FC2ブログ
   
02
:    

レストラン"L'INITIAL"で心地よい夜。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




1月の中旬

東京から遊びに来てくれた友人が
パリに到着したその足で

そのままレストランに向かった私達。

到着した日って
疲れはもちろん時差ボケもあって

つらすぎるじゃーん!と言う

そんな声が聞こえてきそうなものですが

翌日から旦那君が長期出張だったので
2人でゆっくりディナーできる日はこの日しかない!と

2人で話し合って決めた
そんなスペシャルディナーだったのでござます。

image1_20180129235309b67.jpeg 

この日お伺いしたのは

"L'INITIAL”

ノートルダム大聖堂から
左岸に橋を渡って少し

ひっそりとした裏路地にある
評判の良い人気店。
(HPはこちら

image7_20180131232154919.jpeg 

夜は7品で48ユーロのメニューのみだけれども

あらかじめ苦手な食材を聞いてくれるので
安心してお任せできちゃいます。

image1_20180131232144d08.jpeg 
 
まずは冷え冷えの白ワイン・サンセールで
うえるかむ!パリ!の乾杯を。

そのお供はこちら〜。

image2_201801312321465df.jpeg 

うーん。どれもパイ生地系。



あまりにも簡易的な乾杯菓子に
若干不安になる私。

まあ、どれもパサパサ系だから
飲み物欲しくなって

乾杯にはよかったけどさ。



でも、その後は
期待以上の品がぞくぞくと〜

image3_20180131232147a23.jpeg 

アミューズブッシュのスープ。

これ、紫だけれども
人参のスープなんですよ〜。

人参の旨味とコクがたっぷりとつまっていて
美味!

瞬殺、完食〜。



続いて前菜の1つがこちら

image2_2018012923531108e.jpeg 

フランスの伝統料理の1つである
ブーダンブラン。

でーすーがっ

本来お肉を使用するこちらのお料理を
ホタテで仕上げているのです。

そしてまわりにはお野菜とサーモン。
それを柑橘系のソースで頂きました。

いや〜
あっぱれ!

そこまでブーダンブランは好きではないけれど
これはあっさりとしていて美味しく頂きました。



でもってもう1つの前菜フォアグラのラビオリは

コンソメスープの美味しさに思わずうなってしまう程。

image3_20180129235312aff.jpeg  

おねぎもたっぷりと入っていて
本来重いフォアグラもあっさりと頂けて嬉しかったわ。



さてさて
メインに突入!

お魚料理はスズキさん。

image4_2018012923531310c.jpeg 

ポーションはかなり少なめだけれども
こってり濃厚系のソースなので
けっこうしっかりとお腹にきます。

ただ
そこまで感動する程でもなかったかな。
ソースも普通だったし。

お魚の下にかくれているのがじゃがいもなので
”よくあるお料理”と言う印象でした。

まあ、美味しかったんですけどね。



メインのお肉は4種類から選べました。

でも
4つのうち3つは

リードボー、鳩、ひつじ。
と言う

なかなか個性的な面々。

基本、牛、豚、鶏をと言う
初心者肉を好む私にとっては

4つめのお肉
牛フィレ肉を選ぶしか選択の余地がない!
でも、これだけプラス12ユーロもするよ!

と思っていたら

お店の方がすかさず

”お苦手なお肉類が多いと思いますので

追加料金無しで提供できる牛肉を
特別にご用意しておきました”

と!

うはっ!



なーんて心遣い!!!

image5_20180129235314aec.jpeg 

もちろのろんで
そのお肉

頂きましたよ〜。

ただ
レアで頼んだのに焼き過ぎで
お肉自体もちょっと硬かったので

それは少し残念だったけど

マスタードとフォンドボーの濃厚なソースが
このお肉にぴったりで

なおかつたっぷり野菜も嬉しく

美味しく完食させて頂きました。



お口直しのデザートが
こちら、ミントのアイスクリーム。

image5_201801312321504eb.jpeg 

実はこれも
私用の特別仕様。

本当はグレープフルーツのシャーベットだったらしいけれど

柑橘系やキウイなどで口が荒れてしまうと
ちろっと言ったら

これを用意して下さったのです。

しかも美味しかった〜

ただ
本デザートがダコワーズで

これってお茶菓子ならいいけど
メインで大きく食べるにはちょいとやっかいで

image6_2018012923531665c.jpeg 

もうちょっとシンプルな
食べやすいデザートが良かったなと思ってしまった私。

まあ、ここまでしてもらって
贅沢な話なんですけどね。

image6_20180131232152781.jpeg 

しかしこれで48ユーロは
なかなかのコスパ!

お料理は全体的に
けっこうしっかりとした王道な味付けで
そこまで新しい感はなく

日本でいただくフレンチに似てるなと
そう思ったけれど

まあ、シェフが日本人なので
当たり前かな。

でもこちらのお店の何が素晴らしいかって

こんなに丁寧で心地よいサービスを
パリで受けたのは本当に久しぶり!と断言できる

その接客の良さ。

フロアにいる2人の日本人男性は
予約の時の対応はもちろん

振る舞いも接客も
全てが完璧でございました。

そんな意味でもこちら
日本人に絶大な指示を得てるんでしょうね。

お料理が目当てと言う以上に
この接客と居心地の良さを味わう為に
こちらのレストラン再訪したい〜

そんな風に思えた
私に取っては珍しいお店だったのでした。

やっぱりレストランっていいね!
しみじみそう思った私に
今日の応援クリックをお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入る仕組みです。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR