03
:
29
30
31
   

アマルフィの美味しいレストラン

クリックするだけで10ポイントの投票に!
ポチッ→

ポチッ→
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
ブログ最後に同じボタンがあるのでぜひ
お願いします


さてさて前回のブログでつぶやいてみた通り
今日は旅行中のレストランの話

南イタリア4日目の夜に辿り着いた街
アマルフィ
ここはなんてったって港町
CIMG0400.jpg

レストランを選ぶ条件は
美味しい魚介類が食べれる場所


んでもって色々検索したら
ほとんどのレストランの売りが魚介類っ

そりゃそーだよね
日本だって伊豆や瀬戸内海の漁港行って
”うちの売りは山菜やキノコです”
とか言われてもビックリしちゃうよね。
いやいや、今回はちょっと遠慮しときます
ってなるよね。


どのレストランにすればいいか
もう自分たちのカンを信じるしかないっ
と思い
トリップアドバイザーで見つけた
候補のレストラン3件
雨の降る中、直接行って下調べ


その中で一番
自分たちの理想にあってそうな店をチョイス

それがDa Gemmaさん

だって入り口にこんな風にシーフードが並んでたら
生魚に飢えてる私は飛びつくに決まってる
CIMG0340.jpg

他のお店にもシーフードがいっぱいあったけど
海の目の前で景色を売りにしてるレストランが多数
でも、大雨ザーザーの日に
海も何もあったもんじゃないよね

ここは街の中心なんだけど
CIMG0344.jpg

景色よりも何よりも
そのメニューの内容が私のハートを鷲掴み

だって

アマルフィレモンリゾットwithえびっ

なるものがあったんです

存在を知ってしまったからには
食べずにここを去るわけには行きません


まだオープンしてないレストランに飛び込み
今夜どーしてもココで食べたいと言うと
喜んでっ と予約名簿にインっ

そして7時半のオープンと同時に行きましたよ〜っ

なんとご丁寧にテラスで外が眺められる席
CIMG0365.jpg
雨ザーザーでシブキ飛ぶ飛ぶっ
でも気にしない。バカンスですから。


テーブルのセッティングはこの地方の陶器で統一
CIMG0350.jpg

かわゆしっ
CIMG0353.jpg

出て来たパンがほっかほか
CIMG0356.jpg

傘もささずに大雨の寒空の下、数時間も放浪し
名物だがら食べておかないとっ!と
口をガクカクさせながらレモンジェラートを食べて
冷えきった私の身体には
この温かさがしみました

思わずパンをにぎりしめました
こんなにパンに感謝したこと、ないね。いままで。


そんな感じでパンに感謝してると
出て来ましたよ、アミューズブッシュ
もっと温かそうなものがっ
CIMG0355.jpg
ころっけ〜っ
でもただのコロッケじゃございませんよっ
中には濃厚なチーズがたっぷりのコロッケ
うましっ!でも小さしっ!

ダーリンの頼んだ前菜はこちら(16ユーロ)
CIMG0358.jpg
somked mozzarella grilled in lemon leaves,
fried pizzetta and parma ham

左の緑の物体
これ、レモンの葉で包みスモークされた
モッザレラチーズ
微妙な食感と香り高いスモークが絶妙っ
真ん中のパルマ産生ハムは塩分が強すぎず上品なお味
美味しい〜

しいてつっこませていただくなら
右のピザトーストみたいなのいらない
これのせいで一気にチープなプレートになっちゃってるよね


私の頼んだ前菜は
食べたいと言う気持ちより
ここでしか食べれないかもー!
が先行し
マグロのカルパッチョ(18ユーロ)
CIMG0357.jpg
citrus marinated tuna varpaccio served
with raw vegetables


ひさしぶり〜 生魚さんっ まぐろさんっ
なんてルンルンだったけど
やっぱり日本の最高のマグロを知ってる私としては
ちょっと満足出来ないかな
美味しいけど18ユーロ払って
うす〜〜〜〜〜〜〜いマグロ5切れはね
一瞬で完食。瞬殺、瞬殺。


ダーリンのメインはコチラ(18ユーロ)
CIMG0363.jpg
名前長過ぎて却下

太いマカロニのなかに
Burrataチーズとか言うのが入ってて
そこにたっぷりのトリュフとシーフードソース
濃厚で美味しい〜っ
トリュフはかかってる量の割にはそんなに香りしなかったけど
総合的に美味しいのでありありっ


そしてお待ちかねの
レモンのリゾット(18ユーロ)
CIMG0361.jpg

リゾットの中にはボイルした海老がたっぷり
上には生の海老がぺちゃーーんってつぶして乗ってて
ぷりぷりの海老の食感と甘い生の海老の食感
両方が同時に味わえる贅沢品っ

リゾット自体はそんなにレモンの味がしなくって
サッパリよりかはコッテリかな
塩分強めで魚貝の旨味たっぷりで濃厚
さらに上からレモンを搾って食べれる演出があれば
もっと嬉しかったな
でも白ワインのお供にぴったりなお味
CIMG0371.jpg
地元のワインっ

その後のお口直しがこれまた格別で
CIMG0368.jpg
濃厚なパンナコッタの上にさっぱりベリーのクリーム
酸味と甘みが絶妙〜っ うまーーーいっ

本当はこの辺で胃袋的にはギブだったけど
どうせならと2人で1皿デザートを注文
CIMG0372.jpg
またまたレモンのシャーベット
メロンとパイナップルでカサマシぎみだけど
お味はさっぱりしてて甘すぎず美味しい


その後はお茶菓子が
私の大好きなレモンチェロと供に登場っ
こりゃ、テンションあがるよね
CIMG0376.jpg

お店の雰囲気もしっとり落ち着いていて
客層もけっこうお品のある人達が多く
CIMG0366.jpg

ゆっくり落ち着いて海の幸を食べたい人には
お勧め出来るかな

ただ、前菜とメインの値段が同じ位なのに
その内容の濃さの違いに驚いた
なんならメイン2皿食べたかったなっ
まあ、みんなが前菜とメインを食べる事を狙っての
値段設定なのかもね

お味は、ちょっと濃い気もするけど
お酒飲む人にはちょうど良い濃さ
アマルフィ行く時には是非行ってみてもらいたい
そんなレストランでした

美味しそう〜って思った人も
やっぱり和食が1番でしょ?って思った人も
下のボタンクリックして私に10点入れてくれると
今後の励みになります


にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ
押すだけでいいんですよ〜

Da Gemma
+39 089 871 345
Via Fra Gerardo Sasso 9
ホームページは
コチラ


もう1つのブログ
”パリのレストラン”
↓ ↓ ↓


スポンサーサイト

theme : イタリア
genre : 海外情報

プロフィール

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR