02
:
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
   

ありえないオマケ付き物件。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。


ただいま5月まで予約受付中!
パリでお待ちしております




先日

不動産サイトを見ながら
良い物件はないかいな〜と見ていたら

1つ気になる物件を発見!

パリ8区の30平米ワンルームで
そのお値段が相場の40%オフくらいだったのです。

ほほぅ。これは掘り出し物!
いや、ものすごい欠陥住宅?

とにもかくにも気になるわ。と
さっそく不動産屋さんに連絡。

 

でも
そこにはこんなカラクリがありまして

”部屋は17平米、中2階が13平米
あわせて30平米だよ。

と。



なーるーほーどー!!!

まあ、でも
CAVEと最上階の7平米のサービスルームが
一緒についてくると言うので

そうなると相場より安いわね、と
気を取り直して見に行く事に。

IMG_0587.jpg 

美しいオスマン様式の外観で
内部も重厚な造りなのはよかったけれど

部屋
超が何個もついちゃうくらいぼろぼろーーーーーっ!

IMG_0581.jpg   

中2階は負の空気が流れまくっていて
これ以上奥に行けないー。
IMG_0578_20180115070017f5f.jpg 

と言う
とんでもな状況の物件。

ただ、パリの安い物件だと
これはよくある話で

私達としても
内装は全部総入れ替え覚悟での訪問だったので
全く驚かなかったけど

この部屋についている最上階のサービス部屋の話になって
不動産屋がこう言った。

""最上階のサービス部屋ですが内覧はできません。
なぜなら実は人が住んでまして・・・""
と。

へ?



なんじゃ、そりゃ?と思ったら

勝手に誰かが住み着いて
住居にしちゃっているらしい。

もらった書類にもしっかりと

sansdro.png  

同じ建物の最上階に7平米の部屋があり
(未契約の不法住人あり)

と書かれていたーーーー!



え、なになに?
これってありなの?

人って勝手に
誰かの物件に住んじゃっていいの?

でもって
オーナーはもちろん
不動産屋もちゃんと把握しているのに

あえて”誰か住み着いちゃってますよ”と告知して
物件って売るものなの!?



どうやらこれが
物件の安い理由の1つだったみたい。

確かに追い出すのは面倒そうだもんねー。

現オーナーはそんな面倒な仕事もひっくるめて
この物件を割引で販売したってわけね。

IMG_0583_20180115070019cf2.jpg  

いや〜
これだけ物件巡りをしていると
本当に色々な物件にあたるものだわ。

まさかの
”不法住人”つきの物件だなんて。



我が家?

もちのろんで
そっこうお断りしましたよー。

警察呼んだりパリ市とごちゃごちゃやるなんて
やなこったー。



でもいったいこの先
この物件がどんな運命を辿るのか

ちょっと知りたい気もする
私なのです。

さてさて
この先どんな不動産に出会えるか!
これがあるから止められない不動産探し。

こんな感じで今日も趣味を満喫している私に
今日の応援クリックお願い致します。
押すだけでランキングに点数が入ります。

ぽちぽちっと、2クリック〜。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

これぞ憧れのパリライフ?

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




2018年に入ってすぐ
アパート探しを始めた私達。

"趣味:不動産巡り"と言う私の
最高の暇つぶし散歩をかねての

不動産探しなんでございます。



一番最近手に入れたアパートは
現在皆様に短期貸しをしている7区のアパート。

アパート探しを始めたのは2014年。

いろいろとすったもんだがありまして
泣いたり笑ったりのドラマもありまして

購入に辿り着けたのは2016年。

でもって皆様にお貸し出来たのが
2017年と言う

いつも長期戦になるパリのアパート。

きっと次のアパートもそうだろうなと
覚悟を決めての参戦です。



そんな中
我が家から徒歩数分の所にひょっこりとあらわれた
ワンルームの物件。

そりゃ、管理しやすくて便利だわ〜と
さっそく訪問する事に。

立派なオスマン建築のアパートで
内部もすっきりと綺麗〜

image8_2018011322472675c.jpeg 

最上階にある6階のお部屋で
5階まではエレベーターで行けるけど

そこからさらに1階分は
階段利用。

そうなるとそれは
元々使用人の部屋だったサービス部屋ね!

うーん、そうなると、どうなのかな?

なんせパリの不動産って
最上階の部屋の扱いが酷い所が未だに多く

人が一人通れるか通れないかの
狭い階段で

しかも急になっていて

しかもしかも
階段自体が斜めになっていてボロボロ〜

なんて所が多いんですもの。



以前内覧に行った部屋の
最上階への階段は幅50cmほどだったのよー。
しかも木がぼろぼろ〜。

IMG_0346_201801132255523d2.jpg 

その時点でこりゃないな。
って思ったけれど

あら、まあ、

6階のサービス階に行くための階段なのに
珍しく綺麗に整備されてますわよ!

image7_201801132247254f1.jpeg  

サービス階のフロアなのに
その辺にある普通のアパートよりも
全然綺麗〜

image6_2018011322472451b.jpeg 

さすが7区のオスマン建築アパート。

こんな部分までしっかり整備して直すなんて
オーナー達、お金があるんだわ〜。



さてさて、肝心の部屋は、と言いますと

うん、まあ、ね
image3_20180113224719d2c.jpeg 

こちらはなかなかどうして
工事は必須の状況でございます。

image5_20180113224722e76.jpeg 

まあ、でも、悪く無い。

何と言っても場所が良い。

そして綺麗に工事する自信はある。

ただ唯一の問題は
そのお値段。

image4_201801132247213e2.jpeg 

7区のオスマン様式のアパートなので
高いのは当たり前だけれども

最上階でこの値段か〜。
うーん。

まあ、現在、外装工事中で
そういった管理面もしっかりしてそうだからなぁ

image2_2018011322471865a.jpeg 

と、外の状況を眺めながら
ふと顔を上にあげてみると

あっ!!!!



工事のせいで
少し隠れてしまっているけれど

すぐそこに
エッフェル塔がどーんっ

image1_20180113224716542.jpeg 

ほほほぅ。

このアパートに住むと

おはよう、エッフェルさん。
おやすみ、エッフェルさん。



毎朝、毎晩、好きな時に拝めるってわけですか。

そりゃ〜、いかにも
”憧れのパリライフ”
じゃないですか。



う〜む〜

ここはなかなか悪く無い。

でも
私達の不動産探しはまだ始まったばかり。

ここで趣味を終わらせてしまうのも
なんだかつまらない、と

私の中で無意味なつぶやきがリフレイン。

とりあえずその場でオファーは出さずに
家に帰った私達だったのでした。

しかし
パリのアパート内覧ってやっぱりおもしろいわ。
訪問できるだけで大満足。

こんな感じで趣味を通り越して
クセにすらなっている私に

今日の応援クリックをお願い致します。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

油断大敵の金髪美女。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




午前から不動産巡りを3件ほどし
全部が不発で落ち込んでいたとある日

このまま帰るわけにはいかないな、と
とある不動産に飛び込んでみた私達。

それが功をそうしたのか
その1時間後にはこの不動産屋のおかげで
1つのアパートの内覧に向かっておりました〜。

image2_20180112050037c65.jpeg 

場所はパリの6区。
サンジェルマンデプレを南に15分程歩いた所にある
1DKのアパート。

image5_20180112050042952.jpeg 

観光客に有名な
カフェ・ラ・ロトンドの近くでございます。

image1_20180112050035d93.jpeg  

ちなみにこのカフェ
なんで有名なのかと言いますと

この近辺は
多くの芸術家が暮らしていたと言う歴史があり

彼らが毎晩このカフェで
芸術談義に花を咲かせていたんだとか。

なーんだ、それだけ?と思った方
ちっちっち。
ここは芸術の都、パリでございます。

その
”集まっていた芸術家”と言うのが
これまたすごくって

ピカソやモリディアーニ、ジャンコクトーと言った
今では世界的に有名な画家さん達なのですよー。

しかも彼ら
当時はあまりにも貧乏で
カフェ代のかわりに絵を置いて行って事もあるらしい。

それがカフェに今でも飾られているんですって!

なーんてパリっぽいエピソード!



とにもかくにもそんなんで
このカフェの近くの6区エリアのアパートを
訪問した私達。

image6_201801120500420be.jpeg  

内覧をしながら
あーでもない、こーでもないと
旦那くんと話しながら

色々とチェックをしていた時

不動産屋さんの女性が突然こんな事を言った。

”あ、それは、大丈夫よ”

と。



これにはビックリな私達。

なんぜね、実は私達
こんな時は100%日本語で会話なのです。

パリのアパートというのは争奪戦。
その場で申し込まないとすぐになくなってしまうもの。

内覧しながらアパートの悪い点や良い点
交渉ポイントなどを話し合い

内覧を終えた時点でオファーをしないと
参戦すら出来なくなる。

なので不動産屋の前でも遠慮なく話すために
日本語を使うと言うセコイ方法をとっているのです。

でも、そこに

まさかのど金髪のマダムから
つっこみが入った〜っ!



私達の会話がピタッと止まり
不動産屋の方を振り向くと

その彼女

”私、東京でモデルをしてたんですよ。
1年間六本木に住んでました〜”

ですって



いやはや、なんと
油断大敵!

けっこう良い物件だったので
変な事を言ってなかったのが救いだわ。

image3_201801120500387c0.jpeg 

確かにその彼女

人工的な面も含め
相当美しい人とは思っておりまして

不動産屋のマダムにしては
ずいぶん派手な人だなと〜気づいていたけれど

まさか日本でモデルをしてたなんてー。

image4_20180112050040720.jpeg 

でも

168cmの私よりうんと小さい彼女。

フォッションモデルだったとは
ちょっと思えない。

そうなると何のモデルでしょう?

まあ、人には色々と事情があるってもんだわ。
つっこんじゃいけない事もあるわよねー。



でも今はこうして
パリの高級不動産屋でバリバリ働き

シャネルの最新バッグを持ちならがら
ピンヒールでコツコツとパリの街を歩いているので

1年の東京暮らしより
きっと良い暮らしをしてるのだと思います。

勝手な想像だけどね。

ふふ。



不動産探しをしていると
色々な人に出会えるのも

これまた1つの楽しみでもあるわ。

私の趣味はこうして
今日も続いているのです。

いったい私は何を目指して
不動産巡りをしているのか

時々それすらもわからなくなる私に
今日の応援クリックをお願い致します。

ぽっちん、ぽっちん。



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR