08
:
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

夏のパリ、プチ攻略法。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。






パリに住んで何年も経った今
すっかりこの街での生活にも慣れてきて

うわっ!と
新しい発見をする事は
めっきり減った今日この頃。

想像をはるかに超えた
映画の中レベルの刺激的な事も起こるので

いまだに東京にいた時の
何十倍も心臓に負担のかかる生活をしているのは
否めないけれど

来た当初に思った
小さな事に感じる発見や喜びが
すっかりと減ってしまいました。

いいのか悪いのか
本当にこの街に馴染んでしまったのね。私。

parisparis3.jpeg 

ブログも最初は
パリ慣れしてないピュアな私が感じたことを
ひたすら綴っていたけれど

最近は
そんな内容がめっきり減ってしまい

旅行される方にとってはどうでも良い様な
身内情報が増えていて

なんだか申し訳ない様な気もしております。

なのでたまには
ピュアな私に戻って

あの頃に発見した旅行者様に役立つ様な情報を
ちょっと発信しようかな。

なんて思ってます。

parisparis.jpeg 

さてさて
その第一弾、なのですが

それが

"夏のパリ観光のプチ攻略法"

こんな風に書くと
なんだかすごい旅程とかモデルプランが出て来そうだけど

私が今日伝えたいのは

そんなガイドブックに載ってそうな情報では無く
パリ在だからこそな情報

それは
じゃじゃじゃじゃんっ!

”夏日のパリを散策したいなら夕方前に済ませろ”

です。

parisparis2.jpeg 

これ、どう言う意味かと言いますと

夏でも最高気温の平均が25度と言われているパリですが
ここ最近は来るんですよ、奴が。

猛暑と呼ばれる悪魔が!!!!

日本の様に
何十日も猛暑が続く。

なんて事はなく
2〜3日でぽこっと終わるのが普通だけれども

旅行者様にとっては
この2〜3日でも大事件!

だって、そもそも1週間程しか滞在されないのに
そのうちの半分が猛暑となると

これはもう
旅程を変更せざる追えない可能性も。

そんな時
きっと日本の皆様はこう考えると思うのです。

”今日は暑くなるから
涼しい午前中に街を散策して

昼過ぎは美術館等の室内中心にして
夕方からまた街に繰り出そう”

って。

これね

大きな間違いなんですよ。



日本だったら常識とも言えるこの感覚だけれども
パリではこれ、非常識。

なぜなら夏のパリは
最高気温が夕方にやってくるのです。

日本で1番暑いと思われている
12時〜14時くらいは
パリではまだまだ涼しい時間帯。

本当に気温が上がって来るのは
16時過ぎてから。

そのあと、6〜7月なら19時くらいまで。
7〜8月なら18時くらいまでが

暑さのピークなのですよ


でもこれ
考えてみたら当たり前の事で

東京は太陽が沈むのがパリに比べると
4時間くらい早い。

なので太陽が真上に来る時間にも
かなり差が出て来るのが当たり前。

そうなると
気温が上昇する時間帯も違うのが当たり前。

でも、これ
案外知らない人が多くて

夏のパリの過ごし方を失敗してしまうんですよね。

私も実は
フランスの旅行者だった時は気づいてなくて

こちらに住む様になって身を以て理解した事の1つ。

なので
パリに移住したばかりの夏は
びっくりしたのですよ〜。

夏にフランスにいらっしゃる方は
暑い日にぶつかる可能性も考え

ぜひその点
覚えておくと良いですよ〜。

と言う

小さな小さな
フランス旅行知識で恐縮ですが

役に立ったよ!って方も
そんなの常識!知ってたよ!って方も

今日の応援クリックをして下さると嬉しいです。
押すだけでランキングに点数が入ります。

最近下降気味のポイント。
皆様からの援護射撃だけが頼りです。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

パリ住人による愚痴。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





パリに住んでいると

けっこうな頻度で
”国家権力”を目の当たりにする。

つい先日は
公園から帰ろうと思ったら

突然歩道に
赤いテープが張り巡らされていて
通るべからず。状態に。

しょうがないので
バスに乗って通り過ぎてみましたら

って、この写真だと全然見えないかもだけど
IMG_9053_20170605193226625.jpg 

とにもかくにも
歩道が完全に閉鎖されていて

やたら警察の車が並んでおりましたよ。

IMG_9138_2017060519322968d.jpg 

いやいや、それどころか

アルマ橋全部が
警察車両でうめつくされておりました。

IMG_9023.jpg 

さすがにここまで激しく道を閉鎖するのは
シャンゼリゼ通りかエリゼ宮周辺以外ではめずらしい。

バスが通れるからテロってわけはなさそうだし
いったいなんなんでしょう?

この辺に、国家権力を使ってまで閉鎖する場所なんて
無かったよなぁ。と

気になっていたら

うん、ニュースで納得。

このお方がいたんだわ〜。

IMG_8962_20170605193224e9e.jpg 

ロシアのプーチン大統領。

ちょうどアルマ橋の先には
昨年完成したばかりのロシア正教の大聖堂があるので

どうやらそこにいたのね、彼が。

IMG_9102.jpg 

そりゃ、フランスも

国家権力をフルに使って
必死で守るわさー。

だって、何かあったら怖そうだもんー。

国家的にも個人的にも、さ。



つい先週は
お買い物帰り道、テクテク歩いていましたら

目の前に突然の人混みと
黒い車のオンパレード

IMG_9157.jpg 

プラザアテネホテルの前だったので
あ〜、また有名人かい?

しかしこの黒づくめの車と
どっからどうみても怖そうなボディーガード達

どんだけ有名な人なんだろ。

前回、マライヤキャリーが出てきた時は
すぐ近くまで近づけたのに

なんだかそんな雰囲気じゃないわ〜。

なんて思いながら
ぼけーっと息子を連れて通り過ぎようとしたら

突然警察に呼び止められた私達。

「マダム、ホテルの前の道は完全に閉鎖です。
反対側に渡って歩いて下さい”

と。

な!?



なんだ、そりゃ。

私達庶民は
一般道を歩く権利はないって言うのかい。

我が家はこのすぐ先だし
2歳児つれてテクテク歩いてる私達に
遠回りしろってか。

住人よりもVIPが大事なのね、この国は。
まあ、当たり前だけど。さ。



IMG_9159.jpg 

でもさすがに

ここまでホテルの周りが完全に
警察やら黒い車で囲まれているのは初めて見たわ。

いったい、誰がいたのだろうか。

もしや、、、、

IMG_8962_20170605193224e9e.jpg 

いやいや
さすがにそんな、何日も滞在してないよね。

もしかすると公務の後プライベートで
プラザアテネを満喫してたのかな?

それなら
国家権力を使わないで欲しいわ。

と言うか

国がこういうお偉い人達用にちゃんと
宿泊施設を用意してよね。



こんな感じで
かなりの頻度で国家権力を目の当たりにする街。

”パリ”

フランス革命が起きた国だけど
あいかわらず庶民には厳しいのよね。

なんて思ったりするのです。

住人のちょっとした愚痴ブログで恐縮ですが
今日も応援のクリックを頂けると嬉しいです。

押すだけでランキングに点数が入ります。
皆様の応援だけが頼りです。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

夢って?(LA LA LAND)

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




1月のとある金曜日。

旦那くんの出張振替休日を利用して
平日のど真ん中に行ってきました

映画鑑賞〜

今、流行りの?
かどうかはわからないけれど

今回観たのはこの映画

LA LA LAND

lalaland.jpg 

先日行われたゴールデングローブ賞で
歴代最多の7部門賞を取ったと思ったら

今度はアカデミー賞で
歴代最多(タイで)14部門にノミネートされたと言う

なんだかとてつもない偉業を達している
映画ですね。



シャンゼリゼ通りにある映画館で
保育園に息子を送りに行った旦那くんと待ち合わせ。

私は西から、彼は東から。

なんだか独身時代の映画館デート気分です。

うふふ

IMG_1941.jpg 

人気作品だけあって
1番大きなホールで上映されていたけれど

金曜の午前中と言う事もあり
がらがらもがらがら。

600人以上はあろうであるシートには
総勢10人程しかおらず

まるで貸切状態。

これはどこでも座れるね、と
ど真ん中のど真ん中

最高のシートを選んでみるも

なんだかとっても違和感。
何かがいつもと違う。

なーんて思ったら

IMG_1942.jpg 

ここね

前に行くほど座席が上になっていると言う
普通の劇場とは反対バージョンだったのですよ。

もちのろんでスクリーンは上の方にあり
上手に角度が設定されているので

どこからでも観やすい作りではあったけど

ちょいと首を上げ続けてないといけなくて
疲れたわい。



さてさて
肝心の映画の感想は、と言いますと

これから映画を観にいかれる方もいると思うので
あまり内容の詳細は話せませんが

観ている間は
普通にミュージカルを楽しみ

でも、観終わった後に
なんだか色々と考えてしまう

そんな映画でした。

本当に幸せってなんだろう。
本当の夢ってなんだろう。
夢が叶うってなんだろう。

人生で1番大事なものって何だろう。

って。

lalaland1.jpeg 

夢を追い求め
それが叶う事ももちろん幸せな事でもあるけれど

もしかしたらその裏では
本当の幸せを逃してるのかもしれない。

人生って
思い通りに物事が進まずイライラする事も多いけれど

色々な可能性があるからこそ
色々な選択肢があるからこそ

簡単に進まないもんなんですよね。



この映画を単なるミュージカル映画として
ダンスと歌のみを純粋に楽しむのもありで

そう言う人も多いかもだけれども

少し人と違う選択をしていつの間にかパリ在となった
ちょいと不思議な人生を送っている私にとっては

なんだか心に響くものがありました。



日本では2月24日から上映開始の様なので
ぜひお時間がある方は劇場まで足を運んでみて下さいね。

と言う

なぜだかパリブログで
ハリウッド映画の宣伝をしている私に
今日の応援クリックをお願い致します。

最近下がり気味のポイントに
ガツっと応援ぽちぽちしてくれたら嬉しいです。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR