08
:
24
25
26
27
28
29
30
31
   

寛容な国。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとクリック
お願い致します
押すだけでランキングに点数が入ります。


今日は2月3日。
節分ですね。

って

日本はもう4日になっているので

すでに過去の話か
はたまた364日後の未来の話?

うーん、時差って面倒ね。



この節分ってもの。
実は年に4回あるって知ってました?

漢字でわかるように
”季節を分ける”日なわけだから

年に4回は納得と言えば納得ですよね。

その中でも特に春になる日の立春の前日が
江戸時代以降有名になり

節分として定着したんだとか。

やっぱ、春は待ち遠しい〜

この冬から春の季節の節目は
昔から大事だったのね。



ちなみにこの節分
毎年2月3日のイメージがあるけれど

実はこれ、間違いで

1984年まで閏年の節分は2月4日だし

2025年からは
閏年の翌年は2月2日になるらしい。

なので
”私の誕生日は節分
なんて思ってると

あらら、大変、おかしな事に!

”僕たちの結婚記念日は節分
なんて記憶してると

2025年以降
奥様の怒りを買うことに!

要注意ですよ〜。



さて、この節分
フランスにはもちろん存在しない行事でして

でも

日本の血を受け継いでいる息子ちゃんのためには
それなりにちゃんとイベントをするべきか

愛ママとしては悩むところ。

だからと言って
じゃあ、やりましょう!と思っても

福豆ってどこで買えるんだ?

鬼のお面は?
まさかの手作り!?



かなりハードル高いイベントになりかねない。

しかもうちのダーリンが鬼の仮面被ったら
そりゃ、鬼じゃなくて天狗だよ、天狗。

鼻、飛び出るもん。

天狗おっぱらっちゃダメでしょ〜。
いかんでしょ〜。

違うイベントになりかねん。



じゃ、じゃあ、それなら太巻きでも食べる?
恵方向いてさ。



チラリと思ったけれど

私、東京出身だからそんな文化無かったし

そもそも”恵方巻き”って

1998年にセブンイレブンによって付けられた
出来立てほやほやの名称だから

私が子供の時は
存在してなかったのよね。

私の未経験文化を息子に継承するのも
なんかいまいち説得力にかけるわ〜、、、と、

なんやかんやと理由をつけ

結局何もやらなかった私。

ごめんよ、息子。私、ダメ母だわ。
来年は何か考える、多分!



しかし日本て
本当に色々な伝統行事があって

出来る事ならそれを全部
息子ちゃんに体感させてあげたいけれど

これはナカナカ難しい。

海外在住者の悩みだわ。



そういえば以前

”日本で行なわれるイベント”の話を
ダーリン側の親戚達をした事がありまして

日本のクリスマスはね
家族じゃなくて恋人と祝うんだよ〜

とか

ハローウィンはどちらかと言うと
大人の仮装パーティー化してるかな。

六本木の夜は凄いよー

なんて

色々と話をしていたら

叔父が真面目な顔で

”日本人は島国で

単一民族、単一宗教の
閉鎖的な国民だと思ってたけど

日本の文化をちゃんと守りつつ

キリストの誕生も祝い
ケルトの伝統も祝い

とても多民族他宗教に寛容な国なんだね”

と。まさかの賞賛。



なんと言う前向きなとらえかた!

確かに

クリスチャンでなくても
クリスマスを祝う日本人。

他宗教に寛容な国民。と言えなくも無い。

うん、無い、けれど

実際に

宗教的や民族的な事を考えながら
クリスマスにケーキ食べてる日本人って

どれだけいるんだろ。

単なるイベント&お祭り好きな国民の様に
私には思えるけれど。

そもそも私も
完全なるそーいうタイプ。

おまつり、わっしょい。
大好きです。

祝えるものなら
何でも祝いたいタイプです。

あは


フランスは
確かに多民族国家だけど

宗教が混在してる事が無くって

キリスト教の人は
キリスト教のお祝いだけをするのが普通だから

この
”色んな宗教を祝う”
と言う日本の風習は

どうも不思議に写るらしく

結果
”他宗教、多民族に寛容な国民”

と位置づけられたらしい。

CIMG6337.jpg

とりあえず

「ま、まあねっ」

と答えておいたけど
何となく気まずかったのはきのせいか?



クリスマスが過ぎた今
次のお祝いイベントは4月の復活祭。

日本に比べると
お祝い行事が少ないねぇ。

でも
飲んでお祭り騒ぎの日は
間違い無く日本より多い

フランスの日常なのです。

皆様お手数ですが
下のボタンをポチッとクリック
お願い致します


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ




パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック



食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR