FC2ブログ
   
02
:    

幼少期の友情。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

お迎え時にばったりと会った
王族ママと(意味不明の人はこちらからどうぞ)

一緒にてくてく歩いていた時の事。

私達の目の前には
お互いの息子がいて

それはもう仲良さそうに歩いている。

そんな2人を見ながらだったので
自然と話題は2人の事に。

 

幼稚園に入った時からつるんでいた
5人の仲良しクループは

2年経った今も
こうして仲良しで

それはけっこう
すごい事だと思うのです。

なぜならそれはきっと
”本能”で気があうと言う事で

この先
行く道が違ったとしても

合えば仲良しな関係に
なれると思うのです。

IMG_7761_20200116070852a7f.jpg 
2年前の2人。

ただ
その仲良しグループの中でも
1番の親友だったレオンが

この夏に引っ越してしまい

でもって
このP君ともう一人のL君は

来年から
彼らのお兄さんお姉さんが通う
違う小学校に変更予定。

なので
5人のドリームチームも
来年は残り2人になってしまうんですよね。

そう思うと
なんだか儚いな〜。

なんて

ママとしては思ってしまいます。



私にも3才くらいから仲良くしていた
幼馴染と言う存在がいたけれど

気がつけば疎遠になっておりまして

小学校の友達も
大学生くらいまでは

頻繁に会っていたけれど

気がつけば疎遠に。

中高からや大学時代の友達とは
今も交流があるけれど

幼少期の友情を続けると言うのは
絶対に難しいと思うのです。



そんな話で
P君ママと盛り上がっていたのですが

そんな中
彼女がこう言った。

子供はね
どんなに小さくても

仲良しのお友達の事を
覚えているものなのよ。

でも
色々な事情、主に親の都合で
一緒にいるのが難しくなる。

そんな彼らの友情を
上手に続けさせる為には

私達親がどう行動するか、なのよね。

と。

って、

なーるーほーどー!



確かにこれくらいの年齢の友情は
親次第。

だって自分たちで予定立てて
会って遊べるわけではないので

親が消極的だと
絶対に自然消滅してしまうんですよね。

でも
幼少期の子供の出会いを
大事にしたいなら

小さい時は
親同士がしっかりと連絡を取り合うべきなんですよね。



その発言を聞いて
確かに!と思った私。

せっかく見つけた
4人の大親友。

今の息子にとって
かかせない存在の4人。

彼らがいる事で
学校生活を楽しんでいるし

人生すら楽しいのであれば

ママとしては
それが続く様

サポートしてあげるべきなんだわ。

IMG_2057_20200116073422eb2.jpg 
レオンとT君と。2年前

9月に引っ越してしまったレオン。

引っ越したからと
ちょっと諦めモードだったけれど

ここはむしろ
ママにとっては腕の見せ所!?
なのかもしれない!

なんて

ちょっとメラメラした私。



そんな私の目をみつめ

そうなのよ!
だからこれからも仲良くしましょう!と

ぎゅっと手を握ってきた
Pくんママ。

って

あ、あれ?

もしかして彼女の発言は
私と交流を続けたいって意味だったのか?



昔から

なんだかやけに気に入られているのには
気づいていたけれど

いまもその思い
継続中なのね。

11月には
感謝祭にも誘ってくれたしねー。


もちろんこれからも
彼女とは親交を深めて行く予定。

なんと言っても
彼らの正体がわかるまでは

私としても
引くに引けないですからね。

なーんて

ちょっと邪な事を考えてしまう
ダメな母さんな私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


電子書籍が
Amazonや楽天などで
好評発売中
こちらをクリック

著者:マダム愛
出版元:翔泳社
販売価格:495円

インスタ開始しました。


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR