07
:
27
28
29
30
31
   

認定。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




さてさて
イタリアに向かって飛び立った私達。

そして上陸した先は

ここ!

ボローニャ〜
IMG_8707.jpg

イタリアの中では
いまいち存在感の薄い都市ではあるけれど

なんと言ってもここ
美食の街として知られておりまして

”ラ・グラッサ”
訳して
”肥満都市”

と言うニックネームで呼ばれる事もあるらしい。

ボローニャが州都である
エミリアロマーニャ州には

ハムで有名なパルマ。
バルサミコ酢で有名なモデナ。

そんでもって
イタリアチーズの王様と言われる
パルメザンチーズも

全てがこの街近郊のものですよ

そんな街に上陸出来て
終始ご満悦なわたし〜
Aibolo.jpg

かかってこい!肥満都市!



さっそく美味しい物を食べてなくては!

ボローニャでランチをするために
わざわざ早起きして、早い便に乗ったのだもの!

と向かった先のレストランは・・

なんとなんと

閉まってた。



まあ、でも、そりゃーそなのよね。

パリと同じで

イタリアのレストランも
夏の間はお休みにしちゃうんだよね。

開いているのは
比較的観光客向けの所ばかり。

そんなのもちゃんと考慮しておきまして
予め電話したりメールしたりしたけど

応答せず。返信来ず。

これこそがまさに
”夏期休業のサイン”だったってワケですね。



それでも諦めきれない私は
野生の感で美味しそうなお店を探し

たのもーーーーっ!

と飛び込んでみた。

boloresto1.jpg

ら。

一発でノックアウト。

IMG_8776.jpg

美味し過ぎて、頭くらくら〜

IMG_8777.jpg

ボローニャと言えば

何と言っても有名なのが
ボロネーゼ。
IMG_8770.jpg

日本だとミートソースと混乱されがちな
こちらのパスタですが

お味は全然違いますよー。

日本の様にトマト感はありません。
どちらかと言うと”肉”感です。

日本でも”ミート”ソースって名がついてる位だから
”肉”が主役なはずなんだけど

それでもなんとなくトマト感が強いのは

このボロネーゼが
アメリカ経由で入ってきてしまった物だから
なんだとか。

アメリカと言う国で
たっぷりトマトやケチャップが加えられ

そのレシピが
日本では広まってしまったんだって。

そう言えばピザもそうよね。
日本で主流のピザってアメリカタイプだよね。

イタリア料理は
アメリカ経由がお好きな様だわ。

まあ、どっちも美味しいけどさ。



ちなみにこのパスタ

食の都であるボローニャの富裕層達が

大衆料理のパスタの高級バージョンを
私達金持ち用に作ろう!と

フランスの煮込みを利用して
贅沢に作ったのが始まりなんだとか。

金持ちにありがちな行動よね〜。

それでもって
フランス語の煮込みを意味する”ラグー”から

ラグー・アラ・ボロネーゼ

それが略されて
バスタ・ボロネーゼになったのね。

IMG_8713.jpg

さて愛さん

旅行前から楽しみにしていた
ボロネーゼを食べるべく

さっそくメニューで探したら

”無い!?”

”無い! 無い! 無い!”

ボローニャの店なのに
ボロネーゼが無い!

勇気を出してお店の人に聞いてみたら

この、ラグーパスタの事ね。と
あっさりお返事が。

そりゃ、そーだ。

私達はボローニャにいるんだった。

なのでわざわざ
”ボローニャの”なんて言葉はいらないわよね。

”ラグー”だけで十分だわさ。

他のレストランでは”ラグー”どころか
メニューに”伝統のパスタ”しか明記して無かったよ。

ボローニャなのにボロネーゼを食べるの
けっこうハードル高いわー。

IMG_8739.jpg

そんなんで無事にボロネーゼにありつけた私達。
IMG_8770.jpg

気がついたらパスタ3皿食べてたけど
IMG_8773.jpg

息子を入れると私達は3人なので
間違ってない、間違ってない。

ふふふ

食事の後はボローニャの街を散策し
IMG_8720.jpg

ひときわ目立っていたこちらの塔も

IMG_8762.jpg

横から見たら、もう
かなり限界?ピサ超えの傾き方で
IMG_8761.jpg

今のうちに見ておけて良かったわ〜
いつ崩壊するかわからんもんね。と

楽しいボローニャ散策となりました。

bolognaai.jpg

フィレンツェから電車で1時間弱で行ける
こちらのボローニャ。

19世紀初頭まで
都市再建計画が着手されなかったと言う事で

欧州有数の中世の街並が残る
保存状態の良い都市なのだとか。

フィレンツェとはまた全く違う雰囲気で
ちょいと地味な?イメージかもだけど

とっても落ちついていて
私はかなり好きでした

美味しいものを食べに行くだけでも
行く価値あり!

そう断言出来る街ですよ。

パリからも飛行機で1時間半。
ボローニャ空港から市内へはタクシーで均一18ユーロ。

パリからのお勧めのプチトリップ先に勝手に認定です。

と、無理矢理パリにつなげてみた
ボローニャ散策ではありますが

今日のポチッとクリックを頂けると
大変嬉しいです。

よろしくお願い致します。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR