08
:    

パリの市営住宅。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





我が家は2人の清掃の方と契約をしている。
1人はフィリピン人でもう1人はウクライナ人。

2人とも女性でして

旦那がパリに出稼ぎに行き
一緒について来たパターン。

なんでもやるからお仕事を下さいと
ちょっとノアールな感じで仕事を探し

単発で清掃員、ベビーシッターなどの仕事を
かけもちしています。

でもこれが多分、パリの清掃バイトをしている人としては
1番多いパターンだと思われる。

parisparis6.jpeg 

貸しアパートが1つしかなかった時は
フィリピン人の女性だけを雇っていたけれど

ウクライナの人も雇うようになり
比較ができる様になった今

フィリピン人の方の仕事のいい加減ぶりに
ちょっと頭を悩まされている今日この頃。

どんどんと清掃が雑になっているし備品を平気で壊す。
さらにはドタキャンなどもしてくる事もあり

その度に私が色々と振り回され
けっこう大変な目にあっております。

我が家のお掃除をしてもらった時は
掃除が終わって帰る時に
ちょっと待って〜と言って突然トイレに。

綺麗にしたばかりのトイレを最初に使うのが
彼女自身だったのもちょっと驚いたし

使い終わった後が汚くて
それも嫌だったし

そしてこれは日本人的な感覚かもしれないけれど

”トイレをお借りします”も何も言わないで突然駆け込まれるのは
抵抗があるんですよね。

それに比べてウクライナの方は
元々教師だった事もありとっても真面目。

そして本当に仕事が丁寧でして
ああっ!そこまでしなくても良いのに!
と言うレベルまでやってくれる。

お願いした時間に遅刻した事は1度もなく

早く到着したら
アパートの前で時間が来るのを待っている。

なんて真面目!

なのでどうしてもどんどんと
フィリピン人の彼女に不満がたまっていってしまうのよね。



でもこの彼女

パリの治安の悪いエリアで
義両親と一緒に小さな小さなアパートで暮らしている。

でもってうちのと同じ年齢の息子がいて
しかもその息子が大きな病を患っているらしいのです。

なのでなんだか強い事も言えず
契約も切ることが出来ず

ずるずると契約を続けている感じ。

私ってば典型的な
NOと言えない、義理と人情の日本人なのよ〜。



でも、つい最近
たまたま彼女が息子を連れて歩いている所に遭遇したら

いや〜、息子くん
びっくりするほど元気そう。

元気に走り回っていて
体格も標準以上で見事な発育っぷり。

うちの息子以上に強そうです。

あれれれ?
死にそうな病気って言ってたのに
どうなってるんだ?

つい1〜2ヶ月前に入院して手術するからと
清掃ドタキャンしたよね?と
ちょっと疑問に思ったけれど

まあ、元気になったのなら
むしろめでたい話じゃないかと

そんな風に思う様にしておりました。

paris28.jpg 

この夏は1ヶ月バカンスに行くから仕事が出来ないと
宣言もされており

1ヶ月もバカンスなんて優雅だね〜

でもきっと今までお仕事頑張って来て
でもって息子さんも元気になったから

そのお祝いなのかね。と
ここでも前向きに考えた私。

でも、そんな彼女が先日こう言ったのです。

”聞いて聞いて!

パリの16区
Victor Hugoのアパートに引っ越す事になったの!

60平米で2つの部屋があって
もう、最高!”

と。

paris10.jpg 

さすがにこの発言には、愛さん、びっくりよ。

だってVictoir Hugoエリアって
パリの中でもけっこうな高級住宅地で

60平米超えの2LDKなら
家賃2000ユーロとかの場所なのよね。

パリでアパートを借りるには
手取りがその3〜4倍あるのが必須条件。

そうなると
実は超やりての旦那様持ち?
趣味で掃除やらシッターやらをやってるの?

と思っていたら

”パリ市の市営住宅なの”

ですって。

なーるーほーどーっ!



そう、パリには
低所得者の為に市営住宅がありまして

しかもそれが
けっこう良い場所にあったりする。

2LDKが標準で
家賃は相場の10〜5分の1位で超格安なのです。

申し込む為には
低所得である事が絶対条件で

でもって、もちのろんで
皆が申し込むわけなので

最低でも2年待ち。

10年待ってもまわってこないのが当たり前で
大半の人が途中で入居を諦めると言うそんな物件。

でも

子供がいたりすると優先され

しかもその子が病気だったりすると
さらに優遇されるらしく

彼女ファミリーがフランスに来て2年で
この物件を借りれる事になったのは
ある意味納得なのよね。

IMG_4081_20170529041144bc1.jpg 

でも

でもでも

市営住宅と言う事はすなわち
税金でまかなっている住宅と言う事。

でもってその住宅が
フランス人では無いファミリーに優先して利用されると言うのに
ちょっとびっくりした私。

超高い家賃を払って
ひーひー言いながら暮らしているフランス人にとっては
なんだか複雑な現実だと思うのです。

実際フランス人で
夫婦でバリバリ共働きしてても

それでもパリ市内に住宅を維持するのは大変で
パリの中心から離れた所に住む人が多いのが現実。

でもこれがフランスなのよね。
弱者にとことん優しいのです。

実際に
日本の生活保護の捕捉率は約17%だけれども
フランスは91%なんですよ。

このデータからも
いかにフランスの社会保障がすごいかがわかって頂けるかと。

自国で生活が厳しい人は
9割以上の人が最低限の生活を保証されるフランスに
とりあえず流れて来たくなるよね。

って
こんな感じで弱者を悪く言う様な内容を書くと
たたかれそうな気もするけれど

でもね
何がひっかかるかって

いいんですよ
頑張っているけど本当に辛い生活を強いられ
どうしょうも無い人に税金を使われるのは。

彼らだってフランスに住みフランスで働いている以上
フランスに税金を納めているわけで

その恩恵を受ける権利があるのです。

でも
彼らの様なファミリーの場合は
なんだか違う気がするのです。

実際に
彼女は自分の稼ぎ全部を市に報告はしてないみたいだし

旦那さんについても

平日はいつも家にいて
ごろごろしててやんなっちゃう!

なんて彼女が言っているので

それがなんとも納得出来ない点なんですよ。



こういった市営住宅を利用している人が
それを悪用した例が実際にありまして

それは
シャンゼリゼ通りにほど近い
8区の超1等地にある市営住宅での話。

市が抜き打ち検査に入った所
かなりたくさんのファミリーが

その部屋をAirbnbなどで
旅行者向け短期貸しアパートとして貸していて

月に平均して3000€程稼いでいたそうな。

ちなみに彼らの家賃は
月に300€だったそうな、、、

そんなニュースが飛び込んで来ると
なんとも言えない気分になる。

こんな事が起きると
移民を受け入れる事に対する嫌悪感が生まれ
反対する人が出るのは当たり前ではないかー!

日本でも

在日の外国人が生活保護を受給しているし
世界では弱者を守る当たり前の法律ではあるみたいだけれども

フランスはそれを受ける人の割合が桁違いなので
相当な金額が使われているのは間違いない。

何より弱者を救う法律が
"本当の弱者"を救える為の者になって欲しい。

でないと移民の多いこの国は
いつか崩壊してしまうっ!

パリって私達の様な中流階級にとっては
ある意味一番住みにくいのかもな。

そんな風に思ってしまった
私だったのです。

それでも未だに
彼女との契約は続けている私。

うーん、、、、。

うーん、、、、。

どうしたもんかねぇ。

日本人だからと言って
NOと言ってもいいのよ〜

の応援ポチポチお願いします。

皆様のぽちぽちがブログ継続の励みになっております。
最近下がり気味のポイントなのでぜひお願いします。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR