07
:
29
30
31
   

とあるパティシエの妻。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


4月まで予約受付中です。
皆様のお越しをお待ちしております。


大晦日

義両親達の年越しパーティーに
ちゃっかり参加した私。

そんなジャポネーズの参加を
皆さんとても喜んで下さいまして

とあるご夫婦が

完全に私を意識したデザートを
持ってきて下さいました。

IMG_1531_20170104165340ef1.jpg 

これね

元はこんな感じでございまして

IMG_1527_20170104165337552.jpg 

ほらほら
よく見て下さいね〜 

ケーキの横についてるチョコレート
どこかで見覚えのある景色だと思いません?

IMG_1528_201701041653381d9.jpg 

そう、これね

その名も”TOKYO”
って言うんですって。

なのでチョコレートで
東京タワーやお台場、都庁、富士山etc

東京から眺められる景色が
表現されてるんですね。



こちらのデザートを買ったのは
レンヌでは有名なパティスリー

LE DANIEL
logo-le-daniel.png 

実はこちらのパティスリーには
8月に思い切りお世話になっていた我が家。

なぜなら8月10日

お店が夏期休暇で閉まっていたにもかかわらず

息子ちゃんのお誕生日ケーキを用意してくれた
お店なのですよ。

IMG_4333.jpg 

しかもこの時のケーキの土台は
”サクラ”
と言うケーキ。

そう

8月のお誕生日ケーキはサクラで
大晦日のケーキはトウキョウと言う

どんだけ日本が好きなんだ!
このパティシエは〜!と

ついつい思ってしまう
そんなお菓子屋さんなのです。

でもね
実はそれも納得で

こちらのパティシエの奥様って
日本人なんですって。

8月にケーキを取りに行った時
パティシエの方が私を見て

日本人ですか?
うちの妻も日本人です!

と教えて下さったのですよ〜



レンヌで大活躍しているパティシエの奥様が日本人って
なんだか夢があるわねぇ。

いったいどんな方なんでしょう。

そんなパティシエのケーキを
美味しい美味しいと言って食べているフランス人を見て

なんだか勝手に誇らしげに思ってしまったわ。

私は何にもしてないし
何に所縁もないんだけどね。

そしてその奥様に
お会いした事すらないんだけれどもね。

ふふ。

IMG_4328.jpg 

今年の息子のお誕生日ももちろん
こちらのパティスリーにお願いしようと思っている我が家

有名なパティシエの奥様として
大変な事もあるとは思うけど

これからもどんどんとご夫婦で活躍して欲しい。

そして願わくばいつか直接お会いして
色々とお話を聞いてみたいな。

な〜んて思ったりもしてる、私なのです。

そんな風な贅沢な下心のある私に
今日の応援クリックをお願いします。

皆様のポチの数だけがこの
ブログのランキングを決めております。


押して下さると大変嬉しいです。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

ショコラとフランス。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




フランスに来てから色々と

日本と違う文化に
びっくり仰天、驚いてきたけれど

だいぶ慣れてきた
パリ在数年の今日この頃。

それでもやっぱり
毎年のクリスマスの盛大さは
大変だわ〜って思うし

全員へのクリスマスプレゼントの用意も
これまた大変だわーっと、思う。

IMG_1532_20151227190427a4b.jpg

でもこれは
私が日本人だからって訳では無く

フランス人でも毎年頭を悩ます事でもあるのよね。

なのでクリスマスの数ヶ月前位から
なんとなく欲しがっている物は無いか〜と

聞き耳たてたり

家で壊れてしまったものとか
不足してる物とか

そんなものはないか〜と

探ってみたり

なまはげ状態で

うろうろギロギロ
必至に探すのですよ。

IMG_1415.jpg

クリスマスの為のお買い物は基本

家にいる私の仕事なので

こんな風に店で写真を撮っては
これはどう〜?なんて

うちのダーさんに送って
その場で同意を求めてみたりして

でもって重い物は
そのままお店に残し

あとでダーさんに取りに行かせたりして

なかなかどうして大変な文化です。

IMG_7292.jpg

でも

プレゼントって

まずはその人の事をしっかりと調査し

さらにはその人の事を思い浮かべながら
お店で色々と迷い

それでいてやっと出会う
特別な1品なわけで

それが簡単じゃない事もわかっているからこそ
もらうのもこれまた嬉しくて

やっぱり良い文化だな〜思う。

クリスマスってフランス人にとって

お互いの絆が深まる
年に1回の本当に大事なイベントなのよね。



でも

プレゼント以上に
どうしても頭を悩ますのが

チョコレート。

なぜだか知らないけど
クリスマスにチョコレートを送り合うのも
これまたフランスの文化になっていて

クリスマスと言えば
お互いチョコレートを渡し合う。



親戚皆にあげて
親戚皆からもらって

かなりとんでも無い数のチョコレートが
クリスマスの後にたまるわけ。

その様子

単なるチョコレート交換会〜。

そんな交換儀式に我が家が選んだのは
今年も去年と同じく

パリ8区のPetite Roseさん。
11 Boulevard de Courcelles 75008 PARIS

このブログで度々登場している
日本女性がパティシエールを勤める人気店。

しかもこちらのパティシエである渡辺美幸さん
昨年のサロン・ド・ショコラで賞を取ったのよね。

美味しいから納得だし
親戚達に渡すにも話題性があって良い良い

いつかお会いしてみたいパリ在の方の1人です。

IMG_7310.jpg

昨年はトリュフチョコだったので
今年はボンボンショコラ〜

約20粒程のチョコ詰めを
人数分作ってもらい

親戚中に配りまくり。

IMG_7309.jpg

今年も大喜びされました〜

こちらのショコラティエールは
日本人と言う事で

柚子やら抹茶やら紫蘇やら
「和」のフレーバーのチョコがあって

フランス人達にはとっても珍しく
喜んで頂けるのですよ。



しかし人生で

1度にうん万円のチョコを買うなんて
私の辞書になかったけれど

フランスにいると

クリスマスに親戚全員分

それでもって
復活祭ではこれまた集まる人数分用にと

年に2度もある。

どうりでフランス
ショコラティエがたくさんあるわけだわと

しみじみ思ったら

chocolat.jpg

Tripadvisorのデータによると

これでもフランスは
世界でのチョコ消費量9位の年間6,4kgだけですって。

それでもまあ
日本の年間2.1kgに比べたら3倍ではあるけれどね。

しかし1位のルーマニア
年間15.1kgですってよ。

1日1枚、板チョコ食べてる計算ですよ。
上には上がいるもんだ。

でも

その割にはルーマニア行った時
あまりチョコのデザートが無かったのよね。

どこで消費してるんでしょね。


とにもかくにも
チョコ好きにはたまらない街
パリなのです。

チョコ好きさんも、チョコ嫌いさんも

お帰り前に
今日の応援クリックお願い致します。

皆様の応援があると
その日がハッピーに〜

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン




theme : フランスの生活
genre : 海外情報

意外な発見。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

皆様のポチがランキングの得点になります。
現在2位

お手数ですが応援のクリックお願い致します。


先日

我が家に友人が遊びに来てくれまして

ちょうど彼女の誕生日が近かったから
サプライズでケーキを作ろうと企んだ私。

どんなケーキにしようかな?
何のケーキにしようかな?

やっぱりココは王道の

ショートケーキでしょ!と

shortcake.jpg
wikipediaより

さっそく準備。

でもね、フランス

このショートケーキと言う物がない。
いや、どこかにあるのかな?

とりあえず私はパリで1度しか見かけた事がない。

しかもその1度と言うのも
パリにある日本人のケーキ屋さん。

お菓子の国のくせに
なんでこんな美味しい物が無いんだろ。

とずっと疑問に思ってまして

wikipediaで調べてみたら

フランス語のページの写真がこれで
hortcakealafraise.jpg

その時点で
あれ?なんか違うし。

そんでもって説明文がたったの1行で

”イギリスのお菓子で主に紅茶のお供”

しか書いてなかった。

うーん、とことん、他人事。
フランスのお菓子じゃないよ〜。と言ってるね。



そんな仏人にとって”めずらしい”ケーキを
サプライズで出してあげたら

きっと喜んでくれるだろうな〜と思い

さっそく作ろうと
何年かぶりにスポンジなんぞ焼いてみて

さて、はい
やっぱり決めては生クリームよね!

とミキサーでウイーンッとする事

10分

20分

30分・・・・

固まらないっ!!!



あと一歩の所まで行くんだけど

ショートケーキのデコレーションするには
明らかにゆるゆる。

うーん
これは買って来る生クリーム間違えたかな?

でもちゃんとお菓子売り場に売ってたし

イラストだって明らかに
イチゴとホイップクリームだったし

そんなはずはないけどなー。



でもフランスって
生クリーム種類が豊富すぎて

これだ!って思っても

あれ〜?なんか酸味が・・・!?
cremefraiche1.jpg

だったり

じゃあ、これかい?と思っても
クリームなのになんかさっぱりしてたり
cremefraiche2.jpg

こうなったら、イラストで勝負!
こいつか!?
cremefraiche3.jpg

と思っても

私の想像してるホイップクリームに
なってくれないワケなのです。

うむ〜
これはいったいどうしたものかと
色々と調べてみたら

それもそのはず

フランスの生クリームと言う物は
MAXでも脂肪分が35%でして

あの形状記憶してくれるホイップクリームは
最低でも45%の脂肪分が必要なんだとか。

フランスと言えば濃厚なバターとかヨーグルトとか
とにかく重い乳製品が多いと思ってたのに

生クリームだけ軽いのが主流で

まさかの大誤算っ



しょうがないので
ゆるいクリームでデゴレーションして

デザートの時間に

サプラーイズっ!

とキャンドルつけて出そうとしたけど

冷蔵庫の中で完全に生クリームが流動化してて
流れ出てしまっていて

ホラーです。完全にホラーです。

スポンジむき出しの無惨なかたまりに。



それでも友達は
ありがとう!と感激してくれて

初めて食べる
元ショートケーキの塊を

美味しい、美味しいと食べてくれまして
P1170844.jpg

なんか逆に気をつかわせてしまって
本当に申し訳なかったなと

作る前に調べなかった私に
ちょいと反省。

P1170845.jpg


でもね

以前、日本人のやってるケーキ屋で

どう見ても生クリームたっぷりの
シュークリーム見かけて

choucreme.jpg

簡単に作れると思ったんだよね。



そして色々と調べた結果

フランスの生クリームには
魔法の粉が入ってる事が発覚っ!

その名も
Fixe Chantilly

chantillyfixe.jpg

訳すなら、生クリーム固定材。

どうやらこの粉を入れて泡立てないと

私達の想像してる生クリームには
辿り着けないらしい。

うーん
愛さん、とっても勉強になりました。



きっと
子供の時からフランスにいると

ママが教えてくれたりするんだろうね。

大人になってから
飛び込んでみた私は

こうやって自身で失敗して調べて学んで
どんどんとこの国の文化に慣れるしかないね。

1歩フランス人に近づいた気がした
そんなお菓子作り体験デシタ。

皆様お手数ですが

この下のボタンをポチポチと押してくれると
大変励みになります

皆様の応援だけが頼りです。
お願い致します。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

ありがとうございます


パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック



食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR