FC2ブログ
   
09
:
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

イラン料理が楽しめるレストラン”Libra”

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




多国籍民族のパリの街では
色々な料理が楽しめるのだけれども

先日

そんな中でもめずらしいであろう

イラン料理

なるものに挑戦しましたよ!


伺ったのは
エッフェル塔の麓にある

LIBRAさん。
住所:27 Rue Augereau 75007 Paris
電話:01 47 05 51 22


image1_201907272257112c5.jpeg 

新しいお店?だからか
それほどメニューの種類がないのが
ちょっと残念ではあるけれど

IMG_2482.jpg 

この日は3人(男2人、女子1人)での訪問だったので

せっかくだからと
全メニューを頼んでみたわ。



まず前菜の1つがこちら。

image2_2019072722571004f.jpeg 

Noon Panir Gerdoo
と名のついたこちらは

ハーブとくるみの入ったフェタチーズのこと。

そえられたパイがサクッとしていて
フェタのくさみもなく

美味しい〜。



こちらは
ナスとクリームの前菜。

image3_2019072722570808f.jpeg 

キュマンの香りが高く
エキゾチックなお味。

ちょっとだけ水っぽかったのが残念だけど
パンにつけるとそれはそれで良い感じに。



image4_20190727225707739.jpeg  

こちらは、コニャックでフランベされた
チョリソー。

本来辛いチョリソーが
コニャックによりまろやかな味になっていて

パクパク食べれてしまう〜。

これは家でも真似できそうなメモレシピ!



一応サラダもね。

ということで

こちら!

image8_20190727225701642.jpeg  

とろけるモッザレラチーズに
きゅうりとハーブがたっぷりのサラダ。

うーん

モッザレラの上質感が
直に伝わるお味だわ。

さっぱりとしたビネガーソースなので
お口直し的にちょうど良かったです。



メインに突入!

タラのお料理〜

image6_20190727225704ec0.jpeg 

これがね

げ・き・う・ま!

甘辛くカラメリゼされていて
日本人好みの味!

ハーブとの相性も抜群でした。



お次のメインがこちら

鳥肉〜

image9_20190727225659271.jpeg 

サフランの香りが漂うクリームソースが
絶品!

お肉はちょっと焼き過ぎで
パサっとしていたのが残念だったけれど

クリームソースなのでそれもあり。

それはそれで
美味しくいただけました。



最後のメインがこちら

image7_2019072722570234e.jpeg 

牛肉でございます。

ソースがこれまた甘辛く
日本人好み間違いなしのお味。

ただ
赤身肉なのに完璧に火が通っていて

お肉自体がちょっと固かったのは
残念だったわ。



メインの付け合わせとして
サフラン飯かサラダを選べるのだけれども

選んだらサラダが
ものすごくシンプルだけれども

ハーブがたっぷりときいたソースで
ぱくぱくいけちゃいました。

image5_20190727225705a5b.jpeg 

サフラン飯も頼んだのだけれども
写真を撮り忘れ。。。

こちら
鶏肉料理のソースと合わせると
あまりにも美味しくて

あっという間に完食です。



パリに来たら
フランス料理を狙いがちだけれども

多国籍の街だからこそ堪能できるお味。

ぜひパリにいらっしゃったら
こういったお店に挑戦して頂きたいわ。



こちら
タパスバーなので

こういった小さいプレートをいくつか頼んで

居酒屋の様に
皆でシェアして食べれるので

使い勝手も良いかと思います。

覚えておいて
損のないアドレスなのではないでしょうか。



パリであえてイラン料理をすすめてみる私に
今日の応援クリックを2つ!お願いいたします。

美味しいものを食べたいなら
国籍にこだわってはだめなのさー!

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

フランス国内旅行される方へプチ情報〜!

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




昨年から

あれ?一昨年?

とにもかくにも

パリ〜レンヌ間のTGVの所要時間が
大幅に短縮され

2時間10分→1時間半

とかになったので

レンヌに実家がある私としては
かなり嬉しく

今まで以上に
実家が身近な場所になりました。



先日そんな
レンヌ行きの電車で

こんなメニュー表を発見。

image6_20190507164053876.jpeg 

今までTGVに乗る時は
食事の時間帯は極力避けていたし

どうしてもお腹を満たさないとならない時は

駅にあるお店で
サンドイッチなんかを買うのが定番だったので

こうしてあまり
メニューを気にした事がありませんでした。

正直

フランスのTGVで買えるものなんて
どうせたかが知れてるわ。

飛行機の機内軽食で出される様な
サンドイッチとかなんでしょ。

不味いのに高いが定番よ!

ああっ
日本の駅弁、あいみっすゆ〜。

なんて思っていたので

興味本位で開いてみてびっくり。

えええええっ

なに、これ

超、おフランス〜っ

image2_201905071640584c9.jpeg 

だってそこには
セットメニューが色々と選べる様になっていて

しかもしかも

ミシュラン2星シェフが
監修となっていたのです。

image3_201905071640577de.jpeg 

しかもそれが
メインとデザートで13.9ユーロ。

ぜんぜんお高く無いではないか!



さらにはBOCOと言う
パリにある有名なお惣菜の店との
コラボも行っております。

image1_20190507164100d8e.jpeg 

このBOCOも
フランスの有名シェフたちが監修したお料理を集めた
お店なんですよ。



でもってもちろん
こちらも充実!

image5_20190507164054801.jpeg 

って。

激しく見にくいけれど

こちらはドリンクメニューでございます。

そう
シャンパンやワインが
豊富に揃っているのです。

こちらのHPから
メニューが詳しくご覧頂けますよ〜

こちら



って事は、あれですよ。

レンヌに行くまでの1時間半

レストランで料理を楽しむ感じで
過ごせてしまうって事ですよ。

TGVで
こんな楽しみがあったなんて

今まで気づいてなかった自分が
くやまれる!

image4_201905071640550e9.jpeg  

フランスでTGV移動を考えてらっしゃる皆さん。

ここはあえて
ランチやディナー時に合わせて
電車に乗るのも

フランスを楽しむ為の
1つの方法になりそうですよ。

私も次回はそうしたい。

PAULのサンドイッチなんかに
かぶりついてる場合じゃなかったな。

まあ、BAR車両まで買いに行かないとならないのが
ちょっと面倒ではあるけれど

電車に乗る前のバタバタ時
しかも大きな荷物がある時にお店に寄るよりかは
断然便利だな。

そんな風に思った
とある日のTGVだったのでした。

と言う
ちょっとしたプチ情報で恐縮ですが
今日の応援クリックを頂けると励みになります。

下がったランキングを復活させるのは
貴方からの愛のポチです!
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

1つ星と2つ星の大きな差。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


6、7、8月分の予約
一気にOPEN致しました!!!

パリでお待ちしております


今月上旬にパリに来てくれた親友。

私がパリに移住してから
初めて2人でゆっくりと過ごす事ができる!

と言う事で

ここは愛さん

今じゃすっかり
パリの人になって頑張っているわよ〜っ

な姿を見せなくてはと

色々とオーガナイズ。

レストランも数件予約したりして
準備万端で彼女の来仏を待っていたわ。



そんな中

ここは絶対にはずせない!と
あらかじめ予約していたレストランが

パリの7区にあるDavid Toutainさん。
(HPはこちら)

image8_20190211045502825.jpeg 

昨年伺って以来
すっかりファンになってしまい

でもって

こちらで頂けるのは

日本ではなかなか出会えないであろう
フュージョンフレンチなので

どうしても親友を
連れて行きたかったのです。

image6_201902112015403d6.jpeg  

んがっ

そんな中

嬉しい様な複雑なニュースが
私の元へ!

それは
ちょうど予約した直後。

ミシュランの2019年度版でこちらの店が
1つ星から2つ星になったと発表が。

michelin3.jpg 

自分の好きなお店が
この様な栄誉を得れるのは嬉しいけれど

2つ星になったら
人気もさらに出て予約が取りにくくなるし

そして
色々と値段が跳ね上がりそうだから

これからは足が少し遠のくかもな。
普段遣いにはしにくいな。



ちょっと寂しい感じも。



そしてまさに
その予想はズバリ的中!でして

今まではメールで気軽に
予約おねがします〜っ

で大丈夫だったのに

これからは予めカード情報を教えないと
予約が出来なくなったと連絡が。

まぁね。
確かにね。

とりあえず予約されて
ドタキャンとかされたら

お店の方もたまったもんじゃないものね。

2つ星になった以上
今までにもましてお客の関心が集まり
予約も増えるだろうし

そして
料理のクオリティーを保つ為にも

予約の数をきちんと把握して
準備しておきたいものね。

そうなるとやっぱり
カード情報の提示を求めるのは
当たり前でもあるのかな。

なのでここはすんなりと
カード情報を伝えて予約を確定させたわ。

やっぱりちょっと
敷居が高くなってしまった感は否めないな〜。

image2_20190211201546874.jpeg  

でも
まだ2つ星になりたてだからか

ランチメニューは
とりあえず据え置き60ユーロ。

プラスアルファのお値段を出せば

トリュフやキャビアを足す事が出来るのは
前からなので

image1_2019021120154755e.jpeg 

そこにも変わりは無し。

ただ

以前あったワインメニューが
なくなっていたのにはびっくり。

前までちゃんとワインメニューがあって
予算とにらめっこして選べていたのに!

なぜに?と聞いてみたら

その時のお料理に合う美味しいワインを
毎回揃えたいから

入れ替わりが激しくて
メニューを置かなくしました。

だって。

なので今回からは

ソムリエに飲みたいワインのイメージを伝えて
頼む感じになっておりましたよ。

image3_201902112015445c2.jpeg 

まぁ、でも

それが美味しかったので
ありなんですけどね。

image4_20190211201543c44.jpeg 

ちなみに白は1杯16ユーロ
赤は1杯20ユーロ。

これもなかなか
ミシュランなお値段だわ。

サンセールが1本
60ユーロで飲めていた時代が懐かしい〜。



そんな感じで
2つ星になってかわった点が
いくつかあったけれど

何が1番びっくりしたかって

最後のお会計の時に頂いたこちらっ

IMG_9248_20190211203300473.jpg 

レシートと一緒にあるのは
何かしら?

と思ったら

じゃじゃじゃじゃじゃんっ
IMG_9249_20190211203259428.jpg 

なんとシェフのサインです!

頼んでないのに!!!!!!!!!!



そう。

パリのレストランで
2つ星を取ると言う事は
こう言う事なんだわ。

もうその時点でこのシェフは

フランスのスターになったってわけね。

フランスに来てから
こちらでは料理人達が非常に力を持っていて

彼らは料理人である以上に
タレントであったり、ビジネスマンであったりして

すごいな〜と思ってはいたけれど

フランスの料理界の凄さを
改めて身を以て感じた

そんなランチタイムになったのでした。



とにもかくにも
親友が喜んでくれたので
とありあえずは大満足!

また来訪したいけれど
さらに色々とパワーアップしてそうで
ちょっと怖いな。

なんて今から思ってしまう
基本びびりぃな私に

今日の応援クリックをお願いいたします。

皆様からの応援があるだけで
頑張れてしまう私です。

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR