FC2ブログ
   
07
:    

言っちゃった!

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

息子のクラスメートF君のママから
1件のメッセージが届いた。

その内容は

来週の土曜日
F君が、うちの息子を家に招待したいから

予定はいかが?

と言うもの。

そう
遊びのお誘いでございます。



私としては喜んで!
だったけれど

息子はもう4才。

まずは彼の意思を聞かないとね、と

念の為
息子に聞いてみましたら

まさかのその返事

”いやだ、行かない”

と。

完全に予想外!!!



え、なに
F君と喧嘩でもしたの?

と聞くと

そうではないと言う息子。

なら、どうして?
と突っ込んで聞いて見ましたら

”だってFは
僕の友達じゃないから”



なかなかシビアな返事が返ってきたわ。



このF君
年少の時も同じクラスでして

初めて息子の事を
お誕生日会に誘ってくれたお友達。

その時

”誰を誘いたい?とFに聞いたら
まっさきに〇〇君の名前が出てきたのよ!”

とF君ママに言われたのだけれども

でもぶっちゃっけ
招待状をもらった時

”え?誰?F君って?”と

私も旦那君も
よくわかっておりませんでした。

息子にはその時すでに
大親友と呼べる4人がいて

いつもその4人とつるんでいたので

予想外の招待状だったのですね。

そんな感じで
1番仲良しではないけれど
なんとなく仲良くしていたF君。

年中さんになっても
同じクラスになったので

もっと親密になるかしら?
と思いつつ見守っていたけれど

新しい友達がどんどん出来る中
F君の事はあまり話題に出てこない。

うーんー、そうなると
息子が言っている事が正しいのかもな。

息子からすると
F君は仲良しの友達ではないのかもな。

でもF君からすると

お家に招待したいくらい
仲良しなのかもな。

2月にF君のお誕生日会に行った時
招待されたのは3人だけで

その中の一人に選んでくれた程だしな。

でも息子にとっては友達ではないのなら

そんな所に一人で行かせるのは
ちょっとかわいそうかな。

いったいどうしましょう。
どうやって返事をしましょう。

困ったー

parc.jpg 

そんな悩みが2〜3日続いたある日の事。

学校に息子をお迎えに行ったら
ばったりF君ママに遭遇。

今年初の学校での遭遇が
メールをもらった直後だなんて

神様って意地悪ー!



やばっ!
返事してないのに!

と思ったけれど
逃げるわけにも行かないので

しっかりと挨拶をし

”お誘いのメールありがとう。

その日はちょっとまだ予定が見えてなくて
また改めてお返事させて頂くわ”

なんて

言ったら

”それならお互い都合が良い日を出して
日程を決めましょうよ”

と、最もなお返事が。

そ、それはそうよね。
そりゃ、そうだ。

なので

”それでは予定をもう1度確認して
連絡するわ。”

と言うと

その答えに不満顔になり
すぐが良いー!とゴネ出したF君。

そんなF君を宥めながら
彼女がうちの息子にこう言った

”Fはね、どうしても〇〇君を招待したい!
一緒に遊びたい!って言って聞かないのよ。

他の子じゃダメなんですって。
〇〇君が良いんですって。

なので遊びに来てね”

と。

そんな彼女の言葉に

息子君

”でも、僕はもうFとは友達じゃないから
遊びに行くことはないと思う”

と。

って

お、

お、

おーーーーーいっ

言っちゃったよ。
正直に言っちゃったよ。
包み隠さず言っちゃったよ。



その直後
気まずい空気が流れたのは
言うまでもないけれど

それに対して彼女がこう言った

”〇〇君、正直に教えてくれてありがとう”

と。


でもね
彼女の言葉を聞いた時

私は思った。

もしかしたら
正直に言った息子の方が
フランスでは正しい振る舞いなのかもな、と。

日本人ならばきっと
私の様な対応をする人も多いと思うけれど

でもそれって
結局何の解決にもならないし
誰にとってもプラスにならない。


子供同士の事は
子供しか知らないわけで

そこは親が決める事じゃなわけで

誘われたからと
無理に遊びに行かせるのも変な話なのよね。

息子が行きたくないなら
その気持ちを尊重してあげないといけないし

彼はかれなりに
それなりの理由があるわけだから

その理由を正直にF君達に伝えたのは
あっているのかもな、と。

Noと言えない日本人の私は
息子にも日本の文化を無理やり押し付けていたのかな。

なんて

色々と考えて
ちょっと反省したりして。



この文化の違いは難しい。

30年以上日本で育った私にとっては
なかなか馴染めないな。

なんて

ちょっぴり思ってしまった私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。
ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR