FC2ブログ
   
11
:
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

応援の気持ち。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




こちら
10月19日の夜でございます。

明日は朝から
ラグビーの応援のため

家に引きこもる予定です。

ラッキーな?ことに
明日の天気は雨の予報。

引きこもるには
最高の天気なのです〜。

土曜日の今日は
近所のマルシェで買い出しもしたので

食料OK!

ワインはいつもCAVEに山ほどあるので

ドリンクOK!

なんて
かなり気合をいれていたけれど

考えてみたら
明日のフランスーウェールズ戦は
こちらでは9時15分に開始だった!

さすがの私でも
そんな時間から飲めない!

こりゃ、ラグービー観戦のお供は
コーヒーにクロワッサンだな、と

爽やか過ぎるサポーターになりそうな予感です。

でもって
12時15分から
日本ー南アフリカ戦。

こちらはがっつり
ワインだなー

なんて

観戦の本当の目的がなんなのか
自分で自分がわからないー。



フランス戦が9時15分と言う事は

日本では16時15分、って事ですよね。

こちらのブログを読まれている方は
フランス好きさんが多いから

明日はフランスを応援するよ!

なんて思っている方も
いるかと思います。

その一方で
大半の人はそれほど興味がないかな〜とも
思っております。

でも!

きっとこれを見たら

皆さん

ちょっとはフランスを応援する気持ちになるかも!



フランスラグビーチームの動画

フランスラグビーチームは
12月14日

台風の被害にあった日本に対し
激励のメッセージを

オフィシャルのページで発信したのです。

選手たちが片言の日本語で

”日本の、

皆さん、

フランスチームは、

皆さんと、

ともに、

あります

頑張ろう!(全選手)”

と。

francerugby.png 

いや〜

嬉しいじゃないですか!



この動画には
日本の方からたくさんの
ありがとうメーセージがよせられてるんですよ。



現在世界ランキング6位の日本
相手は5位の南アフリカ。

8位のフランスの相手は
3位のウェールズ。

これを見る限り
フランスの方が危ない感じだけれども

もし少しでも
フランスチームに興味がありましたら

日本だけでなくフランスも応援して頂けると
嬉しいです。



でも
私の応援もこれまたして頂けると
大変嬉しいです!
クリックを2つ!お願いいたします。
フランスも日本もこのブログも
頑張れー!

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

スポンサーサイト



theme : フランスの生活
genre : 海外情報

新郎のフレンチ謝辞。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




先日行われた
いとこの結婚式での出来事。

カクテルパーティーが終わり
ディナーパーティーが始まる時

新郎から皆への挨拶が。

IMG_3804.jpg 

もちろん日本でも

新郎からの謝辞は
結婚式の決まり儀式みたいなもんですよね。

ネットで検索すると
文例とかもたくさん発見でき

どうやら

”導入”
抱負を盛り込みながらお礼を伝える。

”本題”
今思うことや感じている事。
今後への抱負。

”結び”
ゲストへの幸せや健康を願い
感謝の言葉でしめくくる。

なんて流れで
するみたいですよ。



フランスは日本に比べ
カジュアルな雰囲気で

堅苦しく
あらかじめ書いて来たメモをチェックしながら
なんて事はせず

新郎新婦側にせよゲスト側にせよ
ぶっつけ本番的にスピーチをする場合が多いです。

実際に
私達の結婚式では

唯一無二の大親友
息子のゴッドファーザーであるT君が

べろべろに酔った勢いで
30分くらい皆の前で演説してくれて

それはそれで良い思い出に。

本人が覚えているかは
謎だけどね。

ぷぷ



とにもかくにも

今回の結婚式でも
新郎による謝辞のスピーチがありました。

日本と同じ様に

参加してくれたゲストに
お礼を伝える事から始まり

その他色々と
感謝の言葉が続いたのですが

でも

彼の最後の締めの言葉が
超フランス男子。

なぜなら最後にこう言ったのですよ。

”でも、僕が誰よりも1番感謝してくれているのは
花嫁の〇〇”

と。



それを聞いた時

”あ、奥様、0歳の赤ちゃんを育てながら

忙しい旦那様にかわって
結婚式の準備の大半を一人でしたのかな。

基本、女性の方がこだわりも強いから
準備も多くなるしね。

そりゃ大変だったろうな”

うんうん。



なんて思っていたら

新郎の口から
私の予想外の言葉が。

それが

”この僕と結婚してくれてありがとう
僕を選んでくれてありがとう
僕を幸せな気持ちをしてくれてありがとう

僕は誰よりも君への感謝の気持ちでいっぱいだ”

だったのです。

IMG_3818.jpg 

そう

この結婚式での謝辞は
99%が奥様への感謝な感じで

まるでゲストは
それを見守っているだけの聴衆。

2人があまりにも熱々過ぎて

聞いてるこちらが
照れてしまう感じだったわよ。

ディナーが始まる前に
ご馳走様でございました。



このスピーチ

日本だったら
”来てくださったゲストを大事に!”
な感じで

原稿はボツになりそうなものだけど

いかにもフランス男性な感じだったし
謝辞の後は奥様とぶっチューで

お客から歓声が上がったし

なんだかね
よっぽどね

うわべだけの
あらかじめ用意された謝辞を読むより
良いな〜と思ったわ。



だってゲストは
2人の幸せをお祝いしたいから来てるわけで
来たくないならこないわけで

それにお礼を言われる必要は無いし

何よりもゲストの望みは
2人が幸せになる事。

なので
こんな言葉を聞ける方が
嬉しいってもんなのよね。



いや〜、しかし
2人とも幸せそうで何より。

もともとパリでバリバリ働いていた2人が
突然リストラして

地方都市で
とある会社を買収した時は

どうなるのかと思ったけれど

とにもかくにも
幸せならそれで良い良い。

ただ、そんな風に思えた
新郎のスピーチだったのでした。

と言う

私にとってはかなりほんわかした
新郎の謝辞。

ありって人も無しって人も
今日の応援クリックを2つ!頂けると光栄です。
ポイント低迷中なのでぜひお願いします!

結婚式のゲストにとって1番大事なのは
新郎新婦の幸せなのよ〜っ

ぽちぽち
⬇️          ⬇️
   にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

フランス男子と花。

ポチッと→
ポチッと→にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

こちらをポチッとするだけで
ランキングに点数が入ります
よろしくお願い致します

パリで暮らす様に滞在してみませんか?
短期貸しアパート詳細はコチラから。




いつの日からか
うちの息子は

ママにお花をくれる様になった。

1才くらいの時に
お庭で摘んで来た小さな花をくれたのが

最初だったと思うけれど

どうやらそこで
”ママには花をあげると喜ぶ”
とインプットされたからなのか

はたまた

旦那君がよく
出張中に花束を贈ってきてくれて

それを嬉しそうに受け取るママを
見ていたからなのか

とにかくママに
お花をプレゼントしようとしてくれる。



そんな息子君。

春休み中、レンヌの義両親と一緒に
サンマロの近くにある別荘に行っておりまして

そこからも毎日
義母が写真を送ってくれたのですが

それがね

花レターなんですよ。

image1_20190502171631e96.jpeg 

今日はママの為に
このお花を摘んだよ〜と言って

その写真を送ってきてくれるのです。

IMG_1454.jpg 

そんなのに嬉しくてほっこり〜。

image2_20190502171630de5.jpeg 

旦那君に出会った頃

彼からの素朴な質問で

”なんで日本の花屋には男性があまりいないの?

花束は男性が女性に贈るものだから
フランスの花屋は男ばかりなのに!”

と聞かれた事がありまして

その時は
ほぅ〜
と思ったけれど

今は激しく納得!

だってこんなに小さい時から
”女性にはお花をプレゼントする”
と言う文化が身についているんだもの!



ただ、1つ。

毎回パパとマルシェに行くたびに

必ずお花を買って来てくれるのは
嬉しいのだけれども

100%
息子が選ぶので

けっこう斬新な花を買ってくる事が多く

先日は
こんな花を〜

IMG_1035.jpg 

な、なかなか、渋いね!
4歳児!

ママ、どうやって飾ったら良いか
いまいちわからないよ!

IMG_1033_20190502171636d71.jpg 

しかもこの花

後でマルシェで見たら
これで30ユーロ!

な、なかなかなお値段!

普段自分で花を買わないから
花の値段なんて知らなかったー。



まあ、息子は
値段なんて見ないで買うから
しょうがないね。

でも、ぶっちゃけ

私だったらきっと30ユーロで
和牛300gを買うな〜

なんて

現実的な事を考えてしまった
花より団子な母ちゃんに

お咎めポチポチを頂けると
励みになります。

自分で買おうと思わないからこそ
もらえると嬉しいものなんですよね。

息子が他の女の子の為に買う様になる前に
今のうちにたっぷりと貰っておかなくては!

ぽちぽち


コレをポチ↑ ↓コッチもポチ
にほんブログ村 海外生活ブログ パリ情報へ

食べ歩きまくりブログも書いてるので
よかったらそちらも見てね

新・パリのレストラン



旧・パリのレストラン

theme : フランスの生活
genre : 海外情報

プロフィール

マダム愛

Author:マダム愛
パリでほぼ引きこもりの私が日々の生活を綴っています

パリの貸しアパート
詳細はこちらをクリック


インスタ開始しました。


食べ歩きblog書いてます。
新・パリのレストラン


旧・パリのレストラン


旅行サイトのお墨付きデス

パリ

パリ旅行・ホテルのクチコミ

カテゴリ

最新記事

検索フォーム

リンク

コメント

管理人へメッセージを送りたい方はこちらからどうぞ

QRコード

QR