10
:    

シェフと帽子と制服と。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。






先日

幼稚園のイベントで
シェフの姿になっていた息子を見て

ふと思った。

なんでシェフの帽子って
こんなにも長いのだろう?と。

chef.jpg 

興味を持って調べてみたら
たくさんの記事が出て来て

けっこう皆さん、興味を持ってるのね〜と
なんだか嬉しくなったわ。



そんな
”長い”
コック帽の由来は
どの記事でも2つ言われておりまして

1つは
"シェフの帝王"と言われていたフランスの料理人
1800年前後に活躍していたアントナン・カーレム。

Careme.jpg 
wikipediaよりお借りしました。

この彼がシルクハットを気に入り
同じ様なものを調理場でかぶりたい!と思い
長い帽子を身に付ける様になったのが始まりとか。

そしてもう1つが

フランス料理の革新に貢献した
有名料理人

オーギュスト・エスコフィエ
(1846年〜1935年)
AugusteEscoffier.jpg 
wikipediaよりお借りしました。

身長が低かった彼が
調理場で目立つ様にと帽子を長くする様にした。

なんて言われてます。

でもこれきっと
2つとも正しいのでしょうね。

なんせオーギュスト・エスコフィエは
アントナン・カレームに影響を受けた人物としてでも
有名なので

アントナンカレームがかぶっていた。

僕は小さい

帽子を長くしよう!

ってなるのは
想像に容易いかと。

って、あくまでも私の想像だけど。



さてさて
このコック帽

こうやってフランスでは
200年以上続く伝統になってるのですが

日本では1927年

帝国ホテルのシェフ達がパリのホテルリッツに
料理留学したのが始まりと言われてます。

ritz.jpg 

ホテルリッツと言えばそれこそ

セザールリッツと
オーギュスト・エスコフィエが設立したホテル。

その時、既に引退していたけれど
料理人エスコフィエは既に伝説の人物になっていて

帝国ホテルではこの長いコック帽が
取り入れられる様になったんだとか。

実際に今でも帝国ホテルでは
見習い:18cm
7年目以降:23cm
料理長以上:35cm
って決まっているらしい。



ちなみに現在のフランスでは
ほとんどのシェフが被っておりません。

日本のフレンチシェフの方が
帽子にこだわっている気がします。

フランスのグランシェフと言われる
たくさんの星に輝く世界的に有名シェフ達も

皆さま、けっこうカジュアルです。

唯一、このシェフと言えば帽子でしょ!とイメージするのは
料理界の神に君臨する

ポール・ボキューズ氏
くらいかと。

paulbocuse.png 

まあ。これくらいの貫禄があると
もう、帽子が体に一体化してますよ。

この格好してないと
多分私、街で会っても気づかない。

それくらい彼は
料理と共に生きている人。

だからこそのコック帽〜。



私個人的には
エプロン男子が大好きだし

厨房にいる男はかっこいいと思います。

帽子なんてあってもなくても
グランシェフ達はどの人も素敵すぎる。

yanni.png 
グランシェフの1人、ヤニック・アレノ氏

努力の上で手に入れた自信に満ち溢れている人は
どんな姿をしていてもかっこいいんですよね。

そして私はけっこう制服フェチ。
何よりの大好物は男のスーツ姿。

うふふ



なんだか最後は
私の個人的趣味で閉じてしまったこのブログ

それでも応援クリックを頂けると大変ありがたいです。
押すだけでランキングに点数が入ります。

下がり気味のポイントを救えるのは
皆様のぽちぽちのみです!



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

ちび料理人。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




10月半ばのとある火曜日の朝。

いつもの様に
息子を幼稚園に連れてゆくと

先生から

”息子さんにエプロンをつけてあげて!”と
意味不明の指示が来た。

えっと。
エプロンって。

あの、エプロンよね?
料理の時につける、あれよね?

わかる。うん、わかるけど

でも

そんなの持ち歩いてる親
いないがなー。



もしかしてメールで”エプロン持ってこい”って
連絡網がまわってきてた?

しまった! ママ、失敗!
とオロオロしていると

先生がこう言った

”〇〇くんのはそこよ、そこそこ”

と。



指を刺された方左上方を見てみると

あった、あった
息子の手作りと思われるエプロンが
壁に展示してあった。

そう
保護者自ら、壁に飾ってある息子の作品を取り
息子に着せてあげてと言う

それだけの事だったのです。

やれ、青い服を着てこいだ、黄色い服を着てこいだ
しかもそのあとは緑の服を着てこいだ

保護者を惑わす容赦ない要求メールが
ガンガン届いていたので

すっかり身構える事を覚えてしまったわ。私。
(その時の話はこちら



さっそく息子にエプロンをつけてあげまして

おおおっ

親バカ全開だけど
なんてかわいいんだ〜〜〜〜〜〜っ

ちっちゃいシェフだわ〜〜〜〜〜っ



IMG_7740.jpg 

ママ、にんまりですよ。



朝からこんな格好して
いったい何をしたのかと言いますと

この日は皆で
近所の商店街にでかけたらしい。

そこにある八百屋さんに行き
皆でりんごを買ったんだとか。

IMG_7798_20171021174953b4e.jpg 
その時の写真を紙に印刷したもの。画像はわざと悪くしてます。


でもって、その翌日の水曜は

ちっちゃなシェフはさらにグレードアップ!
コック帽まで被ってますよ〜。

chef.jpg   

でもってこの日は
買って来たりんごを使って
みんなでお料理

IMG_7804.jpg 

りんごのクランブルを作ったらしい。

IMG_7802.jpg 



フランスでは1歳の時から保育園で
お料理教室があり

ガトーショコラやピザなんかを作ってる。

なので幼稚園生である2〜3歳の子達は
すっかり料理に慣れたもんです。

でも

今回のこのお料理教室にはかなり感動した私。

だって
自分たちでエプロンやコック帽を作る事から始めてるので

そういった物の有り難みも学べるし
だからこそ大事に使おうとするだろうし

自分たちでマルシェに行き
お金を払いりんごを買う事から

食べ物と言うのは
こうやって手に入ると言う事を知れた上での料理教室。

そしてそれを料理する大変さ。

これはもう
単なる料理を学ぶための時間でなく
生きるための術を学ぶ時間でもあるわけです。



シェフの国、フランス。

男性も女性と同じくらい家事をやるフランス。

そして世界でも
子供の好き嫌いが無い国としても有名なフランス。

それはきっとこんな小さい時から
”生きる為の食”を学んでいるからなんですね。

IMG_7806.jpg 

いつか息子がママの為に
美味しいデザートを作ってくれるかな。

そんな日が楽しみでならない
愛ママなのです。



日本の保育園や幼稚園では
まだまだめずらしい料理教室。

機材が無いのと子供の安全が大きな理由らしい。

でも日本では色々な場所で
子供用の料理教室が開催されているみたいなので

同じママとして
私は参加する事を強くおすすめします〜

と言う育児ブログで恐縮ですが
ランキング急降下したこのブログに
今日の応援のクリックを頂けると嬉しいです。

皆様のクリックが1つ入る毎に
私のハートがキュンと喜びます。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

え?ようこそJAPAN?

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





先日

スーパーのMonoprixに
買物に行った時

いや〜
久しぶりに目を疑う光景に遭遇。

それがこれ

IMG_7896.jpg 

って、おい。

つっこみどころがありすぎて
どこからつっこんで良いかわからないではないかっ!



真ん中にあるの
どう見てもエッフェル塔なんだけど?

でも
日の丸があるし

しっかりと
”ようこそJAPAN”と書いてある。  

なんだかすっきりしないー。



ちなみにこちら
他にもいくつかバージョンがありまして

中国バージョンも発見!

IMG_7895.jpg 

どうやらこちらも同じ様に

ようそこ!が中国語で書かれ
その下にCHINAと書かれているもよう。

色は意外にも白。

中国といったら赤のイメージ。
もしくはガンガンの蛍光色?

なんだけど

まあ、このTシャツはフランス人用だから
これでいいのかな。

あ、でも、よく見たら
エッフェル塔が赤くて黄色の星が!

これは中国の国旗をイメージね。

どっちみち
違和感ありまくりだけどさ。



さらにもう1つのバージョンは世界各国の国旗。
でもってPARISと書かれてる。

IMG_7894.jpg 

うん、まあ、世界各国なら
ありかな。

私のセンス的にはなしだけど。



しかしこのTシャツ

 IMG_7893.jpg 

いったい
誰か買って着るのかしら?

ちなみにお値段は25ユーロ(3300円)。

なかなかしますよー。

パリに住んでいると
思いがけないものに遭遇するね〜

でもこれをパリジェンヌが着ていたら
世間では”お洒落”と言われるのかな?

日本で着ていたら
限りなく100%に近い確率で
注目を受けるわね。



うーん

モードって難しい。

オシャレって、、、なんだ?

しみじみそう思った
スーパーでの出来事だったのでした。

バカと天才はなんちゃらの様に
お洒落とダサいも紙一重。

そう思ってならない私に
今日の応援ぽちぽちお願いします。
ぽちぽちっ



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

やっぱりこのケーキ。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





先日突然
もーれつにショートケーキが食べたくなった。

なぜんだか知らないけど
とにかくショートケーキが食べたくなった。

スポンジに生クリームがたっぷり。
そこにいちごがデコレーションされている

こってこてのショートケーキが!

image8_201710260042076fa.jpeg 

実はこれ

フランスでは一般的なケーキでは無く
普通のお店ではまず見かけない。

でも
ネットで検索をしてみると

出て来た出て来た。
ショートケーキ取扱店が出て来た出て来た。
3件もでてきた!

1つはオペラ座近くの日本人街にある
日本人にとても有名なパティスリーAki

そしてもう1つは
7区にあるモリヨシダ

そして16区には
日本の皆様お馴染みの
ヤマザキ。

選択肢が3つもあるなんて、なんて贅沢〜



どこにしようか悩んで
口コミ情報を見てみると

ショートケーキならモリヨシダかヤマザキが
日本の味に近く、美味しいと評判。

そんな口コミの中で
ヤマザキのショートケーキに対して
かなり辛口コメントをしている人がいて

それが
”80%が生クリームで気持ち悪くなる!”
と言うもの。

そのコメントを見た私が行くべき所は1箇所のみ。

5分後にはバスに乗っていて

image1_20171026004157283.jpeg 

でもって、到着したのがこちら

image2_2017102600415817a.jpeg 

そう

”ヤマザキ”

の方でございます。

住所;6 chaussee de la Muette 75016



なぜなら私は生クリーム星人。

生クリームが大大大好きなのです。

なので80%が生クリームと言う酷評は
むしろ私には高評価に思えてしまい

迷いなくヤマザキに走る事にしたのですね。

image4_20171026004201878.jpeg 

お目当のショートケーキはどこかいな〜

と、ショーウィンドーを覗くと

あったあった!

image3_20171026004200869.jpeg 

おおっ
まるきし日本のショートケーキではないか!

なぜだか”マツリ”って名前がつけられておりましたけど。



そしてこの5分後には

こんな所にいた私。
image5_201710260042030ca.jpeg 

バスでのんびり帰っている場合じゃない!
1分でも早く帰って食べようと
帰りは地下鉄です。



さてさて
こんな感じで連れて帰って来た
私のかわいいショートケーキちゃん

image7_201710260042064ee.jpeg  

ケーキのまわりがちゃんとフィルムでつつまれてるのも
これまた日本ぽい〜。

さて
さっそくいただきましょう。

image8_201710260042076fa.jpeg 

むむむむむっ 

こりゃ、確かに!

クリームが多いと言う意見は納得。

しかもスポンジがふわふわでとろけてしまうので
それもクリームと一体化され

なんとなく全部がクリームな感じになっております。

なので
食べきれない人がいるのも納得だし

クリームばっかり!と
酷評する人がいるのもわかる気がするけど

でもクリーム好きの私にとっては
のぞむところよ!

むしろ大歓迎〜

image9_20171026004209fa7.jpeg 

クリームは超濃厚だけれども
甘さ控えめなので最後まで美味しくいただけました。

ただね、ちょっとね
イチゴがね

あんまり美味しくなかったな。

まあ、季節的にしょうがないけどね。
それが少し残念ポイント。

シーズンの時は味がグレードアップするに違いない。



これで1つ5ユーロは
パリのパティスリーではけっこうお安い方。

きっとまたショートケーキが食べたくなったら
いつか買いにいくと思います。

image6_201710260042044d4.jpeg 

でも、その前に
モリヨシダのショートケーキも試してみたいな。
もちろん、パティスリーAkiも。

そしてその後
自分のお気に入りのショートケーキを決めよう。

そんな風に思った私だったのでした



パリにいながらも
食べたい時に食べたいものが食べれる幸せ。

私が渡仏する前に
パリの街で日本を広めて下さった先人の皆様
本当にありがとうございます!

と、感謝の気持ちがいっぱいの私に
今日の応援クリックをお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入ります。
押して下さる皆様に感謝の気持ちでいっぱいでゴザイマス!!!


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ


食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

見送り。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





バカンス大国のフランス。

彼らのこの”バカンスラブ”価値観は
子供の頃からばっちり作られる。

なぜならフランスの学校

約2ヶ月に1度、2週間レベルでのバカンスがあり
尚且つ2ヶ月の夏休みがあるのです。

これ、通算すると

1年のうち5ヶ月が休みなんだって。



じゃあ、その内訳は、と言いますと

秋休み?とも思える万聖節のバカンスが
10月下旬から2週間

それが終わると
クリスマスバカンスが12月下旬から2週間

これが冬休み?と思いきや
2月の下旬から2週間、本当の冬休みがある。

そのあとは4月の下旬から2週間ほど春休みがあり

そして7〜8月まるまる2ヶ月の夏休みとなるのです。

やーすーみーすーぎっ!



しかもこの”学校バカンス”のすごい所は
夏休みやクリスマスといったバカンス以外は

フランス全土を3つのゾーンに分けて
ずらしてバカンスをとらせる事。

これって何のためかと言うと

バカンスを平和に過ごせるための計らいだそうな。

要は、フランス国中の生徒がいっせいに休みになると
リゾート地なんかが混雑してしまうので

3回にわけたらしい。

なんて合理的!

でもって

バカンスに対する熱意が半端ない!

lamer.jpg  

10月の末からうちの息子くんも
もれなくバカンスに入りました。

と言っても

前半はちょうどパパが出張でおらず

でもって
私は貸しアパートの為に
週3〜4回は外出しないとならない

最悪のタイミングの時。

せっかくのバカンスなのに
かなりの頻度でベビーシッターに預ける事になる。

まあ、でも、我が家なんてまだ良い方で

共働きが一般的なフランスは
子供がバカンスの間でも両親フルで仕事がある。

臨時のシッターどころか
1日中、誰かに預けないとならない。

なのでこんな時は

サントルドゥロワジールと呼ばれる
学童保育に申し込むのが一般的。

でもってもう1つの方法は

パピー&マミーの家でバカンス〜

なんですね。

rennes3.jpg 

我が家?

うちはまだ子供が小さく
息子の学校の学童保育に申し込めなかったので

後者です。

パピー&マミーの家でのバカンスです。

まあ、きっと

学童保育なんて関係なく
後者を選ぶんだけどね。



なので、バカンスに入る直前の金曜日。

レンヌの実家からパピーがパリに
息子を迎えに来てくれまして

2人でレンヌに行ってしまいました〜。

IMG_7793.jpg 

今まで何度もレンヌの実家に息子を預けているけれど

必ずその前後私もレンヌにいて
数日一緒に過ごしていたので

こうやって駅でお別れするのはお初。

電車が出発するまで
外から息子を見守り続けた10分間。

なんとも切ない気持ちになってしまったわー。

最初はウキウキるんるんで電車に乗り込んだ息子も

外にいる私を窓越しに見ていると
なんだか別れる実感が湧いてきたらしく

最後の方は涙目でハグのポーズをしてきたりして。

IMG_7792_201710211923020c8.jpg 

うーん。

切ないですな。



でも

パパはおらず
ママは忙しくバタバタしていてシッター頼みになるのは必至。

そんなのよりか遥かに
有意義なバカンスになる事は間違いない。

きっと夏休みの後の様に
成長して戻ってきてくれるよね。



そう思いながら彼らが出発するのを見送り
モンパルナス駅を後にした私。

IMG_7794.jpg 

数日後にはパパが帰って来て
息子のお迎えに行く事になっております。

出張後のパパには
いつもの何倍も甘えてわがままになる息子。

パパを困らせる為にわざと
”いやだ!帰らない!”
とか言いそうだけど

私は1ヶ月ワンオペ育児を頑張ったのだから
それくらい覚悟して迎えに行って欲しいわ。

ふっふっふ。

なーんて
ちょっと意地悪な嫁な私に
今日の応援クリックをお願い致します。

皆様のクリックがこのブログのランキングを決めております。
最近下がり気味のランキング(特にパリ情報)
皆様からの応援射撃ぽちぽちをお待ちしております。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR