04
:
28
29
30
   

フレンチに疲れたら。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




とある週末の昼下がり

アパートの内装工事の為に
パリのホームセンターに行った私。

工事も終盤だったので
選ぶのは例えば戸棚の取っ手だったり
カーテンレールだったり

そんなのが中心でございます。

軽い買い物で
思ったよりも早く終わったので

近所に住む息子のゴッドファーザー
T君と合流し

そのままラーメンなんぞを食べに行きましたよ〜。

IMG_7715_201703130057577b2.jpg 

いや、ラーメンだけでなく
みよ、このずらーっと並んだ

”日本の中華屋”な感じ!

FullSizeRender_201703130057520e6.jpg 

ここはパリのオペラ座近く
”日本人街”と呼ばれるエリアにある

”来々軒”

です。



名前からして
ちょいと胡散臭いのでは?

中国人がやっている偽和食か
普通の中華屋さんかしら?

なんて思っていて

移住当初は全くお伺いした事が無かったけれど

2年ほど前に
パリジェンヌの友人に連れられ初来店。

それ以降すっかり
常連ですよ〜

IMG_7701_20170313005754675.jpg 

だってね、なんかね
ここのお料理って

本当に”日本で食べる定食屋の中華”
な味がするんです。

パリで今まで色々な和食屋にチャレンジしたけれど

無理してる、高すぎる、頑張りすぎてるetc

なんとなくどこか物足りず
完璧な店が見つからなかったけど

ここはとってもカジュアルで
凝り過ぎていない分、安定のお味。

変に癖のある調味料が使われてなく
醤油、酒、ウスターソース、塩といった

日本人好みの調味料でシンプルにお料理。
ほっとできるお味が多いです。

でもって

安い!かなり安い!

フランスの中でも格安だし
パリの和食店では爆安です。

総合評価的にかなりオススメのお店ですよ〜

IMG_7714.jpg 

一応中華屋なので

餃子とかラーメンとか
中華なメニューが中心だけれども
IMG_7713.jpg 

そんなのも全て
日本ぽい中華なお味。

息子君も大喜びで
ばくばく食べておりました。



この日は旦那君とT君、そして息子に私。
男性が3人もいるんだから!と

食べたいものを全て頼んだ私。

でもって完食〜!

ごちそうさまでしたっ
IMG_7716.jpg 

ちなみに内訳は

餃子3皿(21個)、青梗菜の炒め物、海鮮おこげ、
広東風鳥の唐揚げ、チャーハン
四川ラーメン、みそ四川ラーメン、塩ラーメン

さらにビール6杯、ハーフロゼワイン

これで121ユーロ

とあるパリの日系ラーメン屋では
ラーメン1杯だけで15ユーロ以上するので

それを考えると
本当に破格値です。



お店は全然飾ってなく
古い定食屋な感じではありますが

かなり広いので
予約なしで入れる可能性も高く使い勝手抜群。

和食ではないけれど
馴染みの料理が味わえる

覚えておいて損の無いパリのお店の1つですよ〜。と

オシャレなバリのビストロ紹介じゃなく恐縮ですが
今日も皆様から応援のクリックを頂けると嬉しいです。

押すだけでランキングに点数が入り
ブログを続ける励みになっております。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

子連れでレストラン。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




ご近所のアパートを購入した
息子君のゴッドファーザーT君。
(その時のブログはこちら

徒歩で簡単に会える距離になったので

暇さえあれば一緒にディナー。

独身のT君なので
我が家に来てもらう事が多いけど

先日はレストランで待ち合わせ。

我が家からも彼の家からも同じくらいの距離にある
私の常連レストラン

Au Petit Sud Ouestに行って参りましたよ〜。

pso2.jpg 

あまりにも通いすぎて
ここのオーナーさんご夫妻とはすっかり顔なじみ。

そんな事もあって

やんちゃ盛りの2歳児連れでも怖く無いレストラン。

しかもこちら

子連れに嬉しい事に
”お子様メニュー”があるんです。

pso1.jpg  

フランスのレストランではまだまだ
子供用メニューがあるお店は少ないけれど

その数少ないレストランのうちの1つが
私のお気に入りの店なんて

嬉しすぎます。

と言っても

日本人が想像する
”お子様ランチ”的な

ハンバーグやナポリタンetc
そんなのが盛り合わさっているものではありませんで

フランスでは”子供用のメニューであっても
ほぼ大人と同じものを頂きます。

その店によっても違うけれど

子供が好きそうな大人と兼用のメニューが
少なめに用意されている。

って考えるのがいいのかな。

なのでこちらの鴨&フォアグラの店
Au Petit Sud Ouestの場合は

”鴨のソーセージ”
がお子様メニューになっておりました。

FullSizeRender_2_20170202190212181.jpg  

フランスの子供達はみんな
ソーセージが大好きですからねぇ

ふふ。



もちのろんでうちの息子君も
ソーセージが大好き。

てんこもりでやってきたソーセージに大興奮。

しかもこの日は
出張から帰ってきたばかりで優しすぎるパパと
第二のパパのT君が

手取り足取り
何でもやってくれるので

気分はすっかり王様よ。

FullSizeRender_201702021902153bc.jpg  

でもって
もちのろんで

もぐもぐもぐもぐ
FullSizeRender_3_2017020219021345c.jpg 

がっつり完食です。



パリで子連れのレストランと言うと
けっこうハードルが高い店が多い。

子供のメニューがないのはもちろん
マナーすら大人並みの静かさを求められるので

やんちゃな2歳児を連れてだと
場所が限られてしまい

せっかく行っても
大人が落ち着けない事がある。

なのでこうやって子供を連れても
さほど気にならない店があるのって
ほんとーに助かる。

しかも美味しいのだから
文句なしです。

FullSizeRender_1_2017020219021055e.jpg 

子供にレストランマナーをどんなに教え込んでも

レストランとかに行くと雰囲気にのまれ
テンションが上がるのが普通。

なので子供がレストランでお利口さんでいてもらうためには

何よりも実践あるのみ。
場数を踏むしかないのよね。



いつになったら
ミシュランレストランとかで
息子とデート出来るのかしら?

フランスのレストランはマナーさへ完璧なら
何歳であろうが受け入れてくれるのだけれども

我が家の場合は
まだちょっと早いなぁ。

ママの目標はまだまだ高く
そして遠そうなのです。


食べるの大好きなママのプレッシャーを受けながら
今日も元気にガツガツ食べている息子君に
応援のクリックをお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入り
私が激しく喜ぶ仕組みです。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

初めての食材。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




ちょっと前の話だけど

とある女子と
美味しい楽しいランチタイム。

IMG_6651.jpg

お伺いしたのは
最近、パリの中でかなり熱い!

でも
まだ情報が少なくて謎!

と言われてる?

かは、それこそ謎だけど

サンジェルマンデプレにある
”Clover”
と言うレストランです。

IMG_6656.jpg

とある有名シェフのセカンドレストランで
今の所、知る人ぞ知る。

でも
オーナーのマスコミ露出度の高さからして
このまま黙っているとは思えないので

今にガンガン宣伝して
大人気のお店になるんだろうな。

と言う予感がありありの
レストラン。

IMG_6658.jpg

フランスのシェフは
ある一線を超えると

もう”シェフ”では無く
完全に”ビジネスマン”となりますからね。

フランスのあるあるな話です。

IMG_6647_2015102303475238f.jpg

お店には
看板も何も無いので

飛び込みで、たのも〜なんて

そうとうな強者で無ければまず無理だし

予約すら
けっこう前からしていないと難しい。

ほらね
こんな所が今の所”知る人ぞ知る”って理由です。

まあ、実際
私も知らなかったのだけどね。

つい最近
パリ在住のフードライターの方がお勧めして下さり

ほほほぅ、とさっそく予約して
行ってみたんですね。



お料理はとても美味しくて大満足。

詳しい内容はレストランブログで
改めて書くとして

こちらのお店で何がビックリって

まあ、とりあえず
キッチンがサロンと同じ場所にあって

オープンキッチンどころか
あれ?キッチンの中で食べてる?

と言うくらい

厨房とお客が親近感を持てるのが
あたらしい感じだけど

それ以上に

名前にもなっている”クローバー”が
普通に料理に入ってたのにはおったまげでしたわ。

IMG_6655.jpg

しかもデザートに、ですよ。



クローバーってたべれるんだ〜。

それとも
単なる飾り?

いや、飾りにしては
量、多いでしょ。

これは一緒に食べるんだよ。

IMG_6654.jpg

なんて

お友達と議論しながら
ほうばってみたクローバー。

う〜ん

まずい!

なんだか青臭くて
苦い味かったよー。

良薬口に苦しなパターン?



後日なんとなく気になって
クローバーについてネットで調べてみたら

生は食べちゃダメ的な記事多数発見。

いやーーーーーーん
やはし、食べるためのものじゃなかったのかしら〜?

誰か植物に詳しい方がいたら教えて下さい。

IMG_6648.jpg

この日、ご一緒したのは
アパートのお客様。

今年3回目のヨーロッパで
パリも1月に来たばかりのリピーター様。

そんな旅行ベテランの彼女と一緒に
クローバーをほうばってしまった思い出は
きっと忘れないわ。



とにもかくにも
美味しいお料理に楽しいおしゃべり

とっても満足した時間だったのでした。



こちらのお店"Clover"
お値段以上の価値がある
とっても良いお店でしたよ。

私はまた行きたいな〜。

でも今度はちゃんと
クローバーが出てもよけて食べるかな。

ふふふ。

フランスにはまだまだ知らない食材
やまほどあるな〜

いや、果して
”食材”なのだろうか?

答えが出そうに無い私に
どっちでもいいじゃん!の応援ポチっと
お願い致します。

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR