FC2ブログ
   
05
:    

フランスのマリオネット。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




旦那くんが出張中の
とある水曜日。

この日は学校がお休みだったし
天気も悪いしで

行き場に困った私が
息子と向かったのがこちら

image6_2018052921391203b.jpeg 

エッフェル塔の前

シャンドマルス公園にある
マリオネット劇場でございます。
(HPはこちら



パリでは色々な場所で
伝統的なマリオネットが観れるけれど

行くのを避けていた私。

なぜならかれこれ2年前
シチリアに旅行した時

シラクーザの街で人形劇に行ってみましたら

あまりにも迫力満点のお人形達と
おどろおどろしいストーリーに

息子がガン泣き。

あえなく途中退席をする
と言う自体に陥った経験あり。

それ以来
人形劇は子供には怖すぎる
と言うイメージがあったのですね。

image1_20180529213919a60.jpeg  

実際に人形1つとっても
けっこうな迫力なんですよ。

ヨーロッパのマリオネットって!

marionettes.png 

でも今年の2月

息子のお友達が誕生日会をここで開いたので
息子は既に観覧済み。

特に怖かったとも言っていなかったので
思い切って行ってみましたら

image3_201805292139164ef.jpeg 

ここのマリオネットは完全にコメディ劇。

終始子供達の笑いが絶えない様に
演出されておりまして

時にはお人形達が子供に話しかけたりする
参加型にもなっていて

image4_201805292139159f9.jpeg 

なかなかの楽しさ!

子供達は
かなり喜んでおりました。



今回の劇は
あかずきんちゃんだったのだけれども

最後の終わり方が
皆、ハッピーな感じに演出されていて

そんな所も
小さな子供に観せると言う点では
良かったわ。

image5_20180529213913012.jpeg 

これで4.5ユーロは
お安い〜。

これからは劇の内容が変わるたびに
息子を連れて行ってあげたいな。

image2_20180529213918199.jpeg 

子供用の劇ではありますが

中心部に子供用の小さなベンチ
まわりは大人用のベンチと

しっかりとわかれているので

大人だけで入っても
大丈夫な感じになっております。

なので
フランスのマリオネットを観た事が無い方は
1度行ってみるのも楽しいかもですよ。



こんな感じで
息子と一緒にパリを楽しんでいる私。

幼少期を日本で過ごした私にとっては
2度目の幼少期を楽しんでいる感じだわ〜と

気分は3才の私に
今日の応援ぽちぽちクリックお願い致します。

皆様からの応援があるだけで
ルンルンに踊り出す私の心なのでございます。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

いま火事が起きたとしても。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




5月27日の日曜日は
フランスでは”母の日”でした。



でもって

じゃじゃーんっ
IMG_4346_20180528213544c7e.jpg 

母になって3年目

初めて息子から
本格的な母の日のプレゼントをもらいましたよ〜



学校で作らされた感が満載の
そんなギフトなんだけれども

それでも母としては
これ以上ない最高の贈り物。

IMG_4352_20180528213542d38.jpg 

いや〜
嬉しくて涙が出たね

ほんとにほんとで、ほろっとしてしまったわ。



1才で保育園に入ってから
色々と描いたり作ったりしているけれど

そんなものを
ぜーんぶ取っておいている私。

だってそれぞれにそれなりの思い入れがあって
捨てれないのですもの!

皆さんは、こう言う物を
どうしてらっしゃいますか?

できる事なら一生持っておきたいと
私としては思っているくらいなのだけど

創作初めてほんの3年くらいで
部屋の戸棚がパンパンなので

この先、ずっと取って置くのは無理だろうな〜と
薄々感じ始めている今日この頃。

適当な段階で処分するしかないのかな?
って、そう思うだけで寂しすぎる。



でも

それでも

この母の日のギフトだけは
絶対に取っておく!

もし今、火事が起きたとしたら

私は間違いなく
息子とこれを抱えて走って逃げる気がします。

ブランドのバックも時計も
これに比べれば色あせて見えるのです。

うふふ

IMG_4348_20180528213543a4d.jpg 

今までは
母の日といえば祝う立場だったのに

こうして祝われる立場になり

ああっ
なんだか私って本当にママになったんだわね、と
しみじみ感じてしまった

そんな出来事だったのでした。

と言う
些細過ぎる日常で

しかも
親バカ炸裂ブログで恐縮ですが

育児の記録として書いたので
大目にみて頂けると光栄です。

そして今日の応援クリックを頂けると
さらにさらにそうとう激しく嬉しいです。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

パリでガイドをした話。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




3月の話になるのですが

パリで個人ガイドを引き受けたんですよ!

旦那君が

IMG_1926.jpg 

私が都合のつかない日だったけれど

”日本語が話せる人なら誰でも良い”
と言うお客様からの要望で

旦那君に白羽の矢がたったと言うわけです。



と言うよりも

パリで友達がいないヒッキー女だから
紹介できる人が彼しかいなかったという

寂しい事情もあったのですがね。



今回ガイドのお話を下さったのは
以前、アパートに滞在して下さったお客様。

彼女のお友達ファミリーが
パリに旅行する事になり

ガイドを探している。
と言う連絡をくださったので

私達でよければぜひぜひ!

ガイドの知識はゼロですが
行きたい所には連れて行けると思います!と

お返事させて頂いたのがきっかけです。



せっかくガイドを頼んでパリを回るのだから
普通の観光地じゃつまらない。

そもそも有名観光地は
たくさんの情報があり

パリ市内を走る観光バスに乗れば
どこも簡単に行けてしまうので

自分達でまわるのはさほど難しくは無いはず。

そんな事もあり

私が行き先を決めるよりかは
お客様が自分では行きづらいけどぜひ行ってみたい!と
言う所に行く方が良いよねと

とにかく行きたい所やりたい事などを
全部リストにして頂きました。

そしてそれらの場所を地図に記入して行き
ベストなルートを探し出し

その途中、簡単に寄れそうな
自分のオススメの場所をプラスして

どこにどれくらい滞在して
どんな感じで移動するかを

色々とシュミレーション。

そして予定をしっかりとたてましたよ〜。

O型のくせに、案外几帳面なのさ。私。

ふふ。

IMG_2003_201804032351244ea.jpg 

でもってもちろん

お連れする場所のお勉強も
旦那君にみっちりとさせ

IMG_1951_20180403235126949.jpg 

計、1日半

ご案内させて頂いたのです。



行きたいレストランもリストして頂いたので
こちらで予約をし

レストランにも同伴。

肉料理をご馳走になり
旦那君も大変ご満悦だった様子。

LeProcope.jpg 
イメージ図

今回が
我が家にとって初ガイド。

私が出来ればよかったな〜、なんて思ったけれど

生粋のフランス人である
旦那君に案内される事で

さらに”パリ”を感じる事が出来たと思うし
喜んで頂けたのではと思います

IMG_1925.jpg 

私達にとっては住み慣れた街であり
使い慣れた公共機関であるけれど

初めてパリにいらっしゃるお客様にとっては
完全なる”未知の世界”であるこの場所。

私達の存在がある事で
少しでも安心してパリを楽しめる事が出来たのなら
こんなに嬉しい事はありません。



そして
へいへいぼんぼんな生活をしている私達は
あまりパリを観光目線で発掘する機会がなく

いつも同じ様な生活ばかりをしているけれど

今回は色々とパリを調べたお客様が
行きたい場所をリストして下さった事で

知らない場所をたくさん教えて頂け
とても勉強になりました。

IMG_1926.jpg 

そんな意味でも
ガイドを引き受けて本当によかったわ。



また機会があったらぜひ
ガイドを引き受けたいねと

旦那くんとそんな風に話した
とても貴重な体験のできた1日だったのでした。

パリを好きになってくれる人が一人でも増えれば
私の幸せは増えるのです〜

が信条の私に

今日の応援クリックをお願い致します。
皆様からの応援もこれまた私の幸せでございます。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

おフランスのお誕生日会事情。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


現在10月まで予約受付中です!
パリでお待ちしております。


先日

息子の大親友
L君のお誕生日会がありまして

もちのろんでお呼ばれされた息子君は
元気に参加して参りましたよ。

image5_2018051822484818d.jpeg 

お誕生日会に呼ばれるのは
これで2人目。

フランスは4歳からこうして
お友達を招いてパーティーをするのが
どうも一般的な様です。



でもフランスって

親は子供をパーティー会場に連れて行き
終わる時間にまた迎えに行くのが普通なので

これがなかなか
ホストにとっては大変そう。

3〜4歳児をが家の中で何人もうじゃうじゃ。
とんでもない事が起きそうな予感がしまくりです。



なので
何人くらい呼ぶのが一般的なんだろう?と思い
L君ママに聞いてみましたら

”Lを入れて全部で9人よ!”

と。



ひぇ〜っ
9人の3〜4歳児を1度に扱うなんて
考えただけで恐ろしい。


でもこのファミリーは
2人のヌヌーさんを雇っているから

掃除は彼女たちがやるだろうし
当日もお手伝いも来てくれるんだろうな。

なーんて思いながら
息子を連れて行った当日。

ん?

んんん?

見慣れない女性が1人いて
子供達と遊んでおりました。

しかもその女性、子供達を上手に引率して
円陣を組ませたり歌を歌わせたり

さらにはバルーンで色々と作り出したりして

只者でないオーラがぷんぷん。

こ!これはもしかして!!!!と

思わずぼけ〜っと見ていると
L君のママがこう言って来た。

うちのファミリーはいつもここで
アニメトリスを頼むんだけれども

かなり優秀な人材が多く
とってもオススメよ〜

と。

や、やはし!
彼女はアニメトリスだったのね!

image6_20180518224847718.jpeg 

このアニメトリスと言うのは
言うなれば、プロのイベントオーガナイザー。

子供のパーティーだと
こうやって歌を歌ったりゲームをやったりするし

その他全般の世話(場合によってはおトイレも!)
何でもやってくれるのです。

オプションで料金を払えば

トリターと呼ばれる料理人が
料理やケーキもちゃんと用意してくれるし

デコレーション等も
全部やってくれたりします。

パーティー文化のフランスは
色々な場面でこういうプロにお任せする事があるのですね。



うんうん
フランスにはこういう文化があるのは知っていたけれど

こんな小さい子の誕生日会から
普通に頼んじゃうんだねぇ。

まあ、確かに

プロである彼らは
お誕生日を確実に盛り上げてくれるし

それによって参加者達の満足度は相当高いものになり
思い出深い誕生日になるのは間違いない。

でも
すでにヌーヌーを2人雇っているのに
さらにこんな人をお願いしちゃうなんて

やる事が大胆だぜ!
さすが富裕層!



そういえば
その前に呼ばれたお誕生日会は

シャンドマルス公園にあるマリオネット劇場を
貸し切ったものだったんだよね。

もしやフランス
ものすごいお誕生日会に気合が入っている国?

そうなると
えっと

我が家はどうしたもんか。
こんな立派なイベントやってあげれる自信がないわ。

8月10日生まれの息子。

皆がバカンス中だから
なんなら誕生日会ごともみ消してしまえるな.....

そんな鬼の様な気持ちが
チロッと脳裏を横切ってしまったのは

息子には永遠の秘密です。

そんな鬼の様な母ちゃんで恐縮ですが
今日の応援クリックを頂けると励みになります。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

日本国に出入りする時思う事。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




フランスに住む前からオタクと言えるレベルで
海外旅行が好きだった私。

仕事をやめて1年間
”自分探しの旅”に出たくらいですからねー。

自分は見つからなかったけれど
今の旦那くんと出会うきっかけにはなったので

とっても有意義な1年だったわー。

 

そんな私が
いっつも気になっていた事があり

今回、日本に帰国した際も
”やっぱりかわってないな〜”と思った事。

それはズバリ

”なんで日本の出入国審査の人たちって
あんなに無愛想なの!?”

と。



いやね
これはね

反論があることも覚悟しております。
全員が全員じゃないことも、重々承知です。

でもね

日本の出入国審査を
100回以上こなし

他の国々の入国審査を
これまた色々と体験している私から言われると

日本の出入国審査の人たちは
TOPレベルで感じが悪いーーーー!!!!

残念ながら私は今まで感じがよかった人に
あたった事がないのです。

これってたまたま?

でも、私のこの意見

旅行を何度もされている方は
同意してくれる人も多いかと思います。

IMG_2278.jpg 

そもそも何で
こちらがこんにちはって挨拶してるのに
無視するの?

挨拶って基本中の基本よね。

3歳の息子だって
2年前から挨拶くらいできてるわよ。



しかも態度が
ものすんごい偉そうで

人を不快にさせるレベル。

俺らがここを通さないと
お前らは出入国ができないんだぞ。

と言う
国家権力を握っているからなのでしょうか?

そんな風に思わずにはいれません。

彼らって
初めて日本にいらっしゃる方達にとっては
日本国の入り口の顔になっていて

日本から出国する人にとっては
最後に言葉をかわす日本人かもしれないんですよね。

そこでいっつも良い印象がないのは
本当に残念。

まあ、出入国を管理する
とっても真面目なお仕事で

国家公務員の試験を受けて合格された方のみが行える
特殊な事なのもわかっております。

そんな彼らが
へらへらとフレンドリーに対応するのは
威厳がうんちゃら

そういった事を上から言われているのかもしれません。

でも、それでも
挨拶しない理由にはならないと思います。

仕事以前に人間としての基本だもの!

image2_2018042919203304b.jpeg  

私が行った今までのどこの国も
入国審査の方達って

基本、フレンドリー。

少なくとも挨拶は絶対にしてくれます。

人によってはジョークを飛ばしてきたり
何か話をしてきてくれたりします。

フランスの場合は
警察が行っている仕事でして

出入国に関しては絶対に
日本以上に厳しく目を光らせてるはずだし

本来はすんごい怖くて強くて
力のある迫力満点の人達なのだけれども

ボンジュールの挨拶は当たり前で

子連れの場合は
必ず子供に何か声をかけてきてくれますよ。

cdg4.jpg 

今回は息子の生後3ヶ月の時に作ったパスポートに

君は62cmじゃないね〜って。
軽くつっこんで笑いをとってきましたよ。



私は空港勤務でもなければ
その実情を知っているわけでもないので

彼らの仕事についての真意は
まったくわからないので

単なる1人の一般の旅行者としての意見として
書かせてもらっているけれど

私みたいに思っている人っているのかな〜と
Googleで検索してみたら

出るわ出るわ
私と同意見の嵐!

同じ様に思っている人がたくさんいてくれて
なんだか安心ー。



そんな中でとある人が

入国審査官

公務員

独占業務

サービスが悪くても
客離れの無い仕事

態度が悪くても気にしない。

って書いている人がいた!

なーるーほーどーーーー!!!!



接客が悪いと言われるパリの街で生きている私だけれども

そんな私ですら
これはないだろ!と思ってしまう
日本での出入国審査。

に対する

ちょっとした

愚痴、なのでした。

あくまでも私の個人的意見として
ふ〜ん、と聞き流して頂ければと思います。

そして今日の応援クリックを頂けると
大変嬉しいです。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR