06
:
18
26
27
28
29
30
   

プライベートアトリエ教室。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




旦那くんが出張中だった
とある週末。

息子くんのゴッドファーザー
トントン(おじちゃん)Tくんから
嬉しいお誘いが〜!

彼の自宅で
アトリエを開いてくれると言うのです。



本物のアートディレクターによる
プライベート教室。

こりゃ、ぜひお願いしなくては!と
息子を連れて行って参りましたよ。



部屋には作業用のテーブルが用意されておりまして
そこには粘土セットが!!!

IMG_3662.jpg 

なんて素敵なのー!

でもって何が素晴らしいって
息子が遊んでもらっている間私は

こーんな感じ。

IMG_3667.jpg 

近所のカフェに行って
一休み〜。

なんて、なんて、素敵なのー!!!



親譲りで
まったくアートのセンスゼロの息子くん。

粘土は上手に出来なかったけれど
ゴッドファーザーのトントンとかなり楽しく過ごせた様で

私が戻った2時間後は
息子るんるん、T君はヘトヘトの様子。

うんうん、わかるよ。

テンションが高い3歳児と2時間一緒にいると
しかも慣れてないと本当に疲れるよね。



でも
私が戻った後は

エッフェル塔の見える家のテラスで
アペリティフなんかをしてくれまして

IMG_3673.jpg 

さらには夕飯まで
ご馳走してくれまして

IMG_3786.jpg 

いやいや
日本の独身男子だったら
なかなかこうは行かないよねと

まあ、女性を口説くためとか
そんな理由だったら

料理の1つや2つする
独身プレイボーイもいるだろうけれど

子供の相手を2時間もしてくれた上での
食事の用意。

さすがフランス男子だわー。



息子にとってはもちろん
私にとってもとても素敵な1日になった

とある週末の出来事だったのでした。

こうして皆に助けられているから
パリで1人でも子育てが出来るってもんだわ。

旦那君が今まで培って来た素敵な交友関係に感謝



1度に2人の男性に感謝した私に
今日の応援クリックをお願い致します。

皆様からの応援もあるから
パリ生活楽しめております!

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

スポンサーサイト

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

みんなのスター。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




12月6日

フランスの国民的スター
ジョニー・アリディーが亡くなった。

74歳
死因は肺がんだったとか。

Johnny.png 
画像はお借りしました。

彼はフランスのプレスリーと言われ

彼を知らないフランス人はいない
と言っても過言ではない位のレベルの人物。

まさにスター中のスター。



生後8ヶ月で父親に捨てられ
壮絶な幼少期を過ごした彼

17歳でスターになり
そこからはバラ色の人生かと思いきや

有名になった息子を頼りに
ひょっこりと戻って来た父親に再び裏切られ

4度の離婚と5度の結婚を繰り返し

軍隊に入っている時からタバコ漬け人生

でも

多分それこそが
”ジョニー”
であり

だからこそファンも多かったんでしょうね。

Johnny2.jpg 
画像はお借りしました。

彼が亡くなった直後は
どこもかしこも彼の死についてのニュースばかりで

これはもう
私の想像をはるかに超えた人気だったのだな。と
その時点で気づいたけれど

なんとその週末の土曜日は
シャンゼリゼでセレモニーが開催されると聞き
さらにびっくりよ!



せっかくだからと、その日
散歩がてら行ってみると

シャンゼリゼに続くジョルジュV通りが!
image7_20171211224847fca.jpeg 

モンテーニュ通りが!
image6_2017121122484577a.jpeg 

ポリスと言う国家権力で
完全に閉鎖されているではないか!?

すごいぜ!ジョニー!!!



そしてシャンゼリゼに到着してみると
沿道には人人人。

image1_201712112248361b6.jpeg 

彼を見送るために
捧げる花束持参で待っているファン達などがたくさんいて

image3_20171211224839fc1.jpeg 

なんだか私みたいなよそものが
ひょっこり来る場所じゃないなと

反省すら覚えたわ。



ちょうど前にいたムッシュ2人は
ジョニーのジャケットを着ていて

image2_2017121122483864b.jpeg 

これは間違いなく
ジョニーの大ファンだと思ったら

この為に朝から5時間かけて
フランスの西部の街、ブレストから来たんだとか。

思わず”えー!”と
びっくりリアクションをしてしまったけど

彼らからすると

”当たり前の事”

と。

そいつは失礼しました〜



警察に先導され
登場したジョニー。

image4_201712112248410e6.jpeg  

そしてその後ろを
ジョニーの代名詞とも言える

いかついバイク達
約700台によるパレード。

image5_20171211224842efc.jpeg 

このあと、ジョニーの棺は
マドレーヌ寺院に向かい

johnny1.jpg 
画像はお借りしました。

フランスの代表である
我が国のマクロン大統領が演説。

johnny.jpeg 
画像はお借りしました。

完全に国葬級ですよ!



これほどまでに
国民に愛された歌手。

世界広しと言えども
国がここまでしてくれる歌手は

なかなかいないのではないでしょうか。

フランスで生活していて
久しぶりに圧倒された

そんな出来事だったわ。

とにもかくにも
異国から来た小市民のパリジャンではありますが

私からも
ご冥福をお祈り致します。

そして皆さま
私に応援のクリックを頂けると嬉しいです。
押すだけでランキングに点数が入ります。

下がり気味のランキングに援護射撃をお願いします。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

偏屈君の式。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




うちの旦那君の友人に
とっても頭の硬い人がいる。

いや、頭が硬いのか?

私から言わせると
”偏屈”
と表現するのが1番だけれども

フランス人的に表現すると
頭が硬い
となるらしい。

image6_201704142319409e8.jpeg 

そもそもフランスは
完全に個人主義の国なので

人と感性が違おうが、感覚がずれていようが
それはそれで個人の自由。

日本の様に
皆と同じである事がイコール普通と言う考えとは
真反対。

なので
変わった考え方を持っていても
かなり個性的な見かけでも

それが犯罪に繋がる様な事でもない限り
特にまわりは気にしない。

ただ

やはし、フランス人と言えども
一人で生きているわけではないので

そういった自分の考えを
時と場合によっては曲げないとならない事も
どうしても出てくる。

そんな時

それでも僕は自分のポリシーを貫きたい!
絶対に曲げないぞ!

と言う人がおりまして

そんな時に

”頭が硬いのね〜”

と言う表現が使われるのです。

そんな
”頭の硬い”
旦那君の友人に初めて会ったのは

かれこれ4〜5年前。

私達の結婚式の為の証人を
それぞれ3人づつ選びましょうとなった時に

旦那君の口から
彼の名前が上がったのです。

Mariage 3 mai 2013 (394) 

でも、私としては意味不明。

なんせそれまで彼に会った事もなければ
名前すら聞いた覚えが無い人で

そんな人が大切な結婚式の証人に!?
それってありなの!?

他にも仲の良い友達
あれだけたくさんいるじゃない!?

となったのです。

Mariage 3 mai 2013 (624) 

でも旦那君としては
彼とは同じ幼稚園と小学校に通っていて

その時から

”お互い人生において大事な事がある時は
必ず助け合おう”と誓っており

旦那君自身も何年も会っていなかったけれど
彼は絶対にその言葉を忘れてい無いと言いきり

証人になってもらったのです。

軍のお偉いさんの一人息子として育った彼、Aくんは

こういった約束は絶対に守りぬく
仁義と正義感に溢れた人。

人と同じ事をとにかく嫌う
彼の頭の硬さっぷりは色々なところで発揮され

”僕は皆が愛するパリの街が嫌いだ”
と言う理由で

どんなに大切な会がある時でも
パリの郊外までしか来てくれなかったり

皆は週末休むけど僕は今日は休むんだ。と
突然平日でも連絡がつかなかったり

とにかく人と合わせる事は絶対にしてくれない。

でも

絶対に揺るがない自分のポリシーと
溢れんばかりの正義感で

200%の力で
証人を勤め上げてくれ

結果、大満足でした。

Mariage 3 mai 2013 (422) 

そんな彼には
何年も前からつきあっている恋人がおりまして

その間には
3歳になる息子君が。

子供がいようが
恋人がいようが

それを理由に僕は結婚制度にはとらわれない、と

いかにも偏屈、、、

いやいや、頭の硬い彼的思考で
結婚せずにいたのだけれど

つい先日
その彼から旦那君に

”結婚する事になったから証人になって欲しい”
とお願いが。



おおおっ

あのA君もパパになり、年齢を重ね
とうとう偏屈、、じゃなくて頭が硬いの卒業ね!

ちゃんと結婚するなんて信じられないわ〜

証人も頼んで
あの彼が結婚式までするなんて!

いやー、奇跡、奇跡。

なんて言ってた私に旦那君が一言

”うん、、でもね

結婚式

”平日の火曜と水曜だって”

と。



は!?

結婚式に2日かかるフランスで
そんな結婚式前代未聞ですよ。

皆と同じ事をするのが嫌いなのは
わかってはいたけれど

だからってあえて結婚式を平日に持ってくるのは

頭が硬いを超えて
やはし単なる偏屈だとしか思えんー!


私はフランス人の個人主義は結構好きで

それゆえ
”日本人”と言うのも個性として通せるので

それはそれで
居心地が良いな〜とは思っているけれど

明らかに周りに迷惑をかける個人主義なフランス人も
けっこう多くて

そんな人とつきあうのは
なかなか大変だわ〜

なんて事も多々あるのです。

でも
でもでも

とにかくめでたいわ。

秋に行われる結婚式。

その為に旦那君は出張の時期をずらす事になり

幼稚園に入学している息子も
さっそく休みを取らないとならないけど

その分
思い切りお祝いしてあげようじゃないの!

そして
こんな頭の硬い彼の結婚式

いったいどんなものになるのか
ちょっと怖いような、、、

でもちょっと楽しみとすら思っている私に
今日の応援クリックをお願い致します。

押すだけでランキングに点数が入り
ブログ更新の励みになります。


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR