FC2ブログ
   
09
:
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

フランス男子と花。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




いつの日からか
うちの息子は

ママにお花をくれる様になった。

1才くらいの時に
お庭で摘んで来た小さな花をくれたのが

最初だったと思うけれど

どうやらそこで
”ママには花をあげると喜ぶ”
とインプットされたからなのか

はたまた

旦那君がよく
出張中に花束を贈ってきてくれて

それを嬉しそうに受け取るママを
見ていたからなのか

とにかくママに
お花をプレゼントしようとしてくれる。



そんな息子君。

春休み中、レンヌの義両親と一緒に
サンマロの近くにある別荘に行っておりまして

そこからも毎日
義母が写真を送ってくれたのですが

それがね

花レターなんですよ。

image1_20190502171631e96.jpeg 

今日はママの為に
このお花を摘んだよ〜と言って

その写真を送ってきてくれるのです。

IMG_1454.jpg 

そんなのに嬉しくてほっこり〜。

image2_20190502171630de5.jpeg 

旦那君に出会った頃

彼からの素朴な質問で

”なんで日本の花屋には男性があまりいないの?

花束は男性が女性に贈るものだから
フランスの花屋は男ばかりなのに!”

と聞かれた事がありまして

その時は
ほぅ〜
と思ったけれど

今は激しく納得!

だってこんなに小さい時から
”女性にはお花をプレゼントする”
と言う文化が身についているんだもの!



ただ、1つ。

毎回パパとマルシェに行くたびに

必ずお花を買って来てくれるのは
嬉しいのだけれども

100%
息子が選ぶので

けっこう斬新な花を買ってくる事が多く

先日は
こんな花を〜

IMG_1035.jpg 

な、なかなか、渋いね!
4歳児!

ママ、どうやって飾ったら良いか
いまいちわからないよ!

IMG_1033_20190502171636d71.jpg 

しかもこの花

後でマルシェで見たら
これで30ユーロ!

な、なかなかなお値段!

普段自分で花を買わないから
花の値段なんて知らなかったー。



まあ、息子は
値段なんて見ないで買うから
しょうがないね。

でも、ぶっちゃけ

私だったらきっと30ユーロで
和牛300gを買うな〜

なんて

現実的な事を考えてしまった
花より団子な母ちゃんに

お咎めポチポチを頂けると
励みになります。

自分で買おうと思わないからこそ
もらえると嬉しいものなんですよね。

息子が他の女の子の為に買う様になる前に
今のうちにたっぷりと貰っておかなくては!

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

日仏のパパ達。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




3月に遊びに来てくれた親友親子。

今回
息子からY君に

お気に入りのPIOU PIOU と言うカードゲームを
プレゼントし

一緒に遊ぼうとしたのだけれども

そのカードゲームには
全く見向きもしてくれないY君。

pioupiou.jpg 

このゲーム

2月に遊びに来た親友の
4才になる息子にもあげたのだけれども

やっぱり興味ゼロで

うーん。

フランスの子供達にはあんなにウケが良いのに
なんでかなぁ〜

息子は3才の従兄弟と
楽しそうに遊んでいるのにな。と

愛さん的にはちょっと残念に思ったのですが

”日本ではこの年齢で
カードやボードゲームを友達とする子って
なかなかいないと思うよ〜”

と。

友人に言われました。



確かに

日本のサイトで
4歳児用のカードがボードゲームを検索すると

ほとんどが海外からの並行輸入品で

そうなるとやっぱり

日本では子供に
カードやボードゲームで遊ばせるのは
そんなにメジャーではないのかもね。

petitschevaux.jpg 

でもね、このY君。

フランス滞在中
ちょっとづつではあったけれど

息子があげたPIOU PIOUに
興味を持ってくれまして

帰国する数日前からはママと一緒に
毎日何ゲームもする様になったんだって。

なので親友も

”4才でカードゲームなんて考えもしなかったけれど
やればできるんだね!”

これからは子供と一緒に
無駄にTVなんか見るのではなく

フランス人みたいに
家族が集まって時間がある時は
こう言うゲームをさせてみようと思う!と

大喜びしてくれました。



でも

帰国した直後
彼女からこんなメッセージが。

”息子がルンルンで

””パパ、PIOU PIOUやろう〜っ

雄鶏さんが2枚あったら
きつねさんから卵を守れるんだよ〜””

と、説明までつけてお願いしたのに

即答で
「やらなーい」って断ったうちの旦那。

フランス男子達の育児への参加の凄さを
目の当たりにした後だから

日本の男の育児への参加のしなさ度合いに
早速殺意すら感じる日々”

と。



いやね、彼女の旦那様はね

彼女をこうして海外に送り出すくらい
とても寛容な旦那様で

育児にもとても協力的なタイプなのですよ。

外資系に務める管理職のエリートさんなのに

家の掃除を積極的にやり
週末は息子を公園に連れて行く様な人。

そんな彼でも
4歳児相手にカードゲームをするのは
面倒だった様で

嫌がったんだって。



そこでフランスのママと日本のママは悟った。

フランスの子供達が皆で遊びたがったり

日本の子供に比べて
カードやボードゲームが上手なのは

とにかくパパやパピーが
とことん子供と向き合って
同等になって真剣に遊ぶからなんだろうなって。

確かに3、4才で
カードやボードゲームをマスターさせるのは
けっこう根気のいる作業。

ゲームによっては毎日3〜4時間
根気よく教える必要がある。

でも

フランスの男達は
皆で遊ぶのが大好きな性格と言うのもあり

チビ達相手でも
彼らがルールを覚えるまで
とことんつきあうのです。



昨年の夏休みの間

パピーが息子に
プチシュボーと言うボードゲームを

毎日4〜5時間相手にして教え込んだし

petitchevaux.jpeg 

先日のスペイン旅行の間も
ビーチリゾートにいるにもかかわらず

プールサイドでゴロゴロする時間を惜しんで

旦那君はひたすら息子に
チェスを教えていたし

IMG_0046.jpg 

この
”フランス男子”の特性が
カードやボードゲーム好きの子供を育て

皆でゲームで遊ぶのが好きな
フランス男子達を

作り上げていってるのかな。



もちろんパパじゃなくママがやっても良いけれど

3〜4時間も
子供と向き合って遊ぶ時間は

家事の間に
なかなか取れませんよね。



でも正直

この文化に慣れていない
ジャポネーズの母ちゃんは

旦那君がいない間

息子に頼まれ
何時間も一緒にカードやボードゲームをするのが
しんどい時もある。

一人で遊んで〜!と思う時も多々。

でも、郷にいれば郷に従え。
うちの息子は8割フランス人。

なのでフランス流で頑張るしか無いわね。

子育てして知る
日本とフランスの文化の違い。

両方の良い所取りが出来たら
最高なんだけどね〜!

なんて
欲張りな事を考えている私に
今日の応援クリックをお願い致します。

下降気味のランキング
皆様のお力で復活させてください。
ぽちぽち



コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

ママとパパの得意不得意。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




1月某日。

内視鏡を行った日。

何が辛かったかって
それはもう

息子君の学校のイベントに
参加できなかった事!

IMG_5515.jpg 

この日
皆でガレット・デ・ロワを食べましょう。

朝、到着したら
みなさん、教室に向かって下さい。

と連絡が来たのは

そのほんの1週間前の事。

すでに内視鏡の予定が入っていた私は
このメールを見た時

涙が出そうになったわよ。

だって
息子のクラスでこう言ったイベントって

年中さんになって今回が初でして

他のママさん達と知り合う
良い機会だと思ったのです。



結局旦那君だけの出席となったけれど

うちの旦那は
そこまで社交的なタイプではない。

しかも
田舎出身だからか何なのか

強そうなパリジェンヌに
若干引け腰になる所がある。

強靭な東京女には
そんなそぶりは微塵も見せなかったのにさ。

なんでなんだー。

なので実際に
年少さんの時に仲良くなった息子の友達の親達とは

全部私が連絡を取り始めたのですよ。

彼はそれに乗っかって
仲良くなっているのです。



なのでこの日
内視鏡を終えて帰宅した私が
まず旦那君に発した第一声は

学校どうだった!?
新しい人と仲良くなれた?

今までお誕生日に招待してくれた
息子の新しい友達たち。

彼らの親と話せた?

お互い遊ばせる約束した?

だったのですが

それに対して旦那君。

うーんとね
一人だけ、E君って子のママと
少し話はしたけれど

それだけだったな。。。
ボソボソ

あ、Sはいたよ!(L君の美女ママ)
話をしたよ!



私の期待を思い切り裏切る返事。



えーーーーっ
そんなーーーーーーっ!



嘆く私に

ごめんごめん。

でも写真撮って来たから
それを楽しんで。


私に送ってくれた写真を見て納得。

そー言うことね!

IMG_5516_201901182317161ab.jpg 

って
こんな白いもやがかかりまくった写真だと
全然わかりにくいけれど

なんとパパ率の高い事よ!

多分、3人に2人は
パパでしたよ。

でもって

パパが社交的でないのは
どうやら我が家だけではない模様。

どの写真も
全員のパパ達が一定の距離を保っていたのさー。



これじゃなかなか
皆とは話しにくいよね。

その中でE君のママと話しをし
L君ママと盛り上がったうちの旦那君は

きっとそれなりに頑張ったんだわ。


フランスではパパとママが
育児を半分ずつするし

こうやって学校へのお見送りも
パパの率が非常に高いフランスだけれども

日本同様、どの国も社交的なのは
ママの方なのかもね。

やっぱり男女平等!なんて言っても
得意不得意ってあると思うな。

なんて

小さな事から
男女の平等まで考えてしまった私に

今日の応援クリックをお願い致します。
皆様からの応援がブログ更新の励みになっております。
ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR