04
:
28
29
30
   

Bristolでアフタヌーンティー。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




平日の午後に
大人女子が集まれば

いつもとは違う空間に
足を踏み入れたくなるものです



なので

夏に遊びに来ていた友人と
この日はちょっと優雅な午後を過ごしましょうと

向かった先は

ル・ブリストル・パリ
Le Bristol Paris

IMG_9451_201608292007321d5.jpg

”パラス”の称号を持つ
パリの中の高級ホテルの1つ、ですね。
(HPはコチラ

そして伺ったのは
この中にある

”Le Jardin Francais"
と言うレストラン。

IMG_9456.jpg

こちらでは

15時から
"アフタヌーンティー”が出来るのですよ〜

夜遅くまで遊んでお寝坊な私達にはぴったりの
遅めのランチスポットです。

IMG_9463.jpg  

メニューは2種類ありまして

Classic High Teaが
1人なら55ユーロ、2人で80ユーロ

それにグラスシャンパンがついた
High Tea " Le Bristol"が
1人で75ユーロ、2人で115ユーロ。

2人になると
とってもお得なんです。

実は今回

フォーシーズンズ・ジョルジュサンクの
アフタヌーンティーとどっちにしようか迷ったけれど

2名になると断然お得だったので
ブリストルを選んだ私。

せっかく友達がいるんだもの。
その存在をとことん満喫しないとね。

ふだんひとりぼっちの私流の選び方ですよ。

ふ。



前日飲みすぎて寝坊。
しかもこの日の夜も飲みの予定がある私達は

おとなしくシャンパン無しをチョイス。

メニューから好きな紅茶を選んだ後に

どかんとやってくる
小菓子達。

IMG_9472_20160829200727290.jpg

お楽しみのその内容は〜、と言いますと

まずはおきまりの
サンドイッチ系がこちら

IMG_9470_20160829200732b35.jpg

ミニサンドイッチ2種(計6個)
サーモン入りプチクロワッサン(3個)
スパイスのきいたフィナンシエ(3個)

ちなみにこれ

1人分ですよ。

2人なので2皿やってきました〜。

うーん
二日酔い気味なのに

ついつい”シャンパン”を
と言いたくなる美味しさでございます。

IMG_9474_2016082920080369d.jpg

さて

これらをやっつけた後は
甘いのに進みましょう。

IMG_9476_201608292008001f5.jpg

マフィンやらマドレーヌやらが
てんこもり〜(2人分)

ここが本場イギリスのアフタヌーンティーとは
ちょいと違う点でして

スコーンじゃなかったのよね。

でも

ふわふわで熱々のマフィンは甘すぎず
レモンがきいたマドレーヌはさっぱりとしており

とまらない〜。

紅茶にぴったりでしたよ。

IMG_9473_201608292008046c5.jpg

この辺まで食べると
もう、かなりお腹いっぱいなのですが

こんなのが目に入っている以上
食べずにはいられない。

IMG_9475_20160829200801207.jpg

左から
シュークリーム、イチゴのタルト、ラズベリーのマカロン
レモンタルト、ヘーゼルナッツのフィナンシエ
(写真で2名分)

美味しい、うん、美味しい。
確かに美味しい、、

の、だけれども

お腹がいっぱいすぎて
美味しいと言う感動がちょっと薄れ気味だった私達。

あー、サンドイッチ完食するんじゃなかった。
マフィン完食するんじゃなかった。

ここに来て、若干後悔です。

でもね
ここは天下のブリストル

食べきれないのを察知したのか
お持ち帰りを提案して下さり

きちんと箱に詰めて下さいました

IMG_9316_20160823200856fca.jpg

でもって
もちのろんで

お腹がすいた時に
全部完食致しました。

いやー、美味しかったわ〜。

全体的に甘すぎず、私好みでございました。



私の初・本格アフタヌーンティーは
去年行ったイギリスのマンダリンホテルでだったけど

IMG_9779.jpg

もちろん、そちらもすっごく美味しくて大満足で

だからこそこうしてパリでも
アフタヌーンティーをしたくなったのだけれど

そちらでは2人で
190ユーロ(シャンパン付き)だったから

そう思うと115ユーロのブリストルは
格安だよね。

IMG_9772.jpg

まあ
アフタヌーンティーはイギリスの文化だから
イギリスでしてこそ意味がある!

と言われたら

それもごもっともだけれど

パリのアフタヌーンティーでも
とっても素敵な時間が過ごせるし

パレスホテルで出てくる小菓子は
文句なく美味しいので

パリにいらっしゃる方にも
とってもお勧めな

パリのホテルの活用方法の1つなのは
間違い無いかと。



またすぐにでも行きたいと思っている私。

次回はやっぱりジョルジュサンクだわね。

1人アフタヌーンティーも
きっと楽しいに違いないからね。

なんだかアフタヌーンティーに
ちょいとはまりだしている

私なのです。


友人が帰ってしまった今
思い出を振り返りながらブログを書いている私に
応援のクリック御願い致します。

押すだけでランキングに点数が入る仕組みです。

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

パリのカフェとパリのママ。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





あまりにも天気が良かった
3月のとある土曜日

いてもたってもいられなくなった私達。

これは誰かと何かしようよと

せっかくだから

息子ちゃんのゴッドファーザー
T君に連絡。

そしたらT君

ちょうどお母様と一緒に
パリでランチをしてるとの事。

パリの郊外・サンジェルマンアンレー在のT君ママ。

わざわざ土曜に
パリの市内に来てランチだなんて

めずらしいねぇ
なんて言ってみたら

あまりにも天気が良かったので
一族のお墓参りに行ったんだそうな。


T君一族のお墓は
パリの20区ペール・ラシェーズ
と言う所にありまして

ここ
世界で最も有名な墓地の1つ。

なぜならこちらには
エディットピアフ、ショパン、ドラクロワなどなどなど

数えきれない位の偉人達がたくさん眠っており
観光名所にもなってるんですね。
(コチラ参照)

そういえば

以前、T君一族の式に参列してた時

会場に突然観光客達が入って来て

「あんら、やだ!ここは入っちゃダメみたいよ〜」
「わっきゃっきゃ」

って大きな日本語が聞こえたんだったな。

日本人として恥ずかしかったな〜

なんて、苦い経験
ちょっと思い出してしまったわ。



とにもかくにも
ママと2人でランチ中だったT君

それならば尚更いいねと
皆でお茶をする事を提案。

その30分後にオペラ座全員集合デス

opera1.jpg

そして向かったのは
オペラ座から徒歩1〜2分の所にある

Le Grand Cafe Capucines
(HPはコチラ)
IMG_8102.jpg

こちら

オペラ座からすぐ近くなのに
カフェの時間は比較的すいていて穴場なんですよ。



そう言う私達も
オペラ座すぐ前にある

Cafe de la Paixに入ろうとしたら
20分待ちと言われ

こちらに逃げて来たくらいです。

IMG_8107.jpg

創業1875年
アールヌーヴォ全盛期に建てられたカフェなので

その内部も一見の価値あり。

IMG_8098.jpg

どこもかしこも
カラフルできんらきら〜。

優雅なカフェタイムが過ごせる事
間違い無しでございます。
 


約2ヶ月ぶりにうちの息子ちゃんに会い
その成長っぷりに感激してくれたT君ママ。

あなたがコレくらいだった時は
走りっぱなしで大変だったわ〜なんて

T君の小さい頃の話なんかもしてくれて

運動嫌いなT君でも
動き回っていた時期があったのか〜と

変な所で驚いてみたりして。

ふふ

IMG_8099_20160314182839cce.jpg

自分の1人息子はまだ独身で、、
いや、この先も多分、当分独身で

いや、もしかして一生?って言葉すら
ちょっとよぎってる独身貴族で

孫なんて考えてもいないだろうな分

うちの息子ちゃんを
まるで自分の孫の様にかわいがってくれるT君ママ。

何か困った事があったら連絡してね

私はいつも家にいるから
いつでも動けるからね

息子ちゃんも預かるからね

と言ってくれる。


この言葉

ダーリン一族が遠くにいる私にとっては
本当に心強い

IMG_8101.jpg

ほんの1時間程だったけど
こうやって息子を会わせる事ができ

大満足の私達。

30分後に集合!と
急な号令だったにもかかわらず

絵本のプレゼントまで頂いちゃって
なんだかむしろ申しわけ無い位だったわ。

bebeetmadame.png

レンヌのダーリンママ以外にも
頼れるパリのママがいて

我ながら恵まれてるな〜なんて
そんな風に思った

とある午後カフェタイムだったのでした。



友達はいないけど
頼れるママ達がいるからいいもん。



ちょっと強がっている私に
今日も応援のクリックお願い致します。

押すだけでランキングに点数が。

ぽちぽちっ


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

パリのカフェ小技。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。





皆さんがカフェに行く理由って
何ですか?

って

突然変な質問で始まりましたが

私の住んでいる国、フランスは
カフェ激しくラブ文化。

フランス人にとってカフェは
無くてはならない物でして

パリに来た事がある方はご存知だと思いますが

街中がカフェだらけ〜。なんですよ。

pariscafe3.jpg

まあ、私の様に

カフェ

イコール

酒もってこ〜い!
cafe11.jpg

仕事中?
pariscafepc.jpg

関係ない!
酒もってこ〜い!
pariscafe2.jpg

って言う使い方している人も多いけど

一応、夕方までは
カフェではコーヒーが主流になっております。

そんでもって
カフェはいつでもパリジャン達で賑わっていて

フランス人にはなくてはならない飲物
それが”コーヒー”なんですね。

そこで最初の質問に戻るのですが

”カフェに行く理由って何ですか?”

と。

私にとってカフェって
どちらかと言うと癒しの場所で

座ってゆっくり一休み〜。

な使い方が主流だけど

コーヒーが無いと
身体が起動しないフランス人にとっては

ただ、コーヒーをぐぐっと飲みたくて!
と言う人も多い。

何と言うか
タバコの様な感覚?

コーヒーで心身をリフレッシュさせたいんですね。

日本でもそう言う人が多いけど
何と言っても便利大国日本。

缶コーヒーなるものが
コンビニ、自動販売機etc

簡単に手に入る。

いつでもどこでも好きな時に
カフェインチャージができちゃうよね。

でもフランスには
そんな便利な物はほとんどありません。

なのでカフェに行くんですね。

んでもって
ぐぐっと1杯飲んで5秒ではい、終了。
なんて使い方もするんです。

でも

カフェを見渡すと
皆さん優雅に座って楽しんでいる様に見えるはず。

それもそのはず

コーヒーを飲むためだけにカフェに行く人は
椅子になんか座りません。

じゃあ、どうするのって

パリのカフェの大半には
バーカウンターの様な物がありまして

IMG_6585.jpg

そこでサクッと飲んでサクッと帰る。

これがフランス人流の
普段のカフェ使い。

日本人の缶コーヒーの変わりですよ。



えーっ
5秒のためにコーヒー1杯代払うの
なんだかもったいない〜っ

なんて言う心配はご無用。

パリのカフェ

席に座るのとバーカウンターでは
飲物の値段が全然違うんですよ〜。
IMG_6583.jpg

例えばこちら

左の料金がカウンター。
右の料金が座った場合。
IMG_6584.jpg

バーカウンターで飲むなら
コーヒー1杯1.1ユーロ。

席に座るなら2.3ユーロ。

なかなかけっこうなお値段の差ですよ。

そんでもって
バーカウンターなら
これこそまさに、缶コーヒー並のお値段です。

もしパリにいらっしゃる方で

ただただ、コーヒーを1杯飲みたいわ。
でもゆっくりする時間は無い!

って時

わざわざ席に座ってウェイターを待たず
そのまま室内のカウンターに直行し

アン、カフェ、シルヴプレ!
と言って下さいね〜。

知っている様で
意外に知られていない

パリのプチ情報なのでした。

お役に立った方も
そんなの知ってたわい!って方も
お手数ですが下のボタンを押して下さると嬉しいです。

ぽちっとね。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン


theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


パリのレストランという食べ歩きブログも書いてます。
よかったらそちらも見てね
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR