FC2ブログ
   
02
:    

どうなんですかね。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




現在

旦那君

シンガポールに出張中。

本当は中国、韓国、台湾などにも
行く予定だったけれど

さすがにそれは
キャンセルとなりまして

結局シンガポールだけの
短い出張となりました。

でも
それでもやっぱり

新型肺炎に対しての
私の心配はつきません。

何と言っても
空港や飛行機内で

病気をもらってしまう可能性がありますからね。

なので
とにかく

いつでもどこでも
マスクをしておきなさい!と

家に常備してあったマスクを
大量に持たせ

携帯の消毒液等も
どっさり持たせ

見送りましたよ。

merlion.jpeg 

出張中は

朝昼晩と
1日3回は連絡をくれるのですが

その度に
マスクしてる?
周りに病気の人とかいなかった?
なんて

神経質になって聞く私。

でも

そんな私に旦那君

”シンガポールは
かなり厳しい健康チェックが毎日されていて

病気の人は
完全に社会に出れない様になっているから
大丈夫だよ〜”

と。

いったいどう言う事?
と聞くと

例えば
会社のビルに入るために
必ず熱がないかチェックをされ

さらには
その会社内でも

会議室に入るために熱をチェックされ

ホテルでも
毎回入り口でチェックされ

とにもかくにも
どこかに”入る”為には

体温チェックが必須になっているんだとか。



ま、まぁ、それなら
安心、、、、?

なのかはよくわからないけれど

でも
フランス以上に厳しいチェックがされているみたいなので
とりあえずホッとしております。

avion.jpg 

フランスは
武漢から来ていた80代の観光客が亡くなったけれど

フランス人では
特に重症者もおらず

以降
感染者も増えていないせいか

最近はすっかり
トップニュースから外れており

そこまで気にしなくなっております。

実際にCDG空港の人たちも
一時期は皆マスクをしていたのに

旦那君が出張に旅立った時は
ほとんどの人がマスクをしてなかったらしい。



ただ

現在

新たな心配が浮上!

それは
旦那君

このシンガポール出張が終わった後は
アメリカに出張なのですよ。

むしろシンガポール以上に心配!

だってアメリカ。

インフルエンザが
大流行しているらしいじゃないですか。

その患者数
2700万人。。。。って!?
死者、14000人、、、、って!?

コロナウイルスどころの騒ぎじゃないじゃないですか。



まあ
インフルエンザの流行は
世界各国で起こる事で

フランスでも毎年
1万人近くが亡くなっているらしいけれど

でも

やっぱり我が家みたいに
チビがいると

できるだけ大きな病気は
持って帰って来て欲しくないのです。

なので
シンガポールから帰ったらすぐ

インフルエンザのワクチンを打ちに行く事。

そうじゃないと
アメリカ出張行きは許しません!と

旦那君に連絡しましたよ。



ただ

私の中で

いや、多分
私だけじゃないと思うけれど

素朴な疑問がありまして。。。

えっと

本当に彼ら全員

インフルエンザなのでしょうか?

コロナウイルスって事はないのでしょうか?

どうなんですかね?

日本は
春節の時に中国人がたくさん訪れ
感染源となった

なんて言われているけれど

アメリカに行った中国人も
かなりいると思うんですよねー。

ニューヨークみたいな巨大都市はもちろん

アメリカには世界中の人が夢見る
ディズニーパークやユニバーサルスタジオみたいな
テーマパークもあるから

その辺で感染とか
なかったんですかね。

だって彼らが日本人の様に日頃から

マスクで予防。
除菌シートで予防。

なんてしていると思えないですもの。

なーんて

考えれば考えるほど
不安ばかりが増える日々。

インフルエンザでもコロナウイルスでも
どっちが良い悪いなんてないから

とにもかくにも
病気になることなく

出張から帰って来て欲しいわー。



そんな私は

旦那君が出張で
息子はスキーで

せっかく家で一人
のんびり時間なのに

体調を崩しております。

このタイミングで
咳がけっこう出てるので

なんだか気まずくて
外に行きづらいのよー。

なんでずっと家に引きこもっている私が
一番体調悪いのさー!

それは完全に運動不足で体力がなく
ヒッキーしてるから免疫力もないからじゃない?

とわかっているけれど
なかなか体質改善が出来ない私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

寝たきりレベルで体調不良。
久しぶりだぜ!

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

残酷な世の中と思った事。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




9月

旦那君の
中学時代の親友が亡くなった。

病名は

ガン

だった。

まだ30代半ばだった。

実はこの彼

中学生の時と大学生の時に
親をガンで亡くしていて

身内は兄だけだった。


彼とは昔、かなり仲良くしていたけれど
高校から別れてしまったせいで

そこまで深い交流は
続けていなかったらしい。

でも

このニュースには
非常にショックを受けた旦那君。

もちろん
お葬式にもかけつけました。

でも
そこで

さらに衝撃的な事実を知ったのです。

実はその彼
昨年結婚したばかりだったのです。

そして
さらに衝撃的だったのは

奥さんのお腹の中には
赤ちゃんがいたと言う事。


その話を聞いた時

なんだか
めまいがした私。

その奥さんの気持ちを考えると
つらくてつらくて

悲しくなった。

でも

後で

皆で彼を偲ぼうと

皆が自分と彼との思い出話をしたり
写真をポスティングしたりしていた時に

彼の結婚式の写真もあり

それを見て知ったのは

結婚式の時点で
既に彼は車椅子だったと言う事。

でもって
その奥様は

既に7〜8年
彼と付き合っていて

彼の病気を知った後も
付き合い続け

そして結婚する事を決意したと言う事実。

そしてきっと
亡くなるのがわかっていて

愛する人の子供が欲しいと
妊娠したのではないかと。

その話を聞いて

もうね

涙が止まらなくなった。

彼女は
どんな気持ちで彼と結婚をし
新しい命を宿したのだろうか。

でも
きっと

その赤ちゃんこそが
彼女の生きがいになったのかなと思うと

少し彼女の気持ちが
わかる気もする。


そんな中
先日

あまりにも衝撃的な話が
仲間に飛び込んで来た。

その彼女がいよいよ産気づき
病院へ行って見たら

赤ちゃんの鼓動が
止まっていたと言うのだ。

妊娠9ヶ月。

死産だったと

言うのだ。

michelangelo.jpg 

もう



なんか



この話を聞いた時

世の中
何かがおかしいと

そう思わざる
おえなかったよ私。

涙が止まらなかったよ。

私は彼女に会った事がないけれど

彼女の状況を
想像するだけで

凄まじい恐怖心とか
やり場の無い怒りとか
どうしようも無い絶望感とか

なんだか良くわからない感情が入り混じり

気分が悪くなった。

こんな事
絶対に起きちゃいけないんだよ!

神様!

あまりにも
重すぎる試練だよ!

彼女がどれだけ
この赤ちゃんの事を楽しみにしていたのか

もう
それを考えると
胸が張り裂けそうな気持ちだよ!

eglisepl.jpg 

こうして彼女が
一人になった事は

きっと何か
意味があるのではないかと

そう信じたい。
信じないとやってられない。

世の中は
あまりにも残酷だ。


今はただ
この彼女が幸せになってくれる事を
ただただ祈っている

私たち夫妻なのです。

今日の応援クリックを2つお願いいたします。
今を精一杯生きるのが
一人の人間が出来る最大の幸せなのかもしれないですね。

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

恵まれた国。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

息子の唯一無二の親友
レオンに誘われて行った

ガレット・デ・ロワパーティー
(その時の話はこちら)

年少の時から仲良くしている
グループのメンバーが集り

親同士もすでに深い交流があるので

こちらも
久しぶりの集まりに大盛り上がり。

子供そっちのけで
レオンのパパママとは
何時間も盛り上がったわ〜。

IMG_5098_20200123225922f29.jpg 

そんな中

話はRATPのストの問題へ。

”フランスの今の問題”を
フランス人がどう考えているかを聞く

とっても良いチャンスと思った私は
ウホウホと聞き耳、聞き耳。

そして
満場一致で

”このストには賛同できない”
と言う

私と同じ意見で安心したわ。

だって、ほら

今回のRATPのストに対して
”賛同する”
なんて言う人もいますからね。

こう言った類の話は
話題にする時は少し複雑なのですよ。

私みたいに新参者が
皆と反対の意見を言うなんて

そんなシチュエーション、ありえないので
ちょっとビクビクするのです。



でも
彼ら全員

今回のストについては
まったく持って良いイメージがなく

”予算的に無理なものは無理なのに
どうしろっちゅーねん!”

”フランス人はもう少し
世界を見るべき。

世界の年金制度の中で
すでにフランスはかなり恵まれているのだから”

”単なるエゴ。
国の未来を考えてない”

”その負担が子供が達にかかるのに
自分たちさえよければよいのはおかしい”

etc etc

完全に私と旦那君が話している内容と
同じ様な意見を言っていて

なんだか安心したわ。

manifratp.jpg 

でもってそんな中
レオンのパパがこう言った。

”そもそもさ

RATPの人は53才で定年して

その後
老後30年間

年金をもらって
暮らしたいって言うけれど

それで人生楽しいのだろうか?

少しのお金で満足して
30年間も生きろなんて

僕なら耐えられない。

仕事をしないと言う事は
社会に貢献する事も出来なくなるわけで

それで
”生きてる”っていうことを
楽しめるんだろうか。”

と。

って

愛さん、その意見
激しくアグリー!

ごもっともよ!



今まではなんとなく

働かず年金もらって
楽して生きようなんて

そうは問屋がおろさんぜよ!と

そちらの方面から
ついつい見てしまっていたけれど

バリバリ働く
彼らの様な人種達は

むしろその彼らの生き方、考え方が
納得できないんだな、って。

確かに

仕事があるから
バカンスや週末が楽しいんですよね。

激しく納得だったわ。



もちろんそれ以外にも
かなり激しい討論が行き交っていたけれど

まぁ
こう言った問題は

ちょっと繊細な話題なので
ブログでは詳しく書きませんが

とにもかくにも
フランス人よ。

日本という国から来た私に言わせてもらうと

年金とか
医療制度とかetc

とにかくね

老後の心配が
日本に比べると激しく少ないって事

いや
日本だけでなく
世界の中でもめちゃくちゃ恵まれているって事

もっと知るべきよー。



外人だからこそわかる
この国の変な所。

なのです。



複雑な話を
最後はさらっとまとめてみた私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

この国には
ブラックで過酷な労働を強いられている
移民の人も山ほどいる現実。

今に彼らに仕事を全部取られちゃうわよー!

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR