FC2ブログ
   
09
:
27
28
29
30
   

パリ好きさん必見かもです。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日

久しぶりに旦那君と2人で
映画デート〜

image3_2018081500392430e.jpeg 

ロマンチックなのを見ようなんて
そんな気持ちはさらさらなく

観たいのを観ようぜ!!!と
2人一致で決まったのが

こちら

ミッションインポッシブルの最新シリーズ
FALLOUT

MI62.jpeg  

もともとこのシリーズが好きで
全部観ているのもあったけれど

数ヶ月前からパリ中に貼られていたポスターに
エッフェル塔が大きく載っていたので

パリが舞台になってるのかなと思い

すごく気になっていたのです。

MI6.jpg 

でもって
実際に観た感想は、と言いますと

いや〜
ミッションインポッシブル、外れなし!

そして思った以上に
パリ、パリ、パリ!で

楽しかった!!!

MI63.jpeg 

パリ好きさんなら大抵の人が

”ここ知ってる!”
”ここ行った事がある!”

と思うシーンが満載。

アクションが好きでない方や
ミッションポッシブルに興味が無い方でも

パリ好きさんならきっと楽しめる
そんな映画になっておりましたよ〜!

なのでまた観ていない方がいたら
絶対におすすめです。

多分ドローンを使った?
上空からの撮影とか

パリの地下に潜む水路とか

普段は見る事が出来ない角度からのパリを
たくさん楽しめるかと思います。



いや、しかし

改めて

トムクルーズって凄い。

Tom.jpeg 

何が凄いって

彼って私が小さな頃から
”人気アクション俳優”で

それが今でもこうして
映画界のトップに立っていると言うのが凄い。

でも

1980〜90年代に活躍した人たちって
案外今も最前線でハリウッドを引っ張っている人が多く

今でもゴシップの話題に頻繁に上がって
皆の注目を集めるから

そう思うと
ハリウッドはある意味1980〜90年代から
あまり新しい人材が生まれていないのかな。

なんて

大して詳しくも無いくせに
勝手にハリウッドを語ってみたりして。

あは。



しかし今思うと

去年やたらパリの街で
道が閉鎖されていたのって

この映画の撮影の為だったのかと
この映画を見て妙に納得。

このブログでも
その都度、けっこう愚痴らせて頂き

また道が閉鎖されてたー
バスがいつもと違うルートになってた
ぶーぶーぶーっと

文句たらたらなブログを書いたけれど

なんか、トムなら許す。
ミッションインポッシブルなら許す。
この映画を作り上げたのなら許す。



勝手に3つの許しを与えた私に
今日の応援クリックをお願い致します、


皆様の応援が私のハートを熱くします。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

2人の日本人店員。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




7月のとある日

息子を連れて
オペラ座界隈に買物に行った時の事。

IMG_5171.jpg 

暑くなる予報が出ていたので
涼しいうちに行動しようと

お目当のショップがOPENする
10時半には到着した私達。

でも、ああっ!
なんて事でしょう!

お店を覗いても店員さんがおらず
ドアに鍵が閉まっているではないか!!!



これはけっこう
フランスのあるあるで

小さなお店は
開店時間にOPENしていなかったり
店員さんが席をはずしていたりする。

ドアに
”ちょっと出かけて来ます。
15分で戻るわ”

なんて張り紙がしてある事もあり

おいおい
何時から数えて15分だよ!と
つっこみどころいっぱいの

店員不在もあったりするのです。



午前11時前だけれども
既に気温は30度近く。

でも
ここまで来たからには
帰るわけにはいかないわ。と

お店の様子を伺っていると
息子がこう言った

”僕、喉が乾いた!”

と。

うん、そりゃそうよね。
この炎天下、一緒に待っていたら
そりゃのども乾くよね。

IMG_5088.jpg 

でも、カフェに入ってゆっくりしていたら
気温がぐんぐん上がってしまう。

とりあえずどこかで
ペットボトルの水を買おう。

そしてまた
お店の前で店員さん待ちしよう。

冷たいのがいいな〜
どこで買おうかな〜

なんて思った私に
1つの考えが浮かんだ!

せっかくだからおやつも買える
ぴったりな場所が近くあるではないか!



そして向かった先が
パリの日本式パン屋さん

”AKI”

こちら、店員達は皆日本人で

日本を代表するアンパンやメロンパン
お弁当などが売っているお店なのです。



せっかくここまで来たし
何か買って帰ろう〜

あんドーナツもいいな、でもメロンパンも捨てがたい。
からあげ弁当も食べたいな〜

なんて
本来の目的を忘れて
ついつい商品を物色する私。

お水は冷たい方が良いから
買う直前に冷蔵棚から出しましょう〜

なんて思っていたら

通りかかった店員のお姉さんに
息子が突然こう言った

”あのね、僕、喉が乾いたからお水が飲みたいの”

と。

そうそう、だからここに来たじゃないか!
冷たいのを買おうね。

なーんて思っていたら

その店員さんから
思いがけない返事が帰って来た。

”そうなんだ。
じゃあ、今、お水持って来てあげるから待っててね”

と。



これ
大した会話に見えないかもしれないけれど

隣にいたジャポネーズの母ちゃんは
相当おったまげたわよ。

だって私達
水が売っている冷蔵棚の前にいて

しかも私は買物中。

そうなるとこの状況って

私はお水を買うのが
当たり前の流れなわけで

まさか"持って来てあげるよ"なんてセリフが出るとは
思っていなかったのです。



なんせ

パリの(ほとんどの)日本人店員は
日本人に対する接客がものすごい酷い(場合が多い)

(オペラ界隈の日本人街のお店の雇われ)店員さんの接客で
ああっ!気持ちの良い接客だわ!と思った事は

1年で1度あれば良い方と思っております。
(注:あくまでも私の経験上)

これがたまたまな数字なのかわからないけれど

パリ在の友人も同じ様な事を言っている場合が多いので
あながち間違っていないと思う。

なのでパリの日本人店員で自然にこの対応が出来る人
私にとっては神、女神、天使、聖母!

そう思えてしまったのですね。

そして
息子がそういうお姉さんに会えた事を
とても嬉しく感じてしまったわ。

IMG_5091_20180708190217f45.jpg 

この後
お目当のショップで無事に買物を済ませた私達。

帰り道

このエリアにある日本の本屋で
息子に本を買ってあげたのですが

表紙には
ドラえもんやらアンパンマンのキャラがいて
そりゃあもう、大はしゃぎの息子くん。

店員さんに向かって
”あのね〜、ほらドラえもんだよ!”
と嬉しそうにひたすら言うも

まさかの完全

”無視”



そのまま私に金額を伝え
支払いをすると

本を包み紙でまとめてくれ
私に渡そうとしてくれたのですが

でも

小さなハンドバッグにを肩から下げ
両手に大荷物だった私は

両手がふさがっていて
その荷物を取れる状況でなかった。

両手の紙袋にも
こんな大きな本を入れる余裕は無い。

わかりやすいくらい困っている私に

”僕がそれ持つよ〜
だってドラえもんだもん〜

と言って
店員さんの持っている包み紙に向かい
手を伸ばす息子。

それをやっぱり無視する店員。

ちょっとそれは酷くないか?と思ったけれど
ここは大人なので丁寧に

”すいませんが、紙袋に入れてくれませんか?”と
頼んでみると

別途10センチムかかりますが?

と。

それだけ言い返してそっぽを向いたよ。



”もちろんお支払いします。
パリは袋が有料なのは存じてます。”

と丁寧に答えたけれど

心の中では

どう見ても
手持ちで持って帰れる大きさと重さじゃないでしょ!
状況読んでよ!

3才の息子でも気づいてるわよ!

もし状況が読む力が無いなら

最初に紙袋が必要かどうか
ちゃんと聞く癖ぐらいつけておいてよね

パリのスーパーのレジでも
それくらい最初に聞いてくるわよ!

と叫んだわ。

ああっ、これがなぜだか私がよく出会ってしまう
”パリの日本人店員の対応”だわ。

せっかくAKIで良い気分だったのにさ。



ただ
唯一救いだったのが

息子の近くにいた観光客と思われる
年配の日本人女性2人が

冷たい店員の態度に見るに見かねてか

ドラえもん好きなの〜?
よかったね〜!!!

と息子に話しかけてくれた事。

2人のマダム

感謝!!!



いやしかし
日本の誇る”おもてなし”や”接客”

あれって日本人だから出来るんじゃなくて
日本で教育されたから出来るんだわ。

そんな事を思いながら
書店を後にした私だったのでした。

と言う
ちょっと辛口ブログで恐縮ですが
いつも感じている事なので書かせて頂きました。


そんな私に今日の応援クリックを頂けると
大変嬉しいです。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

富裕層の家にあった驚きの物。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




ぐーーーーんと気温が上がった
7月のとある日

この日は息子を連れて

近所のL君のお宅に
お邪魔する事になっていたのだけれど

こういう暑い日に
誰かの家にお呼ばれされるのって

ちょっとね

けっこうね

大変だな〜と思ってしまう。

何と言っても
パリの夏の日差しは半端なく暑い。

なのでこんな日は
家でじっとしていたいと思ってしまうのです。



でも
お呼ばれされた相手は
あのL君のママ。

ええ、あの美女弁護士、L君のママ。

超御曹司なイケメン旦那様がいる
あのL君ママ。

断ったらバチが当たる!

と言うわけで

なるべく直射日光を避けながら

5分の距離をヒーヒー歩いて
遊びに行きました。

 

アパートの最上階に住むL君ファミリー。

エレベーターで最上階に到着すると
大きな窓から太陽の日差しがガンガン差し込み

あっつーーーーっい



焦げる焦げる、こりゃ、焦げる!

と思いながら
L君家の呼び鈴を押しますと

出て来たよ、美女が。
いつもと変わらぬ美しい姿で。

こんな暑い日に
なんでこんなに爽やかでいられるのだ!?

汗だくで化粧が崩れている自分の姿が
かなり惨めに思えてしまったわ。



ドアが開くと同時に
息子はL君に誘われ彼の部屋に行ってしまったので

私はその後
美女ママと一緒にのんびりとリビングへ。

ふぅ〜〜〜〜〜

いや〜、しかし、今日は暑いねぇ、、、、、

なんて話をしようと思ったけれど

あれ?

おかしいぞ?

あれれ?

ここ、、、

暑くない!!!!

なんだこの部屋

むしろ涼しい!!!!!



最上階って
こんなに涼しさキープできるものなの?

いや
熱って上に行くから

最上階が1番暑いのでは?

あ、それともどこかに
ザ・パリの冷房があるのかな?

climaparis.jpeg 
画像はお借りしました。

外観を守るため
室外機の設置を厳しく取り締まっていて

さらには石造りと言う建物の構造上
壁に穴をあけるのが難しいパリの街では

こうしてホースの様なのを
窓から外に出すスタイルの冷房が売っているのです。

ホテルですら
この冷房を使用している所、けっこうあるんですよ。



でも、一般家庭にはあまり人気が無い。

なぜなら
室外機ありのクーラーに比べて効きが激しく悪いし
それでいてかなり巨大な機械で音もうるさい。

しかもこのホースを外に出しておくために
窓を少し開けておかないとならないので

熱&虫が入って来てしまう可能性もある。

それでいてかなりの電気代がかかるもんだから

高いお金を出してまで
これを買うって人はあまりいないのです。

なくても乗り切れちゃいますからね、パリの夏は。

暑い日たって
1年の間で合計1週間くらいですからね。



実は我が家には
この冷房があるのですが

日本の冷房に比べて効きが悪すぎる!と
私はいつもぶーぶー言いながら利用しているし

実際に年に数える程しか使わないから
場所をとって邪魔だな〜と思う事もある程なんです。

 

でも
この家の涼しさは只者ではない。

我が家が持っているのとはレベル違いの
もんのすごいハイパー冷房をお持ちなのかな?と
キョロキョロ見回すも

やっぱりそんな物は無い。

あっれ〜
どうなってるんだろう、と思ったら

”ごめんごめん、ちょっと寒い?”と
L君ママが言って来た。



え?寒い?
え?え?どう言う事?

と思ったら

日本でよく見慣れている
冷房のリモコンみたいのを上に向けて

ピッと押した。

えええええええええええええ!!!!

も、もしや!!!!!



ドキドキしながら
リモコンを向けた先を見てみると

えええええええええええええ!!!!!!!

こ、これは!!!!!!!!



そう、そこには
クーラーがあったのです。

しかもしかも
ただのクーラーじゃございませんよ!

お店とかホテルとか
そんな所でよく見かける

天井に埋め込み式の
おっしゃれなやつがあったのですよ

climaparis1.jpg 
イメージ図

いやいや

パリの一般家庭で
お初にお目にかかりましたよ。本物のクーラーさん。

アイミッスユー!!!

あまりにも嬉しくなって
思わず拝みそうな勢いだったね。

さすが富裕層
持っているものが違うわ〜!



いや、でも、ちょっと待てよ。

このタイプの冷房は室外機が必須のはず。

でもって
天井の大工事をして設置しないとならないはず。

clima4.jpg  
イメージ図

いったいどうやって、、、、、?

、、、、?

、、、、!?

はっ!



そ、そうか

そういえばこのアパート
一棟まるまる、L君パパ一族の所有だった。

なので最上階に住む彼らは
天井の工事なんてできてしまうし

外から見えない様に
上手に室外機を設置するのも
可能なわけか。

普通ならオーナー会で大問題になるけれど
彼らがが全部屋のオーナーだもんね。

なんでも出来ちゃうわけだわ。



いや〜
パリでは冷房がないのが普通と思って
全く疑っていなかった私。

でも、そーだよね。
こう言う人達もいるよね。

なんんだか
パリの庶民と富裕層の生活の違いを
しみじみ感じさせらた

そんな出来事だったのでした。

でも、命がけの猛暑がきたら
避難させてもらえるね!はっはっは。

なんて
ちょっとセコイ事を思ってしまった私に
今日の応援クリックをお願い致します。

ブログ村システム障害の影響でポイント急下降
皆様からの復活ぽちぽちお願い致します。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR