この辺りのアパートの相場は
1平米2.7万ユーロ(約350万)よ。と

そんな専門的な数字まで出してきた。


ん?

1平米2.7万ユーロ?

あれれ?
おかしいぞ?

私達の見て来たアパートは
それこそ、その相場の半額。

何を言ってるんだ、このマダム?
とつっこみたくなったけれど

彼女の話は止らない。

”見て来たのは3階の部屋?それとも4階?
180平米の方?”

どちらが気に入ったの?

と。



どうやら彼女
私達が一般の部屋を訪問したのと
勘違いしたらしい。

でもって質問は

他にはどの辺りの不動産がいいの?
何平米がお望み?

どんどんと続いてく〜



もうこうなったら後に引けない私達。

とんでもない人に声をかけちゃったなぁと
後悔しても、時既に遅し。

彼女の中に
”使用人部屋”の感覚なんて存在してないのね。



それにしても
あまりにもずけずけと色々聞いて来るな〜

なんで貴方に
ここまでプライベートな事教えないといけないの?

と思い

明らかに不信感いっぱいの顔で
彼女を見る私。

そんな私達にすかさず彼女が渡して来たもの

それが

”ブルジョワ不動産(仮名)”
の名刺。

そう、彼女

パリの高級物件を専門にあつかう
有名なバブリー不動産の方だったんですね〜。



そんなんで

思いがけず
ブルジョワ専用の名刺を手にした私達。

でも

この名刺が必要になる事は
一生あるまい。

いや、それ以前に

私達が5〜6億もするアパートの見学客と
勘違いする様な人

信頼出来ないわ。

まあ

だから最初

明らかに不信感のある目で
見て来たんだろうけどね。

そう思うとある意味、納得だわ。



もっと良い物件もたくさん扱ってるから
連絡してね

って言われたけれど

いったいどんな物件を持っているんだろう。

趣味”不動産巡り”の私達には
かなり気になるし見てみたいけど

ここはぐっとこらえて
我慢だわね。

世の中には
知っちゃ行けない世界って言うのがあるもんよ。

ふふふ。


皆様今日も
お帰り前に応援クリックお願いします。

押すだけでランキングにポイントがっ!

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン


関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR