06
:
30
   

仏男の勝負服。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





最近、このブログの読者様には
男性も多数いる事がわかって来た私。

”パリ好き”イコール”女性”

と勝手に思っていたけれど
フランスと言えば、男性にとっても色々と魅力がある国。

なので男性の読者様がいてくれるのも
ある意味納得だし

そして
それがとっても光栄で嬉しいです。



でも私のブログって
テンプレートがかなり乙女なピンクで

きっと男性の皆様は
外では開く事で着ないだろうなと

そんな心配もちょっと浮上。

変えようかなとも思ったけど
結局このまま現状維持。

男性の皆様
これからも末永くよろしくお願い致します。



そんなフランス好きの男性の皆様に
ちょこっと男性向けのパリ記事を。

あ、もちろん
旦那様思いの奥様達にも参考になる
そんな記事。

それは先日ちろっとお話した
バーゲンの話。(コチラ

うちのダーリンさんが
スーツを3着買ったよ〜。
なんて書いたのですが

そんなフレンチビジネスマン達の
スーツ事情を。

なんとなく日本では
ヨーロッパのスーツと言えば
イタリアのイメージが強いかと。

イタリアでは
チョイ悪オヤジ達がスーツ着こなしてますもんね〜。

そりゃ、エロかっこいいスーツが
たくさんあるわけさ。

その点
なんとなく弱い、フランスのスーツ。

でも、それもそのはず
パリにいらした方は感じたと思うのですが

パリでスーツを来てる人って
けっこう少ない。

日本の様に
サラリーマンはスーツって言う概念が無いし

イタリア程
チョイ悪オヤジのスーツ姿は浸透してない。

なのでフランスのスーツブランドって
そんな有名じゃない気がする。


何をおっしゃる、愛さん!

フランスだってスーツ有名じゃない!
ルイヴィトンだって、サンローランだって
etc etc

って思った方。

うん、確かに。

でも実際

そんなハイブランドのスーツ達
フランスのビジネスマンはポンポン買えませぬ。



うちのダーリンさんの会社は
絶対にスーツじゃないとダメってわけでは無い。

スーツを着るかどうかは
会社の中でも部署によるらしい。

でもって
うちのダーさんは、基本スーツな男。

そんなダーさんが
今回購入した3つのスーツのブランドは

まず1着め

HUGO BOSS

これは日本でも有名ですね。
でも、ドイツのブランドなので説明、省略、省略。

2着目

DE FURSAC

fursaclogo.jpg

オペラ通りの目立つ所にもあるので
見かけた事がある方も多いかと。

フランスではかなり有名なスーツブランドです。

細めでとっても美しいラインの出るスーツが
けっこうお手頃価格で購入可能。

あまりド派手なデザインがなく
とってもシンプルなスーツが多い。

ただ、ちょっとスリムな作りなので
体系的に着こなすのは難しいスーツもあり。

fursac.jpg

日本でこのブランドを来てたら
お洒落さんっ

って思われる事は間違い無しですよ。

シャツもシンプルで綺麗。
ネクタイも万人ウケするデザインが多い。

日本に置いて来た彼氏へのお土産に良いですよ〜。

スーツは
20代後半〜40代前半までの方にお勧めです。

DE FURSAC
(ドゥ フルサック)

予算
スーツ:約650〜900ユーロ
シャツ:約100〜200ユーロ
ネクタイ:約100ユーロ

ホームページは
コチラ
店舗情報は
コチラ

3着目は

FRANCESCO SMALTO

francescosmalto.jpg


1962年創業の
フランスのスーツブランド。

こちらのスーツには
私もダーリンも1発で魅了されました。

私達が大好きなブランドです

でも日本人で知っている人は
ほぼ皆無?かも。

フランスではけっこう有名でして

GQ のサイトの言葉を
そのまま引用させて頂くと
こちらを参照にしました)

”フランスNo 1のテイラー。

007の初期の衣装をてがけ
各国の大統領やヨーロッパ、アラブ、アフリカの国王など
世界的VIPを顧客に持つ

フランスの最高峰。”

だそう。

しかも現在

サッカーフランス代表のスーツを手がけているのも
このブランド。

francescosmaltobleu2.png

こちらのスーツを着ると
なんとも知的な男に見えるんですよ。

サッカー選手じゃないみたいでしょ?
ベンゼマ(右)だけ、ちょっとすっとぼけちゃってるけど。
francescosmaltobleu.jpg

そんな事を聞くと
ひぇ〜、高そう〜。ムリムリ。

なんて思っちゃうけど

彼らが購入しているスーツは
”オートクチュール”

でもこちら
一般の方用にちゃんとプレタポルテもあるので
そこは心配ご無用です。

プレタポルテだからといって
高級素材の生地を使っているのは同じ。

その触り心地、着心地
その軽さ、軽やかさ

それでいて
美しいフォーム。

世の男性陣を魅了するスーツなのは必至。

日本では売られていないのが残念だけど
だからこそフランスに来たら
”買い”のスーツです。

着た瞬間から
気分はジェームスボンドです。

30代以上の方にお勧め。

Francesco Smalto
(フランチェスコ スマルト)

予算
スーツ(プレタポルテ):900〜2000ユーロ

オートクチュールのお値段は、、、知りません。
多分、ぴんきりと思われる。
誰か、オーダーした事ある方がいたら教えて下さい。

ホームページは
こちら


男性の皆さん
そして
ご主人思いの奥様方

フランスのスーツ達
いかがですか?

もちろん日本にも
素敵なスーツはたくさんあるけれど

フランスに来たら
フランスのスーツを思いきって試してみるのも
良いのでは?

今日はそんなちょっとした
男性向けのブログ、なのでした。

男性の皆様はもちろん
スーツ好きの女性の皆様も
お帰りの前にポチッと応援クリックお願い致します。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR