06
:
30
   

ついに決着♡

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


12月の予約まで受付しております。


突然の事後報告なのですが

実はうちの息子ちゃん

9月から保育園に通う事になりました〜。

creche.jpg  

保活の様子を
このブログで散々書きまくり

色々と試みるも
全て落ちて

全然ダメー!!!!

と発狂していたのですが

あれから色々と悩み、ダーリンと話し合い

結局、空きがあった
私立のクレッシュ(保育園)に入れる事に決めたのです。

IMG_6567.jpg

皆様に報告が遅れたのは

実は私自身がフランスのクレッシュに
100%の確信を持っていなかったから。

と言う
なんとも情けない理由。



フランス人

特にパリジャン達にとってクレッシュ入園は

まるでお受験戦争のように
熾烈な争いの上に勝ち取る勝者の行き場になっていて

クレッシュに入れると言うと
誰もがかならず

”おめでとう!!!!”と言って祝福してくれる
そんな場所。

なので私も
その波になんとなく乗っかって

息子をクレッシュに入れたい!と
熱望する様になったんですね。

そもそも
私が家にいるので

保育園はそこまで要してなく

ましてや

一時託児所や、ベビーシッター
ヌヌーさん、保育ママ

”預ける”事だけを目的にしている場所との定期契約は
全くもって必要でない。

息子一人くらい
愛ママじゅうぶん、みてられますもの。



でも
やはりクレッシュと言う物は
フランスでも何となく”特別”な存在で

例えば私のバイブルのこちらの本では



”フランス人は子供をクレッシュに入れなければ
子供が大切な事を逃すのではと恐れている。”

と書かれてる。

まさにそんな感じ。

日本人にとってはこの感覚
イマイチ理解し難いかもしれないけれど

例えば誰かの子供が
7〜8歳になっても小学校に行ってないとすると

多分、なんで?

って思うでしょ。

もう7歳なんだから学校に行って
皆と一緒に学ばないと!と。

むしろそっちに近いのかも。

1歳近くになっても
ママと2人きりだったうちの息子ちゃんに対して

まわりのフランス人達は
そんな反応だったんですよ、実際。



息子ちゃんが11ヶ月の時に参加した
従兄弟の結婚式では

クレッシュ等の話が散々出て

まだ決まって無い!と言うと
明らかに驚かれ

一時託児所は?保育ママは?と
どんどん聞かれるのです。

それどころか普通に

”え?じゃあ、今までだれが見ていたの?”
と言う人も。

フランス人の頭の中に
1歳までママと2人きりと言う選択肢が
完全に無いのですね。



そんなこんなで
どちらかと言うと回りに流され
クレッシュ争奪戦に参戦した私。

まあ、元来
お受験とか好きなタイプだから
簡単に乗っかっちゃったのね。

多分東京に住んでいたら
息子を幼稚園や小学校受験させてもん。

そもそも大学生の時
お受験塾の先生のバイトしていた位ですからねー。



でも結果は散々で
全部の区の公立クレッシュに落ちまくった私。

そんな中

どうにか空いている私立のクレッシュを見つけ
そこに入れる事にしたんですね。

けれどもやっぱり
なんとなく半信半疑なジャポンから来た私。

1歳の子供に保育園はまだ早いんじゃないか?とか
ママと一緒にいる方が良いのでは?とか

色々と悩みまして

もし数週間通って
息子に負な変化が現れるようなら
すぐに止めさせよう。

そう思ったので
このブログに書かずにおりました。

IMG_6563.jpg

んが、だがね、しかし

もう、通い出して数日後から
ビックリ仰天、感激の日々ですよ。

明らかに息子が良い意味で成長して行っているのが
目に見えてわかるのです。

母ちゃん今まで
1人で何を頑張っていたんだろうと
ちょっと反省してしまうくらい。

通って1週間で

椅子に座りながら
大人しくお絵描きが出来る様になりました。

2週間もたたないうちに

自分でスプーンを使って
ご飯を食べる様になりました。

自分でお水も飲む様になりました。

さらに

行動範囲がかなり広がりました。
喜怒哀楽の表現が豊かになりました。
今まで以上に社交的になりました。

etc  etc

書き出したらきりが無い位
たくさんの成長を見せてくれてます。

IMG_6564.jpg  

初日のお試し学級で
1時間、私がつきそった時は

お絵描きの時間
他の子供達が大人しく座ってお絵描きしてる中

うちの息子だけ落ち着きが無く
椅子に座ってられず

やっと座ったと思っても
テーブルのペンをあちこちに投げるだけで

どうしたもんか
どうなるのかと思ったけど

あっという間に出来る様になるのよね。

私も今まで何度もお絵描きに挑戦させたんだけど
完全に相手にされなかったのにー。



でも、保育園の先生曰く

3歳までの子は、教えても学ばないけど
人を見て学ぶ能力は大人以上なのよ、と。

お母さんが必死に教えるよりも
同年代の子の姿を見て真似するのが
何よりも学びやすいのよ。と。

ごもっともー。



先日迎えに行ったときは
皆でテーブルを囲み

座りながらおやつを食べてたんだけど

皆があまりに良い子で
大人しく食べていて

それでもって
うちの息子もやっぱり大人しく食べていて
隣りの子と見つめ合いながらニコニコニコ。

それだけでも驚きだったけど

食べ終わった後
1歳ちょいの子供達が

食器やスプーンを先生の元に持って行き
生ゴミ、リサイクルゴミ、

先生の言われるがまま
ちゃんと分けて捨てていて

その後はよだれかけを
洗濯カゴに入れていて

最後は先生にお口を拭いてもらうと言う流れを
完全にこなしてました。

愛ママ、これにもびっくりよ。
1歳って、こんな事も出来るんだねー。



なんせ初めての子育てだから
どの年齢で何をさせてあげれるのかがわからず

そんなのもとっても勉強になりました。

でも、それもそのはず。

フランスのクレッシュの先生達は
育児のエキスパート。

クレッシュで働く為には
訓練学校に通う必要があり

とある有名な訓練学校は
500人の受験者のうち30名しか入れない
かなり狭き門。

受験教科は
論理的思考力・読解力
数学・人間生物学のテストを受け

二次試験では心理テストと口述試験。

さらには専門家達からの
質疑応答が待ち構えている。

合格者達は
政府のカリキュラムに従って
一年間の講義とインターンシップをし

そこで子供の栄養学と睡眠と衛生学の基礎
そしてもちろんミルクの作り方やおむつの替え方などの
基本も全て学ぶ。

そしてそして

卒業したからと言ってさらに油断は出来ない。

卒業後も毎年1回
1週間の追加研修が義務づけられている。

もう、本物の育児のプロなのですよ。



これは異国から嫁いで来て
フランスの育児を知らない私には本当に助かる。

困った事があると
何でも相談にのってもらえるから有難い。

なんせまわりに聞ける人がいなかったからねー。

悩んでいる事も
彼らが”それは普通よ”と言ってくれるだけで
なんだか救われるんですね。

そしてもう1つの利点はやっぱり

今まで家で2人きりだった時は
家の事をやる時など、なかなか相手に出来ずにいて

なんやかんやとバタバタして
息子と集中して遊んであげれなかったりしたけれど

クレッシュに行く様になってからは

息子のいないうちに
自分の用事を全部終らせてしまうようにしてるので

一緒にいる時は
今までよりもベッタリ出来るのが
私としては最高です。

なんだか前よりも
親密度が増した気がー。

うふ

そんな色々な意味から
クレッシュに入れて本当に良かったと
既に思っていて

これからずっと続けさせるつもり気まんまん。

そして今、ここで堂々と
皆様にお伝えする気になりました。

我が家のクレッシュ戦争
応援して下さった皆様

本当にありがとうございました。

事後報告になって
申しわけありませんでした。

oekaki.jpg

でも愛ママ

18時まで預ける契約してるのに
いつもついつい16時に迎えに行っちゃう〜。

だって
ママの方が寂しいのだもの〜

なかなか子離れ出来ない私なのです。

どんどんと成長して行く息子が頼もしくもあり
ちょっぴり寂しいような気もする

悩めるママな私に
今日も応援クリック頂けると嬉しいです。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR