10
:
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

サンマリノ

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





トスカーナの田舎に滞在中は
比較的のんびり過ごしていた私達だけど

それでもやっぱり
それなりに観光はしましょうと

その日の気分でぶーーーーんっと。

向かった先のひとつがここ

サンマリノ〜

IMG_8850.jpg

イタリアの中にポツンとある
現存する世界最古の共和国。

そんでもってその大きさは
世界で5番目に小さいらしい。

日本で言うなら
十和田湖と同じなんだって。

国旗の白は純粋さ
そして青がアドリア海をイメージしてるらしいけど

アドリア海からはちょこっと離れた国なのよね。
山頂からは見えるけど。

saintmarino.jpg

車を走らせていると見えて来る

そびえ立つ山の上の城砦は
かなり圧巻ですよ。
sanmarino1.jpg
wikipediaより

標高700mの山頂に築いたため
それが天然の要塞となり

長い歴史の中
ヨーロッパ内で独立を守り抜いてこれたんだそうな。

そんな理由から
”山頂の独立国”
なんて言われてるらしい。

IMG_8891_2015091801170445e.jpg

車で向かうと
城の麓の上の方まで登っていけるんだけど

その道
かなりくねくねくねくね

遠足で行った
箱根のイロハ坂を思い出したわー。

IMG_8837.jpg

そんな山道をどんどんと登って行くと
3つのお城の麓で旧市街地の入り口に到着。

IMG_8848.jpg

ここの駐車場に車を置いて
あとは徒歩でございます。

IMG_8872.jpg

この日は残念な空模様。

雨が降ったり止んだり
あまり落ちついて観光出来る感じじゃなかったのが残念。

でも
そんな事は言ってられません。

来たからには楽しまないと!と
サンマリノ散策を開始〜

IMG_8857.jpg

これが思った以上に大変。

なんせ
ここは山のてっぺんの要塞の中。

どこもかしこもかなりな急坂で
雨でぬれた道が滑るのなんのって。



街なのに
なんだか命がけの登山ですよ。

IMG_8870.jpg

今までだったらうちのダーリンさんに捕まって
きゃっきゃ言いながら歩いたかもだけど

今回は私達以上に大事な命があるので
そうも言ってられません。

パパは息子ちゃんにつきっきりで
愛ママ1人でフガフガ言いながら必死について行く。

途中から晴れてきたので

良かった!
これで多少歩くの楽になるかもな〜。

なんて思ったら

甘い、甘い。

山頂の城と城結ぶ歩道なんて
こんなんです。

崖です、崖。
このがけの上の道ですよ。



IMG_8892.jpg

もう

雨とかの問題でなく
歩くのかなり大変な道。

でもここまで登ったら
後には引けない私達。

パパは息子を連れて
進んでゆく〜
IMG_8885_20150918012905752.jpg

そんでもって
時には急な階段も降りて行く〜。
IMG_8889_2015091801290686a.jpg

そもそもこんなに激しい道だと知っていれば
ベビーカーじゃ無くて抱っこ紐とかにしたのにさ。

麓で見かけたベビーカー連れの家族の多さに
きっと大丈夫なんだと油断して

ついついてっぺんまでベビーカーで来ちゃったよ。

みーんな到着してから
しまった!と思ったに違いない。

説明どこかに書いといて欲しかったわー。
ベビーカー注意ってさ。



そんなこんなで
無事にお城の前に到着した私達。

IMG_8881_20150918014555053.jpg

サンマリノのてっぺんから
地上を見渡す我が息子。

IMG_8878.jpg

すっかりキングの気分に違いない。

いや

ここまで座りながら優雅にやってきた君は
完全に我が家のプチプリンスなのは間違い無いよ。

僕のママとパパは汗だくさ〜。



こんな感じだったサンマリノ訪問。

この国、人口3万人に対して
なんと観光客は年間300万人と言う
観光大国。

うん、確かにそれも納得な
綺麗な街ではあったけど

けど、けど、でもね
残念な事に私達はそこまで好きになれなかったな。

なんせ
小さな小道のほとんどが
観光客目的のお土産屋さんになっていて

もう
情緒が全く無い。

モンサンミッシェルの入り口近辺と雰囲気が似てるね、と
ダーリンとそんな話になりました。

観光でお金を稼いでいると
どうしょうも無い事ではあるけれど

この辺の兼ね合いって
難しいよね。

しかもこのサンマリノと言う国は
GDPの50%以上が観光関係頼みと言う国。

街中がお土産屋さんになっちゃうのも
しょうがないのかな。

パリも観光地の周辺は
お土産やさんばかりになっていて

例えばサクレカール寺院からAnvers駅の通りとか
ノートルダム大聖堂からセーヌ川への道とか

とんでも無い事になっている。

観光都市の宿命ね。



とにもかくにも
イタリアの中の小国サンマリノ訪問。

息子ちゃん、1歳にして
海外3カ国目となった旅だったのでした。

お帰りの前にお手数ですが
ポチポチとお願い致します。

今日の記念にお2つ頂けると感謝です〜。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR