09
:    

10分間の扉。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




幼稚園が始まり
2週間が経ちまして

色々な意味で慣れてきた私達親子。

でも

正直

毎朝

戦争です。



フランスの学校って

とーにーかーく
登下校の時間厳守がすさまじい。

朝は8時30分から45分の15分のみ
学校のドアが開き

時間が来たらClose.

それに間に合わなかったらどうなるかって?

1回目はぺこぺこ守衛さんに頭を下げて
特別に鍵をあけてもらって
どうにかいれてもらいます。

幼稚園の年少さんの場合は
本来は教室まで送り届けないとならないのに

遅刻した場合は
入り口のサロンまで
アシスタントの人に迎えに来てもらいます。

でもってママはまた
アシスタントの方にペコペコして息子をお願いします。

その後は
まわりにいるみなさんにペコペコしながら
申し訳なさそうに

再び重いドアの鍵をあけてもらい
退出するのです。

ああああっ

いくらお辞儀文化のジャポンから来たからと言って
朝からこんなのは勘弁。

想像するだけでいやだ〜
はずかしい〜



でもって恥ずかしいのはこれだけでなく

遅刻したら遅刻ノートに名前が記入され

3回遅刻したら
有無を言わさずその場で欠席扱いされるのです。

あららぁ、寝坊しちゃった。
今日も遅刻だ、ヤバいヤバいっ!

なんて悠長に言ってる場合じゃございませんよ。



今まで通っていた保育園は
登園時間はゆるゆるで

なんとなく10時前に連れてゆけば
それでOKだったし

今日は朝、調子が悪そうだから
11時くらいに連れて行きますね。

なんて言う連絡を入れれば
それなりに対応してくれたけど

子供を預かる保育園と違い
教育の場である幼稚園以降は
こんな言い訳はききません。

時間を守れないものに
教育を受ける権利はないのです。



私はこのブログで”幼稚園”
と書いてはいるけれど

実はこれは大雑把な日本語訳で
フランスでは

”Ecole Maternell"
と言われてます。

ええ、もう、Ecole(学校)なんですよ。
学ぶ為の場所なのです。

なので親も甘えが許されないのですね。



なので毎朝
激しくプレッシャーな私。

幼稚園は歩いても10〜15分の所で
バスでは2駅ほど。

なので
そこまで大変な距離ではないけれど

そこに”3歳児”の付属がつくと
激しく難易度がUP。

でもって
何があるかわらからないパリの街で

今日はバスがないよ。
今日はこの道閉鎖だよ。

なんて覚悟をしておかないとならないので
こんな所でも難易度UP。

もう、こうなると
ある意味、毎朝冒険に出る気分で
幼稚園に向かうのですよ。

もちろん、早く着く様にすれば
遅刻しないからいいじゃない〜

なんて考えもあるけれど

早く着いたら着いたで

完全にドアが閉まっているので
校舎の前の道で待たないといけない事になる。

天気が良い日はまだ良いけれど
雨なんかふっていれば最悪だし

3歳児にとって
道端で何もしないで待つのは
暇の一言でしかありません。

さらにはこれから
寒くて暗い冬に突入するかと思うと
寒空の下で待つのは厳しすぎるのです。

IMG_6945.jpg 

この緊張感溢れる毎朝の登校。

フランスに来てから専業主婦で

旦那が出張であまりいないのをいい事に
グータラ過ごしていた私は

時間に縛られて動くのがすっかり苦手になっていたんだわ。

東京でバリバリ働いていたなんて
自分で自分が信じられません。



もちのろんでこれ
帰りのお迎えも同じでして

ドアが開かれている16時20分〜30分

10分の間にお迎えに行かないと
ドアが閉められてしまいます。

この場合、遅れたらどうなるかって?

子供は強制的に延長保育に突入し
18時まで校舎を出れません。

でもってもちろん
延長保育代が請求されます。

IMG_6956_20170921005147bb3.jpg 

さらに付け足すならば
お昼休み。

2時間もあるのでその間家に戻って
ランチをしてから登校する子供もいるのだけど

これまた11時45分までの10分間に来ないと
扉が閉まり、そのまま強制的に学校でランチ。

そしてランチ代が請求〜となるのです。



兎にも角にもこんなんで

今までグータラな自由人で過ごしていた分
10分感覚で時間を縛られる生活に慣れるのに
ひーひー言ってる私。

しかし、そうなると

疑問が1つ。

3歳からこれだけしっかりと時間厳守な生活なのに

なんでフランス人って
時間にルーズなんだろう?

やれば出来るはずじゃん、フランス人よ!

子供の時についた習慣って
案外身につかないものなのかもね。



ちょっと思ってしまった
私だったのです。

あああっ 10月の冬時間になる日が待ち遠しい。
そしたら1時間余裕ができるもんね

ちょっとセコイことを考えている愛ママに
今日の応援クリックをお願い致します。

皆様の応援があるからこそのブログです。
いつもありがとうございます。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR