08
:
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ドラジェとショコラティエ。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





息子ちゃんの洗礼式の為に
dragee(ドラジェ)を用意しなくては!

となった愛ママ。

このドラジェって言うのは
慶事で配るお菓子の事でして

結婚式はもちろん
洗礼式でも必須とされるプチギフト。

アーモンドに
色付けした砂糖ペーストをコーティングした物が

伝統的なドラジェとされている。

これは、アーモンドが実をたくさんつけるので
多産・繁栄を意味し

幸福の象徴と言われてるからなんだって。

しかもこのアーモンド菓子の起源
なんと紀元前177年。

古代ローマの貴族の料理人
ジュリアス・ドラジェが

アーモンドを蜂蜜に落とした時に
このお菓子の原型が生まれたんだとか。

dragee1.jpg

紀元前177年って言うと、あれですよ。
日本で言うなら、弥生時代の前期ですよ。

そんな時からローマ人てば

アーモンドを蜂蜜でコーティングした
オサレな物を食べてたのね。

そして、その時のお菓子が
いまでもヨーロッパ全土の伝統菓子として継承されてるのが

これまたビックリよね。




結婚式では
その伝統はなんとなくかわりつつあり

”小さなお菓子”
”小さなお土産”

なら、何でも良いとされるようになって来ていて

先日の弟君の結婚式では
お嫁ちゃん出作りの塩バターキャラメルが配られたり
dragee2.jpg

従姉妹の結婚式は
プチプラントがドラジェとして置いてあったな。
dragee4.jpg

ちなみに私達の結婚式のドラジェは
日本酒のお猪口です。

dragee5.jpg

唎酒師の友達が
私の結婚式で日本酒のプレゼンテーションをやって

皆に日本酒を振る舞ったのよね。

皆で乾杯して
そのお猪口はドラジェです。

お持ち帰り下さい。

みたいな。

なつかし〜わ〜。



さて、話がずれたけど

とにかく愛ママ

息子ちゃんのためにドラジェを用意しよう!と
思い立ちまして

ネットもいいけど
せっかくパリにいるわけだし

散歩がてら、足で探そうじゃないの!と

パリ中の道をうろうろ、うろうろ

お気に入りのパティスリーやショコラティエはもちろん
デパ地下的な場所にも行ったりして

何かかわいいお菓子は無いか〜?
ドラジェは無いか〜?

なまはげ状態で街をさまよい続ける事
数時間。

そんな私の目に飛び込んで来た
こちらのショーウィンドー
IMG_5385.jpg

ま・さ・に

私のドラジェのイメージ通り〜

IMG_5386.jpg

さっそくお店に入って
お味見、お味見。
IMG_5384.jpg

見た目もさることながら
お味だって抜群。

さっそくコチラでドラジェを購入です。

ブルーのおリボンつけて頂きまして
IMG_5753.jpg

そこに、愛ママ手作りのカードをはりつけ
我が家のドラジェの出来上がり〜
dragee6.jpg



さてさて
私がドラジェを買ったこちらのお店

MARQUISE DE SEVIGNE
(マルキスドゥセヴィニエ)

IMG_5757.jpg

マドレーヌ寺院の隣りに店舗がある
小さな小さなショコラティエ。

住所:11 place de la Madeleine 75008
TEL:01 42 65 19 47

mdschoco1.jpg

セヴィニエ公爵夫人がトレードマークの
こちらのショコラティエ
adschoco3.jpg

その雰囲気

ぶっちゃけ、ちょっぴり古くさく
いまいちっ!

感は否めないのだけど
mdschoco2.jpg

待ってるついでに
チョコをいくつか買ってみましたら
mdschoco4.jpg

う、うまし〜〜〜っ

びっくりする程、美味しかったーーーっ

お口に入れるとゆるやか〜に溶けて行き
その滑らかな口当たりと言ったら!

カフェ、紅茶、キャラメル、ブランデー
王道のチョコラを4つ程買ったけど

それぞれのフレーバーの味が
どれもしっかりしてはいるけど

主張し過ぎてなくて

カカオが香るチョコとの調和が心地よい。

あっと言う間に、瞬殺よ。

odschoco7.jpg

私は、はっきり言って
ピエールエルメやマルコリーニよりも
断然、こちらの方が好きですよ。

ゴディバは相手にもならないくらいよ〜。

特に、紅茶のチョコが美味しかったな。

もちろん
洗礼式のために買ったドラジェも大満足だけど

ついでに美味しいチョコにも出会えて

ドラジェ探しの旅は
想像以上にHAPPYな結末を迎えたのでした。



ちなみにドラジェは
小さいBOX(30g) 3.8ユーロ
大きなBOX(35g) 6.2ユーロ
dragee6.jpg

リボンのカラーも選べますし
中のドラジェの色もたくさんあって

自由に組み合わせが出来てかわいい〜。

dragee3.jpg

お店のHPはコチラ

なんだけど

HPもなんだか古くさくて
ちょっとダサいのが残念。



まだ日本には店舗が無く
そもそも日本ではそれほど知られて無い

フランスですら
なかなかマニアックなショコラティエ

でもお味は美味しいし

皆と同じものは嫌だわ!
って方にはお勧めのショコラティエですよ


お帰りの前にお手数ですが
今日のポチポチとお願い致します。
押すだけでランキングに点数が入ります。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR