06
:
30
   

お熱の壁。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




昨夜

うちの息子ちゃん

突然の

発熱41度!

そして

嘔吐!

そしてそして愛ママ

パニック!!!


我が家が一瞬にして戦場になり
明け方まで戦い続け

今日、ヘロヘロの私です。



保育園に行く様になってから
すごい勢いで病気をもらってくる我が息子。

でもこれ
初保育園や初幼稚園入園児のあるあるらしい。


今まで”家庭”と言う
完全に保護されていた環境で過ごしていた子が

”保育園”や”幼稚園”と言う
共同生活で過ごす事になるわけだから

その環境の変化について行けず

そりゃ〜、体調も壊すってもんですよ。

しかも

子供が10人以上いたら
そのうち1人は必ず風邪気味の子がおりまして

病気移し合いっこの世界です。



通い出して3日目くらいで既に

”お子さん、39度の熱が出ました”

1週間もしないうちに

”お子さん、嘔吐しました”

なんて連絡が保育園からあり

わかりやすいくらい
洗礼を受けまくった息子ちゃん。

かわいそうではあるけれど

こうやって免疫を付けて行き
強い身体を作っているのかと思うと

ママはぐっと耐えて
見守るしか出来ません。



日本では

37.5度の熱が出ると
お迎えに行かないといけないとか
そんな話を聞いていたので

保育園から39度の報告があった時は

”すぐに迎えに行きましょうか?”

と、慌てながら言ったんだけど

それに対して
保育園の答えは

”迎えに来たいなら来てもいいけど

私達が責任を持って予定の時間まで預かるので
大丈夫です。

いざとなったら
契約している小児科医に診てもらうので
安心して下さい。”

と。

それでもついついその日
いつもより早く迎えに行ってしまった私。

お陰様で保育園の先生達から
完全に”過保護の親”に見られてます。

IMG_6563.jpg

こんな感じで

フランスの保育園は
子供が病気でも平気で預かってくれる。

そもそも
ちょっとの病気で親を呼び出すような保育園に
親は預けようとしません。

自分の都合がつかないから預けているのに

それじゃ、何のために預けてるの?
となっちゃうんですね。

IMG_6564.jpg

以前もブログで書いたけど

フランスの保育園の先生達は
育児エキスパートのエリート軍団。

病気の子供の対処法を
ママ達以上に知っている彼らは

病気くらいでいちいち保護者を呼びません。

むしろ
保育園の方が小児科医との連結が取れているので

保育園に任せてしまった方が
保護者としても確実なくらい。

これ

働く親にとっては
とっても頼もしいし有難いよね。


けど、そうなると

病気の子供も一緒に保育園にいるわけだから

そりゃー、病気ももらっちゃうってもんですよ。

便利な分
ここの所は目をつぶらないとダメでね。

病気で呼び出されたくは無いけれど
人の子の病気はうつされたく無いわ

なんて
都合の良い事は言ってられませぬ。



日本では
37.5度で迎えに行かないといけないって言うけど

あれって何でなんでしょうね?

他の子に移されるのが心配だから?

それとも
病気の子を預かる責任が重いから?

それともそれとも
親が病気の子供を自分で看病したいから?

それともそれともそれとも
他の理由?

37.5度ってぶっちゃけ
子供にとっては日常茶飯事なお熱。

誤差範囲で出てしまう様な熱なのに

それでもって

保育園の先生達にとっても
そんな扱いお手の物だろうに。

それでも呼び出され
迎えに行ったり

保育園をお休みさせたりしないといけないとなると

共働きや片親の家庭は
いったいどうなってるんでしょう。



そんな話を先日
日本の友人にしましたら

実際にこの37.5度は
共働き夫婦にとってとても厚い壁になっていて

ドラマ?マンガ?のタイトルにもなっているんだとか。

保育園に預けられない。

でも仕事を休めない。

でもでも仕事をしないと生活出来ない。

じゃあ、どうして生きてゆくの?と。

ジレンマ、ジレンマ。

これじゃ、女性の社会進出が出来ないわけだし

社会に出ている女性が
子供を産むのもためらうわけだよね。

納得ダワさ。



実際に私の日本の友人達は

子持ちは専業主婦で
バリバリのキャリアウーマンは皆独身。

はっきり別れちゃってるもんな。

あ、1人
外資で働く超キャリアウーマンで
2人の子持ちがいるけれど

旦那が自営で時間が自由になるから
これは例外か。



そんな中、最近は日本でも
”病児保育”って考えが出て来て

病気の子でも預かってくれるようになってきてるらしい。

フランスにとっては
ごくごく当たり前の”病児保育”

こういう点も

フランスの女性の社会進出率が90%と高く

それでいて尚かつ
出生率が2を超える国になる理由なんでしょうね。

mainbebe.jpg

でもさすがに

我が息子

今日は保育園はお休みさせて
ベッドで寝かしております。

早く良くなって
またお友達と元気に遊べるようになるといいね。

それまでは
ママが独占しちゃうのですよ

早く元気になってね!
の願いを込めて

今日のポチポチ応援クリック頂けると
大変嬉しいです。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR