08
:
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

レストランの裏?マナー。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


8月の予約受付開始致しました
夏のパリでお待ちしております


海外旅行にするにあたり
気にしなければならない事は多々あるけれど

フランスに来る方で
特に気にかけて欲しいのは

レストランでのマナー。

フランス人は食事の文化を非常に大切にしておりまして
それゆえ、そのマナーもなかなか厳しい。

でも

観光客の人達に
突然フランスのマナーを期待するのは

これははっきり言って無理な話。

なんせ文化が違います。

フランスで良いとする事が
海外でも良いとは限らない。

例えば中国では
大皿を皆で分け合うのが普通で

ちょっと残す事で
”食べきれない位じゅうぶん満足!”を意味する

なんて聞いた事があるけれど
フランスではそんな文化ありません。

そしてフランスで有名なアジア人の特徴として

”音をたてて食べる”
って言うのがありまして

これはフランスでは絶対にしてはいけないマナー。

でも中国や韓国の方って
比較的音を立てながら食べてる人が多いし

日本人だってラーメンやお蕎麦を
ずるずるしながら食べるよね。

ze.jpg

日本人はアジア人の中でもマナーが良いから大丈夫。

私、テーブルマナー、勉強したもん。
だから大丈夫よ。

なんて思ったら

それ大間違い。

実はテーブルマナーでは学べない
数々の隠れマナー?がフランスには存在するのです。

そして残念ながらフランスで日本人も

”レストランマナーを知らない旅行者”
と言われちゃってるのです。



日本人はレストランでは比較的大人しいし
食事だって綺麗にする。

まわりにも迷惑をかけてないし

なんでいけないの!?

なんて思うかもしれないので
その独特の理由、ちょっと説明致しますね。

とりあえずここでは
フォークやナイフの使い方
ワインの飲み方etc

そういったよくある常識的マナーはおいといて

日本人がやりがちな
実はダメなマナー達をご紹介。

① 予約時間より早く来る。

フランスではお呼ばれされても
ちょっと遅れて行くのがマナーの国。

レストランだと時間通りはまだOKだけど
日本人はなぜだかちょっと早く来る人が多いらしく
これは店にとって迷惑なのです。

② オーダーをなかなか決めれない

メニューを見て
どうしよ〜 どうしよ〜とずっと悩んでいるのは
圧倒的に日本人が多いらしいです。

お店の人は忙しいのに何度もオーダー取りに行くのは
本当に面倒な事。

③ アペリティフ&酒、無し

フランスでは食前酒の文化が一般的。
レストランの席に着くと
”アペリティフは?”って聞かれる事が多い。

これに対してNOと答えるのは
日本人が多いんだって。

④ シェアする。

美味しい物はシェア!
お皿をつつきあってこそ友情よ!

な文化の日本。

これ、フランスではアウトですよ。
自分のお皿は自分で食べるのがマナー。

よく”前菜をシェアします”
なんてのを日本では普通にやるけれど
フランスではこれNGね。

パリでもOKしてくれる店はたまにあるけれど
それは観光客の為の特別サービス。

⑤ 音をたてて食べる

やはしフランス人に比べると
日本人は音をたてて食べる事が多いらしい。

これは本当に嫌がられます。

⑥ お皿を手に取って食べる。

お茶碗などを手に持って食べる文化の日本。
フランスではお皿を持ち上げるのはマナー違反。

どんな小さなお皿でも
基本は手に取って食べてはいけません。

⑦ パンの食べ方

パンは高級レストランなら
各自お皿の上に出してくれるけど

街のビストロなんかでは
大きなカゴとかにどかんと出て来るのが普通。

自分の分のパンをとったら
皆さんどうしてます?

これ、テーブルに置くのが普通。

でも日本人的感覚からすると
ついついお皿の上におきたくなっちゃうよね。

テーブルの上に直に置くなんて
なんとなく衛生的に良く無さそうだし無礼っぽい。

でも、これはフランス流じゃないのです。
パンはテーブルに置くのが普通なのです。

そしてパンを裏返して置くのは
完全なるマナー違反。

不幸を運んで来ると言われてます。

⑧ お会計を割り勘にする。

これ、もちろんフランス人もやります。
でも、すっごくスマートに、、、
基本はカードで割り勘です。

それに比べて日本人は
なんとなくごちゃごちゃとしてて

しかも、皆が現金で払ったりするらしい。

カード社会のフランスで
お店にとってはこれはなかなか面倒なんですよ〜。

⑨ 荷物が多い

なぜだか日本人は荷物が多いと思われてます。

レストランは食べに行く場所。
なるべく身軽で行きましょう〜。

⑩チップが無い人が多い

チップ慣れしてない日本人
ついついチップを忘れてしまう方は多いです。

まあ、フランスも
どんどんチップ文化は廃れてきてはいるけれど

それでもチップを期待する店は
まだまだ多いのが現実。

⑪ 鼻をすする。

これ、フランスでは有名なNG行動。
鼻水が出たら、ティッシュでかむのがマナー。

日本ではすする方がなんとなくお上品だけど
フランスでは”豚”を連想するくらいお下品な行為。

こんな人の隣りでは食事したくないと
そんな事を言われても仕方が無い位

レストランではNGな事なのです。

⑫ 挨拶が無い


お店に入っても定員に
こんにちわ、こんばんわを言わない。

お酒を注いでもらっても料理をサーヴしてもらっても
ありがとうを言わない。

お皿を下げてもらう時に
美味しかった等を言わない。

帰る時もさよならを言わないetc

挨拶を重んじる国フランスにとって
これはかなり無礼な事です。

確かにレストランで自分たちはお客様。

だからと言って
やってもらうのは”当り前”感覚は
フランスでは通用しません。

caillebotte.jpg

さて、皆さんどうでしょう?

知らずにやってしまったマナー違反
身に覚えがないですか?

特に

遅刻しない様に早めに行くとか
鼻は皆の前でかまないですするとか
パンはお皿に置いておくとか

むしろ、良かれと思っている事が
実はフランス流ではなかったりするんですね。

でも、しょうがないのです。

なんせ文化が違うのだから、、、。



でもやはり
郷に入れば郷に従え

旅行すると言う事は
その国にお邪魔すると言う事

なのでその国にあったマナーで過ごすのは
当たり前の事なんですよね。

これらのマナーを知っておけば
フランスのレストランに行くのは
さらに恐く無くなるはず!

フランスにいらっしゃる予定の方の
少しでも参考になれば嬉しいです。


お帰りの前にお手数ですが
今日のポチポチとお願い致します。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR