10
:
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

フランス国民の力。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとクリック
お願い致します
ランキングに参加しております。

前回の”中傷コメント対策記事に
たくさんのメッセージありがとうございました。

想像以上にすごい反響で
私自身がかなりビックリしております。

それについて
色々と書きたい事もあるのですが

今日はパリで起きたテロ事件について
書きたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の記事はle mondeChalie Hebdoから
画像をお借りしています。
なので後日削除する事があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Je suis Charlie
(私はシャルリー)

jesuischarlie.jpg



フランス国民が一致団結して掲げてる
合い言葉。


2015年1月7日
午前11時20分

フランスで衝撃的な事件が起きました。

charlie3.jpg

日本のマスコミでも報道されているので
ご存知の方も多いかと思いますが

風刺週刊誌を発行するCharlie Hebdoのオフィスで
銃撃テロが起きました。

12人が死亡し
さらに怪我人も出ております。

acharlie4.jpg

かなり過激な風刺画で知られる
Charlie Hebdoは

charliehebde5.jpg chaliehebde.jpg charliehebdo4.jpg

そのせいあってか
敵もかなり多く

2011年には1度
オフィスが全焼させられると言う

そんな事もありました。

それ以来

つねに警察が一人
警備にあたっていたのですが

そんな警察も狙撃されての犯行です。



これに対して
フランス国民は非常に怒っております。

見た事も無い位の規模で
フランス国民が一致団結して

この件に関して
立ち上がっております。

昨晩は全国各地で
大規模デモが行なわれまして

パリのレパブリック広場には
3万5千人の人が集まりました。
charlie1.jpg

事件を知った日本の友人から
心配のメッセージが届き

デモの話をした所

それは”イスラム系を弾圧せよ!”と言うデモ?

それとも
”テロ対策が出来る国家にしろと言う
国への怒り?”

と聞かれたのですが

いいえ、全然違います。

普通ならそうかもしれませんが
フランス国民は違います。

これは

”自由”
へのデモです。

charlie2.jpg

フランス国民は

”自由”を脅かす存在は
どんな相手であろうが許しません。

これ

日本人の感覚からすると
少し理解が難しいかもしれませんが

フランス国民は

1789年のフランス革命で
自由を勝ち取りました。

その事に対して
誰もが誇りを持っております。

”国民誰もが表現の自由、言論の自由を持っている”
と言う不動の考えがあります。

なので

日本に比べると

フランスは報道などに制限が少なく過激で
ジャーナリスト達はかなり力を持っております。

思っている事を表現をする。
考えている事を言う。

国民誰もが持っている権利なのです。

なので今回の事件は
単なるテロでは無く

ジャーナリスト達が殺された。
イコール
フランス国民の自由が殺された。

と思っており

フランス国民全員が持っている魂を
傷つけられた。

と言う考えに発展してるのです。

オランド大統領もTV演説で
「フランス共和国全体が標的にされたのだ」

と宣言しました。



Je suis Charlie

jesuischarlie2.jpg

銃でなくペンで
最後まで戦ったCharlie Hebdo。

そんな彼らの生き様を
フランス人全員が支持しております。

私達誰もがCharlie Hebdo

言論の自由を貫き
どんな圧力にも屈しない。

それを合い言葉に各地に集まっているのです。

charlie5.jpg

言論の自由を守る為に立ち上がれ!
フランス国民の魂を守る為に立ち上がれ!

と言う思いで

皆がこの
Je suis Charlieの言葉をかかげたり

ジャーナリストの必須アイテムである
ペンを空高くかかげたりしております。



多分

標的がルーブル美術館だったり
エッフェル塔だったり

そんな単なる
大規模狙いのテロ事件だったら

ここまでフランス国民が
一致団結して立ち上がる自体にはなってく

襲われたのが
表現の自由を代表する様な風刺画週刊誌の
Charlie Hebdoだからこそ

ここまでの規模になってるのだと思う。



これからフランスにいらっしゃる予定の方

フランスのテロの警戒レベルが
最高に引き上げられたので

心配されている方もいらっしゃるとは
思いますが

とりあえず今の所

街の雰囲気は
今までとかわりありませんし

パリ市民は新たなテロに関しての心配は
それほどしていない様に思えます。

むしろ

フランス人はフランスの力を信じていて

ポリスの優秀さや軍の強さに
誇りを持っておりますので

テロを恐れるなんて
恥ずかしい。

テロに負けるはずがないと
本気で信じて疑っておりません。

むしろ今回の事件で
さらにテロへの厳戒態勢が強化されたので
大丈夫!

と思ってる人の方が
多い位かもしれません。

そもそも
新たなテロを恐れる位なら

各地で集まってデモなんてしません。

そんな場所
一発で狙われてしまいますからね。

それくらい今

フランス国民達の熱気で
パリの街は熱くなっております。

もし

このブログを読んで下さってる方で

本当にフランスを愛していて
パリが大好きと言うならば

ぜひパリを恐れないで

フランスに来て欲しいです。

ここで恐れてしまっては
テロに屈した事になってしまうから。

って、

何かあっても何の責任も取れない
単なるちっぽけな人間の私が

こんな事を軽々しく書いてはダメですよね。





改めて

フランス国民の強さと
その誇り高さを目の当たりにしております。

日本人として客観的に見ても
その一致団結してる姿は素晴らしいなと思います。


日曜日は
さらに大きなデモ行進が各地で行なわれる予定です。

交通機関等に
影響が出て来ると思いますので

パリにいらっしゃる予定の方は
注意して下さいませ。

ランキングに参加しております。
下のボタンを押して下さると大変嬉しいです。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック



食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

関連記事
スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR