06
:
25
26
27
28
29
30
   

無惨な愛の跡。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





先日ふら〜っと
セーヌ川の方までパリ散歩。

そこでちらっと目に入って来た
見た事も無い景色。

なんだあれは?

IMG_8181.jpg

パリにこんなド派手な
ピンクの橋なんてあったっけか?

あ、パリでよくある
モダンエキスポみたいのでもやってるのかな?

なんて思い近づいた
その場所は

あ"あ”あ〜・・・・

pontdesartsapres.jpg

あ”あ”あ”〜・・・
IMG_8182.jpg

ここ、Pont des Artsじゃ無いですか・・・



Pont des Artsは
パリのセーヌ川にかかる橋の1つ。

その歴史は1802年

ナポレオンの命令により作られた
パリで初めての金属製の橋。

CIMG0912.jpg  

船が激突!やらなんらやらで
途中、閉鎖される時期もあり

今の姿に作り直されたのは
1982年の事だけど

こんな由緒ある素敵な橋が
今はこんな姿になってしまっているのは

IMG_8184.jpg

なんとも、、、とにかく、悲しいなぁ。



事の発端は
2008年頃から始まった

”愛の南京錠”
伝説。

これ

南京錠に恋人の名前を書き
それを橋に施錠し

鍵をセーヌ川に投げ込むと
2人の愛が永遠に続くとかなんとか

そんな伝説。

CIMG0900.jpg

旅行者にはかなり有名で
パリジャン達には何のこっちゃな伝説だけど

2008年から始まった儀式は
あっという間にふくれあがり

5〜6年で橋を崩壊させるレベルに。
(その事を書いた以前のブログはこちら

pontdesarts3.jpg

1つのフェンスに取り付けられてる南京錠は
何百キロの重さと言う事で

そりゃ〜、壊れちゃうよ。

それでもって
いつか怪我人が出るのも時間の問題だわ。

かといって

愛の街で愛の伝説を禁止するのは
いかがなものか、と

そこんとこ変なこだわりも持って
なかなか対策に出れずにいたパリですが

今年の6月
とうとう全部

撤去、です。
pontdesarts8.jpg

全てを透明なアクリル板にするらしい。



”パリ初の金属製の橋 ”
として

歴史的にもとても大事な橋なのに

金属部分を取り除いて
アクリルに変えざるおえないのは

なんだかちょいと寂しいね。

それともこれが
”時代”、そして未来の”歴史”ってものなのかな。

どーなんでしょ。



もう、以前のこの姿は
一生見る事が出来ないのかと思うと
pontdesartsavant.jpg
wikipediaより

やっぱり寂しいな。


でもきっと

単なるアクリル板と言っても
パリ市が頼む一流のデザイナーの元

素敵な橋にしてくれるに違い無い。

早く完成して欲しいわ〜。

少なくとも

こんな無惨な姿から
一刻も早く解放してあげて欲しいなぁ。



IMG_8185.jpg


パリの景色を愛してる方も
そうでも無い方も

お帰りの前に今日のポチポチお願い致します。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR